カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

(書評)漢方の知恵でポジティブ・エイジング 木村容子

f:id:nazenanido:20151206220450j:plain

 漢方の良いところは、身体の状態をよく知った上で、一人ひとりに異なった処方をするところです。この本では「養生」の基本になる3つのステップがあげられています。
1:自分のいまの心身の状態を知る
2:心身のどこに問題があるのかを知る
3:適切なケア(養生法)を実践する

 それぞれの人が違って当然なんです。みんな違うカラダだし、ココロだから。このへんに、東洋医学の知恵を見ますよね。

西洋医学はウイルスなどには恐るべき効き目がありますが、一歩間違えると、敵も見方も殲滅してしまいます。欧米諸国の空爆みたいなものです。この本で、自分の身体の状況がある程度わかり、具体的な対応策も考えることができました。

気・血・水の異常セルフチェック結果

f:id:nazenanido:20151206222828j:plain

(漢方の知恵でポジティブ・エイジング 日本放送出版協会 木村容子P46-47)

まず面白いのは、セルフチェックシートがあることです。まず、自分のタイプを知ったのちに、対策に励むわけですね。私は「気虚」が一番秀でていて、他に「気うつ」「水毒」タイプなども濃厚な感じだそうです。どれも、情けないほど弱った感じのエネルギー不足を示しています。

気虚タイプ(9点)

◯カラダがだるい

◯気力がない

◯疲れやすい

☓食欲が無い

◯食後に眠たくなる

◯横になりたくなる

◯風邪をひきやすい

◯声が小さく、力がない

◯胃もたれしやすい

◯息切れしやすい

 

「エネルギー(気)がカラダ全体で不足している状態です。疲れやすく、体調を崩しやすく、休養が必要になっているといった、漢方では全身のエネルギーが「虚」の状態にある、といえます。抵抗力や免疫力が下がり、老化が進んでいる可能性があります。」(P48 )

「まだ30代なのに「気虚」や「血虚」に関する項目が多いようでしたら、かなり老化へのピッチが速まっている危険性があります。すぐにケア(養生)をはじめましょう。」(P50)

 悲しいな・・完全に気虚タイプじゃないですか・・。10点中9点の好成績です(食欲だけはあります)。完全に老化している感じです。

確かに、私の一番の悩みはエネルギー不足。家族からも「あんた、覇気がないわ~」と言われます。「覇気」なんか、生まれてから、このかた持ったことがありません。しかし、「養生」をすれば、身体は変わる可能性があります。「気虚」ですから、「気」が足りないので、「気」を補ってあげれば良いのです。

 どうすれば「気」(エネルギー)を補えるのか?

f:id:nazenanido:20151206233607j:plain

いろいろあげられているのですが、 基本的な「養生」(気を補う)方法は「睡眠」です。起きた時に「疲れが癒やされた」という満足感を味わえれば、気を補えたということになるそうです。確かに・・・。

実は私は睡眠の質が非常によくないのです。時間のある日は10時間以上も寝てしまうロングスリーパーなのですが、目覚めの気分は非常に悪く、朝はダラダラと悪夢を見続ける日々です。起きると、ぐったりしている状態が毎日です。何年も、何十年もこんな感じです。そこで、本書の中から「睡眠の質をあげる方法」をいくつかピックアップしました。さっそくやってみよう。

寝る前に食べない

「寝る前の夕食を軽めにし、消化できる時間を十分にとるようにしてください。これは、すぐ寝付くことができ、途中で覚醒することもなく、すっきり目覚めることができるという、質のいい安眠を手に入れるための基本的な養生法です。」

「食後に眠くなるのは、エネルギーが不足している「気虚」タイプの特徴的な症状です。胃腸の働きが弱っていることが原因として考えられるので、そんな状態の人が、寝る直前に食べていたら、一層体調が悪くなってしまうでしょう。」

(漢方の知恵でポジティブ・エイジング 日本放送出版協会 木村容子P78-79)

 当然のことなのですが、意外と守っていないルール。実は、私、寝る直前まで食べているんです。特にMECを始めてからというもの、寝る直前に肉を食べても痩せていきます。ぜんぜん太りません。これに気を良くして、寝る前までけっこう脂っぽいものを食べているのです。しかも、夕食がてんこ盛りです。これがよくないのね。わかりました。改めます。

OUT&INケアのすすめ

「漢方に「瀉法」と「補法」という治療法があります。瀉法は「不必要(邪気)なものを取り除き、余分なものを排出する」ことで、補法は「必要なもの(正気)を取り入れる」ことです。・・私は、前者を「OUT」、後者を「IN」とし、それをセットで行うという意味で「OUT&INケア」と命名してみました。」

(漢方の知恵でポジティブ・エイジング 日本放送出版協会 木村容子P103)

「長時間寝たけれど、疲れがとれない」と感じている人は、体内に余分なもの(邪気)がたまっていて、睡眠でエネルギーを補ってもエネルギーが効率的に体内に入っていかない状態なのかもしれません。邪気を取り除かなければ、長時間寝ても、睡眠の質が悪くなってしまいます。」

(漢方の知恵でポジティブ・エイジング 日本放送出版協会 木村容子P130)

 まさに、でございますな。まずは、邪気を出さないと、元気が入ってこないと。出すためには必要なのは、「汗をかくこと」と「便通」だそうです。幸い、糖質制限・MECを始めてから、便通は良好です。いよいよ、便通には励むつもりでいますし。となると、汗をかくことですね。

よくわかりますね!というくらい的中しています。実は私は、ほとんど汗をかかない(かけない)体質なのです。お風呂は入らず万年シャワー。運動しても汗はほとんど出てこない(顔が熱くなるだけ)。代謝の悪さが際立っています。運動も勧められていますが、今は、無理(寒いし、冬だし)。ということで、お風呂からしっかりやってみようかな。

f:id:nazenanido:20151207000859j:plain

「カラダの中の「余分なもの」を取り除くには、まず汗をかくのが一番です。・・・入浴でいいですから、なるべく汗をかいてみましょう。・・・「ゆっくりできる終末の夜に入浴して、十分に汗を流すようにし、一週間単位でカラダのメンテナンスを考えて下さい」とアドバイスしています。

体内から不要なものが出ていき、必要なものを取り入れる体制が整ってきた時には、質のいい睡眠をとることが期待できます。「寝ても、寝ても、疲れがとれない状態」から「六時間睡眠で、寝覚めがすっきり」といった状態に変化した自分に気づくでしょう。」

(漢方の知恵でポジティブ・エイジング 日本放送出版協会 木村容子P131)

 これから、週2回(月・木・仕事が早く終る日)は、しっかりお風呂に入って汗を流すことにします(長風呂はとても苦手なのですが、努力してみます)。温泉とサウナにも行ってみよう。なんだかんだ、素直なのが私の良いところなのです。

ひとつのシグナルとして「疲れが取れるまでぐっすり寝た」といえる状態が「気が補えた」状態なのだと分かりました。そんな朝って、一年に何度も無いです。このへん、ちょっと頑張ってみると成果が出そうですね。

なかなかお勧めの一冊でした!

他にもいろいろ学びがありましたが、おいおいゆっくりと。まずは自分が、かなり著しい「気虚」であることが分かりましたので、まずはそこから。「元気があれば!なんでもできる!」わけですからね・・・(涙)

漢方の知恵でポジティブ・エイジング (生活人新書)
木村 容子

4140882611
日本放送出版協会 2008-07
売り上げランキング : 578503

Amazonで詳しく見る by G-Tools

広告