読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

健康は毎日の生活で作られる!【書評】内科医が語る35歳からの若さと健康への7大法則(上)(中)

Amazonで評判の良かった健康啓発本を購入しました。海外在住の内科医(女医)さんの、真っ当な健康本です。それほど、独特な主張が書かれているわけではなく素直に読める、常識的な健康本です。ちょうど、35歳を越えたところですので、完全にタイトルにつら…

睡眠を促す食事法を学ぼう!【書評】「熟睡できる人」の習慣なぜ「食事」を変えるとよく眠れる(保坂隆)

[図解] 「熟睡できる人」の習慣なぜ、「食事」を変えるとよく眠れるのか? 良い意味で「一般的」な睡眠本 熟睡と食事の関係から、良い睡眠を得る方法を取り上げた良い本です。図解本ですので、気楽に流し読みができます。自分にとって役立ったところだけ、…

糖質制限+腸内環境を整える食生活がカギ!【書評】腸で変わる!病気にならない、50代からの生活習慣 藤田 紘一郎

腸で変わる! 病気にならない、50代からの生活習慣腸内環境のプロフェッショナルとして有名な藤田 紘一郎氏の本です。 糖尿病は腸内環境改善だけでは不十分 実は、栄養のプロであるはずの藤田氏が、糖尿病を患い、従来の栄養指導では改善できず、糖質制限に…

姿勢をよくしたいなら「意識」を変えること!「座り方を変えれば、身体の疲れがイッキに取れる!」仲野孝明(学研プラス)

姿勢をよくしたいと切実に願っているのですが、どこから手をつけてよいか、まだ見いだせていません。姿勢本をいくらか読んでみて、きっかけを探る努力中です。ひとつ確実に言えるのは、なんだかんだと、結局は日々の「習慣」が姿勢を作る、ということです。…

なんだ、お金の勉強はこんなにシンプルなのか!「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」 山崎元, 大橋弘祐(文響社)

面白い本!保険のお勉強のために、嫌々読んでいたわけですが、ぐいぐいと引き込まれて一冊読んでしまいました。全編、二人の会話形式(ギャグあり)で進むのがまた、面白いです。このスタイルって、読ませる力ありますね。参考になります。初めて知って、参…

身体の歪みは足首にあり!「体がよろこぶ超「足首まわし」 」ミッキー寺澤

単に足首を回そうという本ですので、あまり期待はしていなかったのですが、思いのほか、著者のミッキー寺澤さんの「実績」を感じられる一冊でした。私も早速、足首回しを始めました。ノウハウ(技術)としては、単純でも、なぜ?これをやるべきなのかが、理…

保険で損をしないために 髙橋 則彦 (著)

保険と名のつくKindle本は全部読もうと思っています。少しでも得るものがあればなぁと。保険で損をしないために 保険の知識 保険ショップ 有料であれば、必ず思ったような提案を受けられるとも限らないが、少なくとも相談者からの相談料で収益を上げていくの…

目を閉じるだけでも効果大!「脳も体も冴えわたる 1分仮眠法」 坪田 聡(すばる舎 )

いつの間にか、昼寝フリークになってしまいました。わずかでも時間があれば、お昼寝をするようになりました。少しでも昼寝をすると、そのあとの時間の「回復」具合が全然違います。なかなか短時間で寝付くことができないことも多いのですが、わずか1分、目を…

顧客目線で丁寧に解説!「保険会社がぜったい教えたなくい!良い保険の掛け方: 家族を守る4step 」岡本良次 (著)

安価な自費出版Kindle本?と思い、あまり期待していなかったのですが、思いのほか丁寧に、保険の選び方が書かれており、好印象でした。著者自身も、保険代理店をなさっているようですが、自分がどんなものを勧めるか?や、自分はどんな保険に入っているのか…

