読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

ストレス

ただ、体の声を聴く!「フォーカシング」的「操体」でだいたいの不調は解決できる。

体の痛みや不調を治す(というよりは、折り合うという感じですが)ための、私なりの方法があります。私は、操体愛好家ですので、自分の体の感覚を通して、体が自分で自分の体を治すのを助けていくような操法が好きです。文字化すると、途方もなく怪しい感じ…

MEC+BOOCSダイエットの効果を体感!「脳の疲れをとれば、病気は治る! 「脳疲労」時代の健康革命 (PHP文庫) 藤野 武彦」

脳の疲れをとれば、病気は治る! 「脳疲労」時代の健康革命 (PHP文庫) はじめに 読み始めるまで分かりませんでしたが、いわゆるBOOCSダイエットの本でした。以前、読んだこの本(病気は脳がつくっていた 「動物脳」を解放すれば、健康になる!)がめっぽうよ…

実は「やるべきこと・やりたくないこと」から逃げている?その忙しさの背後にある理由(自分への「戒め」のために)

本当はやらなければいけないことがあるのに、気が付くと机の整理をしてしまったり、新しい企画を立て始めてしまったり、調査にはまり込んだり、新たなプロジェクトを複数受注してしまったりしてしまいます。すぐ気づくんですけど、例の「アレ」だと。私の場…

自分を励ます「ほめ言葉」をかけよう!ポジティブなセルフトークで認知行動療法を実践中!

自分を励ます独り言の価値 シンプルですが、良い行動を続けるために、やってみたい「習慣」があります。それが定期的に「自分をほめること」。心の中の独り言(セルフトーク)で良いのです。何かを成し遂げるたびに「よくやった!」とか「えらいぞ!」と言葉…

「悪夢を見ない3つの方法」をだいたい確立してきたかもしれない!悪夢歴15年の苦悩と真実。

悪夢に翻弄される日々 もう、ほんと悪夢、悪夢の日々なんですよね。悪夢が強くなり始めたのは、高校2年の時だったと思います。友人が、突然事故で亡くなりました。クラスメートね。大きなショックで、そこから毎晩、毎晩、悪夢を見るようになりました。それ…

一日のはじめに必ず「やりたいこと」リストを見直すメリット!自分に「小さなごほうび」をあげる習慣を大切に!

ちょっと、メンタル系記事が続きます。時間管理・タスク管理を突き詰めていくと、必ず陥る罠があります。やればやるほど、仕事は増えていきますし、持っている時間とエネルギーの限界までふくらみます。回し車のハムスターのごとく、ひたすら、かごの中で走…

「やりたいことが見つからない」って本当?喜びの「小さな瞬間」に注目する習慣!

目標を定めようにも、本当にやりたいことが見つからない、わからない、という人は多いものです。でも、これって辛いことです。人生が楽しくなくなっちゃうから。というか、頑張りがきかなくなりますよね。マラソンだって、サッカーだって、バスケだって、明…

身体習慣のコントロールでストレスに対処する力が強まる!メンタルタフネスへの道。

「メンタルタフネス」 うわー、むっちゃいい本読みました。スポーツ心理学者として名高いジム・レーヤーの「メンタルタフネス」です。古い本ですが、そこらへんのビジネス書よりはるかに面白いですので、おすすめです。yoshinorihara.hateblo.jp著者は、スポ…

厳しすぎる食事制限は逆に命を縮めてしまう。達成度6~7割の幸せを見つけよう。

結局のところは「ほどほど」が大事です。厳しすぎる食事制限や食事療法を実践すると心から余裕が失われることがあります。私は、今から10年くらい前に一度、マクロビにはまりかけたのですが、その時点で深入りしなくてよかったと思っています。若くして「完…

ダラダラ続くストレスは危険!ガンになりやすい体質(心の特性)を修正しよう(操体の実践を通して学んだこと)

ストレスがガンの要因になるというのはよく聞く話です。私の母の家系はガン家系ですが、身近なところで見ていても、ガンになった親族、やはりストレスが要因のひとつになっているのだなというのは感じることがあります。私の母(乳がん)と私の性格はよく似…

ストレスがたまるとポテチを食べてしまう理由。ストレスを正しく打ち消そう。

仕事上でかなりストレスを感じていた時期があったのですが、その時期は常に食べていました。夜寝る前にも食べることが多かったですが、主にポテチでした。もう、美味しくはないのですが、食べないとやってられないのです。自分のカラダを痛めつけているよう…

広告