読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

★★★★☆(書評)油を断てばアトピーはここまで治る―どんなに重い症状でも家庭で簡単に治せる! 永田良隆

f:id:nazenanido:20151224203621j:plain

油の勉強のさなか、オメガ6(リノール酸)のとりすぎがあらゆる「炎症」を招いているということに気がつきました(というより、本を読んで知りました)。私は激しい鼻炎持ちですが、油に関しては全く無知だったことに気づきました。私の場合、アトピーに関する記述を、アレルギー鼻炎に置き換えながら読んだのですが、目から鱗が落ちる情報が多かったです。

アレルギーは「火事」に似ている

f:id:nazenanido:20151225094951j:plain

(油を断てばアトピーはここまで治る―どんなに重い症状でも家庭で簡単に治せる! 三笠書房 永田良隆 P10-11)
この本の中で一貫して用いられている例えが「火事」です。アレルギーの原因の1つはオメガ6のとりすぎによる炎症であることに気付かされます。著者はステロイドを、やみくもに批判しません。ステロイドでいったん火を消し止めて、その間に、食事療法で炎症の燃料を取り除けばアトピー・アレルギーは治ると断言しています。とくに皮膚は2週間で再生していくため、今からでも改善は十分にありえると期待が持てました。
炎症の原因になる油(オメガ6)を減らし、炎症を抑える油(オメガ3)をとり、動物性タンパク質を止め、場合によっては白米もやめる。もちろん、いつまでもではなく、炎症という火を消し止めるまでの荒療治ですが、一度火が消えてしまえば、普通の人のように生活できます。

卵の食べ過ぎはアレルギーの原因?

「一週間に2個以上の卵は」は消化しきれずにヘドロになる。」(油を断てばアトピーはここまで治る―どんなに重い症状でも家庭で簡単に治せる! 三笠書房 永田良隆 P32)

一箇所・・気になる記述がありました。MEC実践者としては、ちょっとこれが事実だとマズイぞ。一週間に2個どころか、一日2個~3個食べています。糖質をとらないエネルギー源の代わりにしていますが、こうなるとピンチです。

肉・卵に関しては、正反対の意見がいろいろあるので、これはこれからも調査し続ける必要があります。

まとめ

私のアレルギーは油に注意を払いだしてから、かなり良くなっているのですが、根治させられる可能性も見えてきました。トランス脂肪酸はもちろん、オメガ6も減らしていかねばなりません。油に関する知識を蓄え、どんどん情報発信していきたいと思います。人体実験に勝るものはありませんね。
この本に書いてあることは、まさに「事実」だと思います。しかし、糖質制限もそうですが、「事実」が受け入れられるとは限りません。トランス脂肪酸、オメガ6漬け担ってしまったこの世界で、勇気を出して「油」「白米」断ちを出来る人がどれだけいるでしょうか?
真実というのは、実践するのは「狭き門」ですよね。

 

 
油を断てばアトピーはここまで治る―どんなに重い症状でも家庭で簡単に治せる!

広告