これはやる気モチベーションがあがる!「勝手にコミットしろ。」糖質制限フジザップ: 4ヶ月で体重8kg、体脂肪4.8%落とした僕のやり方。 藤沢篤 (著)

う~ん!モチベーションがあがる一冊です。全然知りませんでしたが、著者は人気ブログふじさわブログの管理人です。さすが、人気ブログだけあって、電子書籍も非常に面白いです。一気に読める感じ。もっとも、ほとんどの部分は、ブログでも読めますが、繰り…

また怒られちゃったよ!「お腹を凹ませたい?だったら腹筋運動なんかやめちまえ!」森 拓郎(インプレス)

いわゆる腹筋運動でお腹は凹まないということを訴えている一冊です。私もなんかそんな感じがしていましたが、やはりそうなのか?と思いましたね。過去に、だいぶ腹筋やりましたが、あんまり効果なかったもんね。お腹を凹ませたい?だったら腹筋運動なんかや…

ほぼ、糖質制限のススメでしょうか?「運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割」森拓郎(インプレス)

本屋さんで、パラパラ立ち読みした後、Kindleで購入した一冊です。運動指導者なのに、ひたすら食事指導をしているという本です。中身は、バリバリ糖質制限かな?という感じでした。何しろ、糖質制限で痩せるのは当たり前なので、ちょっと食傷気味ながら、つ…

シンプルで安価な医療保険に興味!「一番おトクなのはどれだ!ネット保険―週刊東洋経済eビジネス新書No.48」

なんだかんだいっても、具体名で保険を名指しで説明してもらえないと、わからないものです。この本は、その点、かなり親切でした。5人の専門家(保険業界の暴露本で有名な後藤了氏なども含まれていました)がそれぞれのライフステージ別に必要な保険、イチオ…

え!本当?真偽は不明ですが「重粒子線・陽子線治療のための「先進医療特約」は不要!?」なのだそうです。

保険の勉強に励む日々ですが、色々な保険のアドバイスを聞くうちに、いったい、何のための保障なのか?目的が分からなくなってきてしまいましたが・・・。よくよく、自分を見つめてみると、そんな中でも、やはり「カラダシホン」の運営者だけあって、いざと…

長期入院はあまり考えなくてよい?「保険は今より6割安くできる!保険会社の社員が家族にしか教えない保険の「超」見直し術 」都倉 健太(東洋経済新報社)

分かりやすい保険ノウハウ本でした。私のように、ほんと、これまで保険に全く無知な人でもある程度わかるように書いてくれるとありがたいです。少し知識がついてきたぞ。よしよし。著者のスタンスは、分かりやすく、次のコメントに表現されています。 「保険…

節約のために「養老保険」はナンセンス?「頑張らない節約: 貯まる人が実践しているクレジットカードと保険の上手な使い方」

うう、微妙・・。というか、やはり保険は、人により違う。ライフステージが違えば、必要な保険も違うので、誰かの保険の入り方を参考にしようというのがm違っているかもしれませんね。私の場合だと、夫婦二人、子供いない(予定なし)で気軽な立場ですから、…

30分でわかる生命保険: 『生命保険』って、ホントは、とっても簡単! ぱぶあす 一色 誠 (著)

実は、そろそろ、保険の見直しをしたいと思っているのです。以前から(店舗経営時)入っている生命保険は、今の私の希望とかなっていないように見えるのですが、いまいち見直し方法が分かりません。一度、担当者にお願いして、希望を伝えて、プランを変更し…

「意識的」に身体の力を抜く技術を身に着けたい!「心と体の不調を解消するアレクサンダー・テクニーク入門」青木紀和

かつて整体やボディーワークに興味を持っていた時に、アレクサンダーテクニックは調べたことがあります。もう15年くらい前になるんですね。年月が飛ぶようです。まだ、若かったのか、もっと即効性のあるテクニックや、人をうならせる「技術」に興味があっ…

