読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

ストレスがたまるとポテチを食べてしまう理由。ストレスを正しく打ち消そう。

仕事上でかなりストレスを感じていた時期があったのですが、その時期は常に食べていました。夜寝る前にも食べることが多かったですが、主にポテチでした。もう、美味しくはないのですが、食べないとやってられないのです。自分のカラダを痛めつけているようなイメージでした。なぜ、そこまで食べてしまうのかわかりませんでしたが、今、その習慣を抜けてようやくわかってきました。

食欲コンサルタントの村山氏はこう述べます。

ストレスがたまると食べ過ぎてしまう理由

「人間の体は、疲労がたまったり、精神的に追い詰められたりしてストレスがかかると、かかったストレスと同じくらい強い刺激で、そのストレスを打ち消そうとします。・・・刺激には刺激で抵抗する、それが体の自然な反応です。心身が疲れていると、ものすごく辛いものや砂糖まみれのお菓子、油ギトギトの揚げ物やポテトチップスなどに手が伸びてしまうのはそのためです。」(P30)


「ストレスは強い刺激によって打ち消せる。だからお菓子などの刺激の強いものを食べてしまうのですが、運動という刺激でもストレスを打消すことができるのです。」(P97)


あなたは半年前に食べたものでできている サンマーク出版 村山 彩

村山氏のご主人はトレーダーなのだそうですが、同僚の多くはトライアスロンを行っているのだそうです。その理由を投資によって大きなストレスを感じるのを、さらに強い刺激であるトライアスロンというスポーツで打ち消せるからだ(ではないか)と分析しています。なかなかおもしろい指摘だと思います。

ストレスに対する正しい対処の仕方を知ることで、誤った食欲は抑えることができるというわけです。糖質制限をはじめ、間食は一切しなくなりました。そのうちに、食欲以外の方法でストレスをコントロールできることも判ってきました。たとえば、お風呂です。身体に熱を加える事もストレスとなります。HSP(ヒートショックプロテイン)ができることからもわかります。だとすると、お風呂の刺激でも、ストレスという刺激を打ち消せるわけです。
tosituseigen.hatenadiary.jp
汗をたっぷりかいてサウナなどに入るとより良いわけです。自分の体に何が起きているかをしっかり知れば、正しい対処が可能になるという例だと思います。

まとめ

食養生をしっかり考えるようになって本当に良かったと思います。過食とか、スナック食品のドカ食いとか、ストレス解消のつもりでもっともっと自分を苦しめることになりますよね。まあ、これは人に言われてもなかなかダメで、ちゃんと自分で経験しながら、理解していくしか無いですよね。私もいくら言われてもやめなかったから。

なんか、悟ったような感じです(ポテチを10ヶ月食べていません!)

tosituseigen.hatenadiary.jp

広告