読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

激安「ししゃも」でオメガ3を!うちの近所のスーパーでは90円で手に入るぞ。

健康と油 食材

f:id:nazenanido:20151228200232j:plain

オメガ3の有力な摂取源として、ししゃもに目を向けました。近所の格安スーパーBIG(イオン系)では10尾で90円で売っています。ときどき半額にもなります。さすがに、品質は高いとは言えませんが、格安でオメガ3を摂取できるのは良いことです。

ちなみに、この格安ししゃもは「樺太ししゃも」(カペリン)と言われる、いわゆるししゃももどきです。この記事では、この格安ししゃもを、ししゃもと定義しています。

ししゃもに含まれるオメガ3

とくに、子持ちししゃもの卵部分などにオメガ3が豊富に含まれています。ですから、食べるなら「雌」ということになります。あまり「雄」単体も売ってないですけどね。私の手元にある食品成分表を参照しますと「多価不飽和脂肪酸」(オメガ6・オメガ3)は焼ししゃもの場合、100gあたり2.06gです。このうち、オメガ3は、フードポケットというサイトによると1.47g。

参考:ししゃもの効果効能と栄養成分|フードポケット

青魚の中でもナカナカのランキングで、オメガ3が摂取できることになります。 これほど、安く美味しくいただける(あんまり美味しくない)オメガ3として覚えておきたいですね。

我が家の定番メニュー「ししゃも焼くだけ」

f:id:nazenanido:20151224203758j:plain

 ということで、我が家の定番メニューにはししゃもが含まれています。グリルで焼くだけです。お肉だけでは満足できない時があります。少量のししゃも、魚介類を食べると、ぐんと満腹感(充実感)がある気がしています。週に2~3回はししゃもを食べますが、なんといっても、90円ですからね。これは食卓に加えなければ損でしょう。
ときどき、あまりにも安いので、高級ししゃもを買ってみようか?という気持ちになることがありますが、それだったら別のものを買うよね(笑)
サバ缶とししゃもは、庶民の味方のオメガ3摂取源ですよね。

関連記事

tosituseigen.hatenadiary.jp

 
広告