MEC+BOOCSダイエットの効果を体感!「脳の疲れをとれば、病気は治る! 「脳疲労」時代の健康革命 (PHP文庫) 藤野 武彦」

脳の疲れをとれば、病気は治る! 「脳疲労」時代の健康革命 (PHP文庫) はじめに 読み始めるまで分かりませんでしたが、いわゆるBOOCSダイエットの本でした。以前、読んだこの本(病気は脳がつくっていた 「動物脳」を解放すれば、健康になる!)がめっぽうよ…

Kindle Unlimited読み放題に絶句!健康本を読み放題~~で、完全にAmazonの罠にハマりました。

Amazon Kindle Unlimited読み放題!Amazonはすごいな~っと。もう、完全に策略にはまっています。月額980円で12万冊以上の本・コミックが読み放題!って何ですか。あまりにも興味を惹かれて、ついクリックしてしまいましたが・・1クリックで登録されてしま…

【書評】跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること 東田直樹

重度の自閉症の東田直樹さんが書かれた本(一読した後に、どうしてもこれが自閉症の方の執筆だと信じられず、東田さんの動画を探して見て、さらに驚いた)。恥ずかしながら、自閉症の方がたの内面にこれほど、深い知性があると考えたことがなかった。まず、…

【書評】わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相! 船瀬 俊介

時折、トンデモジャーナリスト と揶揄されることがありますが、基本的に、船瀬さんの発する情報は誠実だと考えています。私が、彼の本を読んだのは今から十数年前ですが「合成洗剤」についての告発本でした。 合成洗剤 恐怖の生体実験 (元気健康ブックス)私…

「習慣化チャレンジ」を始めました、1か月に一つずつの目標を達成します。

減らす技術 The Power of LESSブロガー「レオ・バボータ」の「減らす技術」です。実は、かなり大事にしている本です。今まで何度も読み返しています。その教え通り、非常にシンプルな本ですし、すぐに読み通せます。しかし、まあ、含蓄があります。 習慣化チ…

なぜ寝不足でも無いのに「目の下にくま」ができるのか?ひどく不健康な顔してるよ、自分。

(病気は顔に書いてある!石原結實 廣済堂出版 P49) まったくお恥ずかしい話なのですが、目の下のくまが異常です。寝不足ではありません。10時間近く寝ています(これも異常ですが)。確かに睡眠は浅く、毎日、悪夢続きなのですが(著しく精神が不健康・・笑…

素晴らしい健康哲学!名著ですよ。★★★★★(書評)健康常識100のウソ 間違いだらけの「家庭の医学」 三石巌

軽い気持ちで手にとった一冊ですが、最初から最後まで、納得の行く三石巌ワールドに魅了されます。この本を書いた時の三石氏は95歳。60代で自分の白内障をメガビタミンで治してから、栄養学を学んだという異色の研究家。分子生物学と医学をつないでいく独自…

「断糖食」の荒木裕氏が私の糖質制限人生の最初の師だった、という話。でもちょっと厳しいよね。

糖質制限といえば、江部氏が有名ですが、荒木氏も忘れてはなりません。何しろ、私が糖質制限の世界に目覚めたのは荒木氏の上記2冊の本を読んだからなんです。なかなか、道理にあっているな~と思い、そこから、糖質を避けるようになってきました。今ではすっ…

★★★☆☆これでは食べられるものがなくなってしまうなぁ、(書評)「トクホを買うのはやめなさい」 内海聡 竹書房新書

トクホを買うのはやめなさい 医者が教える実は危ない食品 (竹書房新書) おなじみ内海氏の著書です。内海氏は、一般人のことを「グーミン」(愚民)と呼び、挑発的な文章が多いので、あまり好んでは読まないのですが久々に手にとりました。少なくとも、マスメ…

