カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

メカブ(海藻)でたくさんの水溶性食物繊維GET!あのネバネバが腸内環境に良いのだ。

MECを始めてから肉食傾向が強まっているのですが、いろいろ研究した結果、やはり食物繊維はある程度必要だろうという結論になりました。腸内細菌・腸内環境について考えた際に、腸内細菌の餌になる食物繊維はセッセと与えなければなりませんよね。

水溶性の食物繊維としてのメカブ

f:id:nazenanido:20151222121736j:plain

納豆にメカブを混ぜてみました。ネバネバキングです。

食物繊維には不溶性と水溶性があります。不溶性の食物繊維の中には、ごぼう・かぼちゃなどが含まれますが、どれも糖質はかなり高めです。食物繊維を優先して、これらの食品を多く食べるのも一手ではありますが・・・ちょっと糖質制限を実践している身としては抵抗があります。

そこで、目をつけたのが水溶性食物繊維を多く含む「メカブ」です。あのネバネバ、絶対、体にいいはずです。事実、納豆・オクラ・モロヘイヤ・長芋・里芋などに同様の成分が含まれるそうです。

「水溶性の食物繊維とは水に溶ける食物繊維で、腸内で水分を抱え込み、ヌルヌルとしたゲル状の成分となります。その粘着性によって胃腸内をゆっくり移動しながら、有害物質や胆汁酸、コレステロールなどを吸着し、体外に排出する働きがあります。また、腸内の移動がゆっくりであるため、おなかがすきにくく、食べ過ぎを防げるメリットもあります。」

できる男はウンコがデカイ 宝島社新書 藤田紘一郎 P169)

この説明だけで、便通がよくなりそうです。

メカブの食物繊維で快便に

「メカブには思い出があります。10年ほど前・・・本場の生のメカブを初めていただきました。それをうどんに入れて食べると、その半日後、それは見事なバナナうんちが3本、股間からスルスルっとすり抜けていったのには驚かされました。」(大便力 辨野義己 朝日新書 P177)

辨野さんは、もう便について話すことに全く抵抗が無いようです、笑。メカブを食べると便通が良くなるようです(ただでさえ、悪くないけれど)。食物繊維を豊富に食べるようになると、MEC(肉・卵・チーズ)の不安な点は1つ打ち消せているような気がしないでもありません。しばらく、海藻など水溶性食物繊維を多くしながら、体調と「便」の様子を観察してみたいと思います。

食卓にメカブを加えよう

「メカブはワカメの茎の根元の部分。ネバネバの素は、多糖類(食物繊維の一種)です。褐色をしていますが、熱湯をくぐらせると、鮮やかな緑色に変身します。熱を加えると、粘り気が増すので、生のまま細切りにしてから、サッと熱湯にくぐらせると、料理がしやすく、多糖類を無駄にしません。」(大便力 辨野義己 朝日新書 P177)

私は、メカブとワカメはまったく別物だと思っていました。

つい先日、メカブとワカメの味噌汁を食べたのですが、これは同じものだったのですね。親子丼みたいなもんでしょうか。衝撃です。まあ、どっちでも良いのですが。 あの特徴的なネバネバも味噌汁にすると食べやすかったです。 

f:id:nazenanido:20151221115315j:plain

日々のお肉料理にこういうメニューがひとつ並ぶだけでお腹が落ち着きます。もともとは、ああいうネバネバ系は好きではないのですが、意外なくらい美味しく感じました。どうも身体が必要としているようでした。調子に乗って、メカブを食べまくっています。

いつも、やりすぎ君です。

広告