カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

★★★★★(書評)最新! 腸内細菌を味方につける30の方法 - 健康・長寿・美容のカギは腸内フローラと腸内細菌!  藤田紘一郎

f:id:nazenanido:20151217125706j:plain

とても面白い本を手に入れました。

ウンコの専門家として名高い藤田紘一郎氏ですが、最新の研究をまとめた本ということなので、ぜひ手にしなければと思いました。なにせ、腸内細菌の研究は日進月歩で進んでいるのです。古本を読んでいる場合ではありません、笑。

「わずか数年の間に、腸内細菌をとりまく環境は変化しました。近年の遺伝子研究とコンピューターの発達を受けて、腸内細菌の大規模な遺伝子解析が行われたことが1つのきっかけとなっています。・・・研究のさらなる発展によって、この2~3年のうちにこの本に書いたことがひっくり返されてしまう可能性もあるからです。」(最新! 腸内細菌を味方につける30の方法 藤田紘一郎 ワニブックスPLUS新書 P4-5)

「最新!」と銘打つだけあり、いろいろ学びが多い本でした。

「マイ乳酸菌」を増やすという視点

 「最近の研究により、腸にはその人特有の乳酸菌がすみついていることが明らかになりました。私はコレを「マイ乳酸菌」と呼んでいます。・・・マイ乳酸菌がどんな種類で何種類いるのかは、その人自身の因子によっても違ってきますし、乳児期に誰に世話をしてもらったかなどの環境因子によっても違ってきます。」(P139 )

「マイ乳酸菌は腸に住むことを許された菌たちです。生まれてまもなく自分の腸に住みついたマイ乳酸菌を増やすことが、腸内環境をよりよく整えるためには欠かせません。」(P141)

最新! 腸内細菌を味方につける30の方法 藤田紘一郎 ワニブックスPLUS新書)

 藤田氏独特の言い回しだと思いますが、この「マイ乳酸菌」という視点は、非常に新鮮なものでした。生まれた瞬間の赤ちゃんの腸にはほとんど腸内細菌はいませんが、母乳を通して母の細菌を受け継ぎ、周りにあるもの、近くにあるもの、口にはいる物からどんどんと細菌が増えていきます。生後一年間の間に、その人特有の腸内フローラのベースが形成されます。もちろん食生活や、その後の養生でフローラ(お花畑)の変化は起こるとはいえ、基本的には、幼少期にその人の腸内環境のベースが決まります。

f:id:nazenanido:20151229101024j:plain

興味深いことに、腸に入る細菌がすべて、その人の腸内フローラに影響をおよぼすわけではありません。最近の研究では人が固有に持つIgA抗体がどの乳酸菌を定着させているかを決めている、ということも分かりました。

とすると、単に、さまざまな種類の乳酸菌を出来る限りとれば良い!というものではないんですね。腸に定住できずに、すぐに出て行ってしまう菌がほとんどなのだそうです(これを「通過菌」と呼ぶようです)。だとすると、自分の腸内環境にピッタリの菌を摂取すること、および、今の自分が持っている腸内細菌(マイ乳酸菌)を育てる・元気にすることが、何より腸内環境改善に役立つというわけです。この考えたかには目を開かれました。

各種サプリで、「このサプリには何百種類の乳酸菌が入っている!」「生きて腸に届く乳酸菌だからすごい!」と謳っていますが・・・、自分の腸に影響を及ぼせないとすれば意味が無いですよね。この考え方がわかれば、さまざまな食養生・健康法がある理由、効く人もいれば、効かない人がいる理由も分かります。科学はここまで来たか!という感じです。

腸内細菌にエサをやろう

そのため、この本で提唱(藤田氏が提唱)されているのは、オリゴ糖や食物繊維という乳酸菌のエサを食生活で与えることです。すると、もともと、自分の腸の中にいる「マイ乳酸菌」が活発になっていくというわけです。

著者が、現在、イチオシしている食品は「酢玉ねぎ」です。「玉ねぎ」の中に入っている天然のオリゴ糖が抜群らしいのです。これを聞いて、さっそく、奥さんが「酢玉ねぎ」を作りましたよ。サプリなんかより、こういうほうが健全で好き! 

tosituseigen.hatenadiary.jp

腸内細菌・腸内環境ブームですが、単に乳酸菌の数を増やすことではなく、また量を摂取することではなく、「マイ乳酸菌」という考えを理解することの大切さを学びました。これは、今だからこそ、最新情報として読んだほうが良い本でした。


最新! 腸内細菌を味方につける30の方法 - 健康・長寿・美容のカギは腸内フローラと腸内細菌! - (ワニブックスPLUS新書)

広告