読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

(書評)糖質量ハンドブック(1175点) 牧田善ニ

f:id:nazenanido:20151203183318j:plain 

糖質量ハンドブック(1175点) 牧田善ニ

身近な食材の糖質量を確かめるのに使用しています。今では、居間の棚においてあるので、ふと思い立って糖質チェックするなんてことも簡単になりました。先日は、キャベツ・かぼちゃなど調べました。緑黄色野菜など、糖質が多少含まれていても、他の栄養素があるものはしっかり食べたいので、どれくらいなら摂取してよいかを見定めるのに重宝しています。
 

糖質オフダイエット(初級~上級)

3つのコースと、糖質量の上限が載せられています、これに照らしながら、糖質制限するわけですね。
初級コース:朝食・昼食は主食を半分に、夕食は主食抜き
(一日の糖質摂取量 男性100g・女性75g)
中級コース:朝食・夕食は主食を抜く
(一日の糖質摂取量 男性80g・女性60g)
上級コース:三食とも主食を抜く
(一日の糖質摂取量 男性60g・女性50g)
 
私は、中級~上級の間くらいですね。
 
昼食は、妻につられてパンを食べたり、パスタを食べたりすることもありますが、夕食はほとんど主食抜きです。ギチギチにやっているわけではありませんが、食べたい時には食べるという方針です。そんな時、食べるにしても、食べ過ぎなければちゃんと上級コースで収まったりしますよね。糖質量をちょこっと計算しながら食べたりします。
 

糖質量ハンドブックの特徴

f:id:nazenanido:20151203183426j:plain
この本の特徴は、実際の食べるシーン・料理に応じて、糖質量を試算しているところでしょうか。例えば、ご飯は、ご飯でも、単に白米ご飯1膳(150g・糖質55.2g)だけではなく・・一部抜粋してみますと・・(P23-25 )。
 
五目炊き込みごはん(130g・糖質48.6g)
たけのこごはん(140g・糖質52.6g)
サーモンのちらし寿司(150g・糖質61.8g)
オムライス(135g・糖質59・3g)
ハヤシライス(180g・糖質78.7g)
牛丼(200g・糖質84.5g)
 
かなり細かく、こんなものを食べたら、これだけ糖質あるよ~みたいなのが直感的にわかりやすくなっていますね。これが面白いところでしょう。外食なんかする時には便利かもしれません。ざっくりとですが、糖質を計算できます。
 

ちょっと見難い点も

しかし、その一方で、基準値が曖昧というか、100gあたりだったり、80gだったり、200gだったり、さまざまな食材のg数が統一されていないので、いざ、自分で料理をつくるときは見難い。まあ、全部同じg数で食べることはないので、そのほうが見づらいのかもしれませんけど。というか、私は料理しませんけど(涙)
 
今ではネットで少し調べるだけでいくらでも、各個別の食品の糖質量は調べられますが、ハンドブックの形でひとつ、こういうのは持っていても良いな!と思っています。

一番かんたん即やせる!糖質量ハンドブック
牧田 善二

4405092419
新星出版社 2013-03
売り上げランキング : 2454

Amazonで詳しく見る by G-Tools

広告