読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

(書評)急激なストレスからお腹を守る腸内リセット術 松生恒夫

f:id:nazenanido:20151207184020j:plain

この数日で 腸内環境に興味を持ち、以前購入し書棚にあった一冊を手に取りました。内容はかなり「便秘」の悩みを持つ人に偏っているようで、それほど、私には響く部分が少なかったのですが(汗)(超快便ですからね。)
なかなかおもしろいなと思った記述をひとつご紹介。

腸は「第二の脳」

「うつ病患者が治療薬として抗うつ剤を服用すると、その副作用として便秘になりやすいのは、脳と腸の相関関係を物語っています。便秘は、精神的悪循環と身体的悪循環の二つが重なり合い、交互に悪影響を及ぼしていることが指摘されています。」(急激なストレスからお腹を守る腸内リセット術 松生恒夫 ソフトバンク新書 P59)
腸がストレスに反応しやすいというのは知っていました(経験からも)。しかし、それはつまり、逆も真なりということ。腸の調子が悪くなれば、精神も影響を受けるということ。これは発見でした。 
 

f:id:nazenanido:20151208001446j:plain

うつ病はセロトニンの不足と関わっていることが知られています。セロトニンは、脳内で全体の1%・腸で95% 残りは腎臓・血小板で作られるそうです。腸のセロトニンは脳に入ることは無いのですが、何らかの仕方で腸のセロトニンと脳内のセロトニンは関わっていると著者は考えているようです。私もそう思います。驚きですよね。体内のセロトニンの95%が腸で作られるとは!?

腸内環境の改善でストレス(うつ・不安)も改善される!

この本で書かれている実験に使われた乳酸菌は「ラブレ菌」です。

f:id:nazenanido:20151210190519j:plain

早速ラブレを買って飲んでみました~

 植物性乳酸ラブレ含有カプセルを1日1カプセルを4週間飲ませ、被験者の心理状態を測った実験です。さて、心理状態の測定はPOMS(心理テスト)で行いました。4週間後、腸内善玉菌の優位な増加・同時に悪玉菌の減少がはっきり分かります。つまり、腸内環境がよくなりました。それと共に行われた、心理テストで不安・抑うつの症状が改善されることがわかったそうです。 腸内環境と心理状態を確かめるために行われた実験が報告されています。

「腸内環境を改善し、腹部症状を改善させると、心理状態、気分、つまり脳のストレスも改善することが示唆されました。腸と脳が密接に関与していることのあらわれともいえるのです。」(急激なストレスからお腹を守る腸内リセット術 松生恒夫 ソフトバンク新書 P64)
 ということは、うつやストレスのケアのために、腸内環境を整備する、というアプローチがとれるわけですね。こういうアプローチをどんどん、心療内科とか精神科とかでやってほしいな!と思ったりします。絶対効果ありますよ。
私は、割合に、うつ的思考パターンですから、腸内環境をよくしてポジティブ思考を手に入れるべく頑張ってみようかしら、と思ったりします。
 
ちなみに、この本では何度も「ラブレ菌」が推奨されて登場しますが、ラブレ菌って京都の漬物・すぐき漬けから発見された植物性の乳酸菌の一種で、強力な生きて届く乳酸菌なんですね。いいですね、これ、1000円前後だから、ちょっと飲んでみるかな。 

参考:ユアヘルスケア 植物由来の乳酸菌ラブレ

 こういうので、効果が出るか出ないかは、それこそ便の状態を見れば、一目瞭然です。この本を読んで、乳酸菌の世界にもちょっと手をだすことしました。 

脳と腸とストレスについて知りたい人向け

便秘対策向けのお話が多かったため、いまいち、私の腸環境にはマッチしなかった感がありますが、脳と腸の関係について多くを学べました。

急激なストレスからお腹を守る腸内リセット術 (ソフトバンク新書)
松生 恒夫

4797366109
ソフトバンククリエイティブ 2011-07-21
売り上げランキング : 96875

Amazonで詳しく見る by G-Tools

広告