溢れる健康情報の読み解き方!「論理」(演繹法・帰納法)で読み解く読書術。

テレビだけではなく、書店でも、ネットでも、オンラインでもオフラインでも、健康情報があふれています。中には、全く逆意見もあり、困惑させられます。例えば、MEC(肉・卵・チーズ)が大ブームになり、著名な医師も推奨したりする一方で、肉・卵(動物性タ…

★★★★☆(書評)「サラダ油」をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない! 山嶋哲盛

油に関心があり、読んでみました。オメガ3の啓発者として有名な方です。脳の専門医として、アルツハイマーを防ぐ方法(危険な油を避け、良い油を積極的に摂る)を勧めています。アルツハイマー・認知症を別にしても、現代人の健康を脅かす油の用い方について…

★★★☆☆(書評)9割の病気は自分で治せる①② おいしい患者にならないために 岡本裕

既存の医療には、多少なりとも不信感が漂う中で医学博士が書いた医療批判本に興味を持ち手に取りました。「おいしい患者」というのが明らかにキーワードです。病院経営にとって「美味しい」「カモ」になる患者というくらいの意味合いで、かなり既存の医療従…

★★★★☆(書評)油を断てばアトピーはここまで治る―どんなに重い症状でも家庭で簡単に治せる! 永田良隆

油の勉強のさなか、オメガ6(リノール酸)のとりすぎがあらゆる「炎症」を招いているということに気がつきました(というより、本を読んで知りました)。私は激しい鼻炎持ちですが、油に関しては全く無知だったことに気づきました。私の場合、アトピーに関す…

★★★★★(書評)最新! 腸内細菌を味方につける30の方法 - 健康・長寿・美容のカギは腸内フローラと腸内細菌!  藤田紘一郎

とても面白い本を手に入れました。 ウンコの専門家として名高い藤田紘一郎氏ですが、最新の研究をまとめた本ということなので、ぜひ手にしなければと思いました。なにせ、腸内細菌の研究は日進月歩で進んでいるのです。古本を読んでいる場合ではありません、…

★★★★★(書評)あなたの知らない乳酸菌力 後藤利夫

腸内環境に興味を持ってから、朝食のヨーグルトをより「意識的」に食べるようにしています。しかし、そもそも、今食べているヨーグルトって、何菌なんだろう?という疑問を感じるようになり・・。少し頭をツッコんでみると、そこにはめくるめく乳酸菌の世界…

★★★★☆(書評)病気がイヤなら「油」を変えなさい!―危ない“トランス脂肪”だらけの食の改善法 山田 豊文

「健康によい油」「悪い油」があることは、なんとなく分かっていても、説明できるほどではありませんでした。しかし、ここは逃げずにしっかり学んでいこうと思い、先日一冊MOOK本を手に取りました ((書評)危ない油と健康になるオイル 藤田 紘一郎 監修 - …

★★★☆☆(書評)あなたは半年前に食べたものでできている 村山 彩

本屋さんで見かけて気になっていた一冊です。文字が大きく行間も広め、太字満載で、完全にビジネス書仕様です。内容も薄いんじゃないかな・・と思いつつ、なかなか買うまでいかなかったのですが、ちょうど今考えていることとピッタリな記述がチラホラと散見…

(書評)からだを温めると増える HSPが病気を必ず治す伊藤 要子

最近、温熱療法の価値を改めて認めるようになったため、この本を再読しました。単に、温めたらいいよ!で終わらずにHSP(ヒートショックプロテイン)の働きから科学的に温熱療法のメリットを訴えています。全体的にちょっと難しい本ですが、日々の健康に直接…

(書評)肉食やせ ! ―肉、卵、チーズをたっぷり食べるMEC食レシピ111 渡辺 信幸

MEC・糖質制限で8キロ(現在実践7ヶ月目)も痩せた身としては、MEC本の新作は買わざるを得ないという感じです。応援という感じです、笑。 正直、レシピはもう見なくても大丈夫かな?とは思っていました。お肉+スーパーの特価品野菜などで、クックパッド検索…

