読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

溢れる健康情報の読み解き方!「論理」(演繹法・帰納法)で読み解く読書術。

テレビだけではなく、書店でも、ネットでも、オンラインでもオフラインでも、健康情報があふれています。中には、全く逆意見もあり、困惑させられます。例えば、MEC(肉・卵・チーズ)が大ブームになり、著名な医師も推奨したりする一方で、肉・卵(動物性タンパク質)を癌の原因!と断罪している学者もいます。肉は食べて良いの?悪いの?そんな単純なことも、解答を言い切ることは不可能です。

個体差が大きいので、誰にでも当てはまる「真理」は、こと「健康」に関しては存在しませんが、少なくとも、自分の健康法・食養生を完成させるためには、自分なりの完成された考え方が必要です。その時に良いと言われるもの、流行するものにひたすら流されていくと、波に振り回される船のようになるでしょう。私は週に何冊も健康本を読んでいますが、今一度溢れる健康情報を「論理」を意識して読み解いていく必要性を感じています。

「論理」で「健康情報」を読み解く

f:id:nazenanido:20160111152758j:plain

 私は、ビジネス書(読書法・仕事術)なども好きで読むのですが、「論理エンジン」で有名な出口氏の考え方に、健康情報を読み解くヒントがあると思いました。 まず論理とは何でしょうか?「論理」には演繹法・帰納法という二つの軸があります。

「演繹とは、一般から具体を導く方法である。たとえば、数学や物理学には公式というものがある。公式は一般的、普遍的で、いつでも正しい。そうした公式に照らしあわせて、個々具体的な問題解決を図るのが演繹である。・・・それに対して、りんごが木から落ちる現象、月の満ち欠け、振り子や斜面の運動など、個々バラバラな現象から共通点を抜き出し、法則を導くのが帰納法である。」

(出口汪の頭がよくなるスーパー読書術 青春出版社 出口汪 P90)

あくまでも、自分の身体管理限定ですが、自分なりの「法則」を見つけ出せるかどうかがカギとなります。何が良い、これが良い、という各論に振り回されないためには、この考え方が大事です。

出口氏は、予備校の講師時代に「論理」の使い方を覚えたのだそうです。

 自分だけの健康法則を見つけ出す「論理」

「一つ一つの入試問題は、何一つ同じものはない。その共通性を抜き取り、ある程度の法則性を発見してやれば、どんな問題も行き当たりばったりで解くよりも遥かに有効だと考えたのである。今思えば、まさに帰納法を無意識のうちに実践していたのだ。」(出口汪の頭がよくなるスーパー読書術 青春出版社 出口汪 P91)

「次の年、自分の発見した法則にしたがって、個々の問題を説明していく。まさに今度は演繹的な講義をしたのだ。・・・私の法則には当てはまらない問題があった時には、自分の法則自体が不完全ではないかと疑った。そうやって、次第にあらゆるものに対応できるものに鍛え上げていく。・・・今思うと、演繹と帰納の日々の繰り返しが、私の頭をかつてと違うものに変貌させた。それは、だれでも読書を通じて、実践可能なものである。」(出口汪の頭がよくなるスーパー読書術 青春出版社 出口汪 P92)

 これはそのまま、健康情報の読み解き方に当てはめられます。

自分の健康法に関して、最初から「これをやれば安心」という法則のようなものはありません。ですから、自分で「法則」を発見していかねばならないというわけです。毎日の食生活が、自分の健康にどんな影響を及ぼしているか?毎日の食べたもの記録や健康管理ノート(体温・血圧・体重・体調・気分・排便)などから「法則」と言えるものを編み出していきます。

それぞれ異なる意見を持つ著者の本を読む時に、単に机の上での勉強ではなく、「実践」しながら、その結果から自分なりの「法則」を編み出していきます。今度は、その「法則」に則って、著者との対話をしながら新しい健康法を判断していきます。

まとめ

この読み方・実践の仕方ができれば、健康法の波に飲み込まれずにいられます。これからも大量のインプット・アウトプットを続けていきたいと思いますが、この本はなかなかおもしろかったなぁ。健康本ではありませんが、あふれる情報に対処する読書術としておすすめの一冊です。 

 


出口汪の頭がよくなるスーパー読書術

 

 

広告