糖質制限カラダシホン

主に食べること(糖質制限)と生き方のブログです。

糖質制限中のアルコールはウイスキー(ハイボール)が定着!ビール(小麦)の罠に気がついた話。

f:id:nazenanido:20151219211409j:plain

おつまみは揚大豆ですね>糖質制限中のオヤツに「揚げ大豆」(煎り大豆)を買ってみた 

 糖質制限時のアルコール摂取は、ウイスキー(主にハイボール)が定着しました。蒸留酒には、ほとんど糖質が含まれていません。焼酎なども大丈夫ですね。週2~3回の晩酌を楽しんでいます。

ウイスキーを飲み始めて気がついたこと

もともとは、ビールや発泡酒などを購入していましたが、今はすっかりウイスキー一本です。ビールが習慣化するのは小麦(糖質)の魔力だと思います。それほど飲みたくないのに飲酒も習慣化してしまっていました。小麦はとればとるほど、またとりたくなるのです。お菓子・ケーキ・パン・どれも、中毒化します。ビールも、また、そうです。
しかし、アルコールをウイスキーに変えてから、週に2回くらい晩酌タイムを設けるほかは、飲酒しなくなりました。糖質を求める渇望がなくなったからだと、理解しています。糖質制限はあらゆる面で、欲望を正常化するのに役立つと確信を深めています。
もちろん、ウイスキーだからいくら飲んでも良いか?というと、そうではありません。肝臓にかける負担は小さくないものです。週に2~3回の適度な飲酒をこれからも楽しみたいと思っています。 

ウイスキー+生クリーム+コーヒーという異色のホット・カクテル(アイリッシュ・コーヒー・ゲーリックコーヒー)もどきを楽しんだりもしています。

tosituseigen.hatenadiary.jp

安物(国産ブレンデッド)で十分

わたしたちは味の分からない人なので、ウイスキーは高価なものである必要がありません。主にサントリーの角瓶、ニッカのブラックニッカなど1000円かからないお酒で充分満足できます。
 
ハイボールにするなら炭酸水は少しこだわったほうが味が違うようでしたけれども。

 

 

広告