(書評)危ない油と健康になるオイル 藤田 紘一郎 監修

糖質制限の効果には満足していたのですが、ちょっと、脂質に関して無知すぎました。糖質を制限する一方で、脂質は浴びるほどとっていたのですが、それがトランス脂肪酸ですと、これはかなり健康にマズイことになります。ここは、明らかにMEC実践者の落とし穴…

(書評)病気が逃げていく ふくらはぎ力 もんで鍛えて自然治癒力を引き出す小池弘人 市野さおり

ふくらはぎを揉む健康法 私は足もみ屋さんですから、足の反射区・ツボの本はいちおう見かけたら買うようにしています(ってなんだそれ!)。その中でも、ふくらはぎの本は現実的で良いと思います。もう3冊くらい持ってます。 自分で自分の反射区を正確に刺…

(書評)肉・卵・チーズのMEC食でダイエット(TJMOOK)

書評というほど、とりあげません。MEC生活をしていると、変化がなくなり、メニューに窮するようになるので、レシピを参考にするために購入しました。さすがに、今、流行しているだけあって、定価では買えませんでした(涙) 2/3以上がMECレシピ MOOK本です…

(書評)急激なストレスからお腹を守る腸内リセット術 松生恒夫

この数日で 腸内環境に興味を持ち、以前購入し書棚にあった一冊を手に取りました。内容はかなり「便秘」の悩みを持つ人に偏っているようで、それほど、私には響く部分が少なかったのですが(汗)(超快便ですからね。) なかなかおもしろいなと思った記述を…

(書評)漢方の知恵でポジティブ・エイジング 木村容子

漢方の良いところは、身体の状態をよく知った上で、一人ひとりに異なった処方をするところです。この本では「養生」の基本になる3つのステップがあげられています。 1:自分のいまの心身の状態を知る 2:心身のどこに問題があるのかを知る 3:適切なケア…

(書評)糖質量ハンドブック(1175点) 牧田善ニ

糖質量ハンドブック(1175点) 牧田善ニ 身近な食材の糖質量を確かめるのに使用しています。今では、居間の棚においてあるので、ふと思い立って糖質チェックするなんてことも簡単になりました。先日は、キャベツ・かぼちゃなど調べました。緑黄色野菜など、…

(書評)腸内細菌学の重大発見 老化は腸で止められた

腸内細菌学の重大発見 老化は腸で止められた かなり古い本ですが、書棚に発見したので読んでいました。ちょうど、腸内の環境について考えていました。というのも、糖質制限を始めてから、便通が大きく変化しはじめたのです(よいほうに)です。おそらく腸内…

MECは無謀で極端なダイエット法ではない。(書評)肉・卵・チーズをたっぷり食べて1年で50kg痩せました 椎名マキ

MECについてある程度知っている人なら、それほど目新しい「知識」は無いかもしれません。しかし、これはMECを渋っている家族や友人への啓発用に使えます。マンガだというのも良いです。30分ほどで読めました。 よくある無謀なダイエットではなく、MECが椎名…

食後1時間の血糖値対策が「抗糖化」のカギ!(書評)「糖化」を防げば、あなたは一生老化しない [ 久保明 ]

これまで、著者のことは、あまり存じ上げませんでしたが、この本を読んで初めて「AGE」(糖化最終生成物)という言葉も知りました。アンチエイジング界で有名な久保氏です。調べてみると「AGE」は糖質制限的にも、非常に注目のワードでした。 糖質過剰の害と…

食事療法だけではダメ!(書評)「専門医が教える糖尿病ウォーキング!」福田正博

糖質制限(食事)だけじゃ、健康にならないな、ということに最近気が付きました。とくに血液検査の結果を見ると運動不足がかなりたたっている様子。ここらで気合を入れないと、と読んだのがこの一冊。私は、まだ糖尿病ではありませんが、予防は大切ですね。 …

広告