カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

私の糖質制限法(基本はスーパー糖質制限&しかし調味料はそれほどシビアにならず)

糖質制限をはじめて、まだ、まる2ヶ月というところですが、体重は4㌔弱落ち、かなり体調はよくなっています。今後、今の方法も変化していくかもしれませんが、忘備録代わりに記しておきます。

基本はスーパー糖質制限&MEC

f:id:nazenanido:20150703160944j:plain

江部先生の提唱するスーパー糖質制限を基本にしています。

ですから、朝・昼・晩、いずれも炭水化物を主食にはしていません。これまでも、ご飯はあまり好きではなかったのも奏功し、楽に糖質制限を行えています。もっとも、パン(小麦粉)は大好物だったため、これを辞めるのは覚悟がいりました。お昼だけは、炭水化物をとろうかと思っていたのですが・・・、炭水化物を抜いていたほうが圧倒的に身体の調子がよく、あえてとることも無く、今に至っています。

とりわけ、MECに出会ってから、肉・卵・チーズの割合を増やせば増やすほど、より主食としての炭水化物が不要になりました。心地よい満腹感、健全な空腹感を感じています。単に制限するだけではなく、必要な栄養素を積極的に摂取していく大切さを知ります。

最近の一日のメニュー

参考までに、うちの典型的なメニューです、もちろん、偏らないように色々と食べていこうと思うのですが、かなり少量でも満足してしまう状態です。MECのベース量は全然食べられていないですね。とくに噛んで食べるのは相当良いですね、すぐに満腹になってしまいます。

朝 豆乳ヨーグルト・紅茶(ココナッツオイル)

昼 卵(オムレツ)・チーズ・くるみ(ナッツ)・サバ缶

夜 MEC式おこのみ焼きアボガドチーズ・ハイボール(お酒)

 食生活偏っているね、大丈夫?と言われるような感じですが、大変好調です。特に、小学生からずっと過敏だった腸の問題が、ほぼ消え去っているような状態です。これって糖質の問題だったの?と思うほど、腸がすっきりしており、どうしても糖質制限を辞めるわけにはいかなくなっております。

調味料に含まれる糖質は基本的に気にせず摂取

f:id:nazenanido:20150703161141j:plain

長く続く食生活ですから、あまり細かくなるのはよろしくありません。私の場合は、現在は糖尿のリスクも高くありませんし、メタボ気味とはいえ、それほどひどくはありません。あくまでも糖質制限は健康のためと割り切っています。そうであれば、調味料に関してはそれほど気にしない方針で行っています。たとえば、ソース・ケチャップ・みりん・醤油・焼肉のたれ・・・・細かく見れば、糖質が含まれているのですが、ここはそれほど気を使いません。

その分、主食としての炭水化物をとっていないので、それだけでも相当の糖質カットになっています。その辺で補えると思います。ちなみに、砂糖はほとんど使わないようにしています。おなじみ、ラカントSも常備していますが、そもそも、それほど使いません。その分、味付けはどうしてもしょっぱいものに偏り、塩分過剰を妻は心配しています。

お菓子・スポーツ飲料は完全にゼロに

これまでは、相当にスナックを食べる人(ほぼ毎日ポテチ)であり、ちょくちょくコンビニでペットボトルのジュース(新製品)を購入していました。しかし、この手の加工食品による糖質摂取は一切辞めました。そもそも、MECにしてから欲求自体がほとんど消え去りました。お菓子は丸2ヶ月食べていません。これは、どんな健康法を実践するにせよ、良いことだと思います。

栄養素が足りると、お菓子が不要になるというのは本当だと思います。これは肉・卵・チーズの意外な効用でした。

まとめ

f:id:nazenanido:20150703161329j:plain

問題点があるとすれば、MECにより食費がかなりかさんでいることです。これまで、糖質を主食にしていた際には、お米やパンでかなりお腹をいっぱいにできましたが、それができないとすると、肉などは相当食べないと代替にはなりません。また、チーズなどもけっこう高いです。そのため、一食は糖質にしようか(家計のため)とも考えていますが、今後の体調を見ながらこの点も考慮することにしています。

うちの場合は、幸いな事に妻が完全に協力体制で共に、糖質制限やMECを行えるので家族内で気を使う問題は発生していません。妻の作った食事を食べないなんてできませんからね。まだ2ヶ月足らずで、何も語る資格は無いのですが、現在のまとめをしてみました。

体重としての目標はあと7㌔落とすとBMIにおいて平均(標準)になるので、ここを目指したいと思っています。しかし、この体重は思春期の段階で通り越して以来、一度も戻った?ことが無いポイントですので、身体的にもホメオスタシスとかなり戦う必要がありそうですが、1年ほどかけてゆっくり落としたいと思っています。ウォーキングもはじめましたので、この点ではかなり可能性があるのではないかと考えています。

私は今年で35歳になりましたが、良い時期に、健康管理に目覚めてよかったです。ありがたい、ありがたい。このまま、行ってたらどうなったか・・・。

 

広告