読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

ダラダラ続くストレスは危険!ガンになりやすい体質(心の特性)を修正しよう(操体の実践を通して学んだこと)

f:id:nazenanido:20160205163724j:plain

ストレスがガンの要因になるというのはよく聞く話です。私の母の家系はガン家系ですが、身近なところで見ていても、ガンになった親族、やはりストレスが要因のひとつになっているのだなというのは感じることがあります。私の母(乳がん)と私の性格はよく似ているのですが、自分も気をつけないとと思っています。

多くのがんサバイバー(がんからの生還者)の意見をまとめると、食養生も大事なのですが、心の持ち方も変える必要があるのだそうです。がんは気付きも与えてくれると言います。私も、操体の実践を通して学んだストレスのコントロール術があるので、この機会に文章化して記事に残しておこうと思います。うまくまとまっていなくて申し訳ないですが・・・。

ダラダラ続くストレスが危険

「やっかいなのは、辛うじて我慢できる程度のストレス負荷。そういった嫌な負荷が、長くダラダラと慢性的に続くことによって、半ば慣れてしまい、大切なストレスセンサーである「嫌」という感覚も麻痺してしまいます。そうなると、ますます負荷は意識されなくなり、心身が受けるダメージは気づかないうちにとても大きくなってしまうのです。」(171)

「がん患者さんにおけるデータですが、いわゆる「いい人」は長生きできない傾向があります。・・・おそらく生きる姿勢が受け身で、考え方が消極的だという側面が、かなり影響しているのではないかと推測されます。あまり「NO」と言わない人は、周りの人にとっては非常にありがたい、都合のいい人です。自分の意見を言わなければ、周りと衝突することもなく、精神衛生上よさそうに見えますが、実はストレス負荷が大きく、心身への負担は思ったよりも大きいのです。基本的に、自分の意見と他人の意見がまったく同じであることはほとんどありません。したがって、常に自分の意見を抑えていることは、慢性的にストレス負荷がのしかかり続けてることになるのです。」(172)


「9割の病気は自分で治せる 中経文庫 岡本裕」

意外にも、大きなストレスがガンの原因になるわけではないそうです。もっと小さくダラダラと続くような、慢性的なストレスのほうが身体には影響を及ぼすのです。良いことも、悪いことも、人間って慣れてきますので、だんだんストレスを過小評価するようになります。具合が悪い状態を無視するようになるのです。食事や飲酒でストレスをごまかそうとすることもあります。
tosituseigen.hatenadiary.jp
食事も、飲酒も、ストレスそのものをどこかにやるわけではないので、結局はどこかで限度が来て、精算をしなければならなくなります。人間の心には容量があって、そのまま、無限にストレスを許容することは出来ないわけです。これが、ガンという形、何かの病気という形で噴出することがあります。

これは自慢ではなく、悲しむべきことなのですが、私はよく「いい人」と言われます。誰に対しても「いい人」であろうとするのは、結局は「いつも」自分を曲げているということなので、自分自身にはストレスがたまっているのを感じます。「いつでも、誰にとっても、いい人」なんてありえないので・・・。こういうところにも、身体を病ませる要因があることを知ります。岡本氏の指摘するように「嫌」というセンサーの声を「正直に」ありのままに、聞くところからが始まりです。(「嫌」と言ってはいけない!これくらいのことで弱音吐いたらダメ!みんな頑張っている!こういう考え方が危険なのだと思います)。

じゃあ、どうしたら良いのか?というところまで踏み込んで考えたいと思います。踏み込んで、っていうか、岡本氏の書籍の引用に対しての私の考えを述べるだけですが・・・。

「嫌」なことを減らしていく

「そこで、まずはストレスセンサーである「嫌」という正直な感覚を大切にしましょう。仕事や人間関係をはじめ、生き方そのものに対しても、自分は不当に我慢していないかと、折にふれ自問してみることが不可欠です。その自問の答えを真摯に受け止め、嫌な度合いをできるだけ少なくしていく工夫が、自己治癒力を高める有用な手立てとなります。」(P170)


「非常にシンプルですが「自分のやりたいことをやる」「嫌なことはできるだけやらないように工夫する」「あまり我慢をしない」、これが意外にも自己治癒力を高める強力な手段なのだということを、数多くのがん患者さんやがんサバイバーの方たちから教わりました。」(171)


「歳を重ねたら、逆に自分が圧力をかけてやるくらいの気持ちでいいのかもしれません。つまり、少々わがままに、自己中心的に生きたほうがいいということです。確かにそういうがん患者さんほど、長生きをしています。」(173)


「9割の病気は自分で治せる 中経文庫 岡本裕」

確かに岡本氏の意見はもっともです。しかし、好きなことだけやろう!と思っても、そうはいかないのが世の中で、それでは、すれ違いやコミュニケーション・ギャップが大きくなりよりいっそう苦しいかもしれません。そもそも「じゃあ、嫌なことしない!」と実行できる人は少数派です。そこで、実践したいのが、ストレスになる状況(環境)は変われなくても、その中で「快」を求める!というものです。これも整体の道にいた時に、操体法の実践を通して学びました。

「楽」から「快」(気持ち良い)へ

f:id:nazenanido:20160205170140j:plain
操体法は、「辛い・痛い動きの反対の動きが治る動き」であると教えています。右肩を上げるのが激痛である場合は、下げる動きが治す動きになります。首を前屈できないなら、後屈する動きが治る動きです。痛みは、治る方向を教えています。しかし、ここが興味深いところですが、単に痛みから逃げているだけでは「気持ち良い」という「快」はありません。それは苦痛から逃げているだけで、結局、「快」じゃないんです。「楽」なんですけどね。そして、ただ、自分が「楽」というだけでは「治る」ことはあり得ません。一歩進んで「快」を求めるために「痛み」に向き合う必要があります。

右肩を上げるのが痛いのであれば、あえて右肩をまっすぐにあげる動きをしていきます。うわっ痛い!と思うか、思わないかのきわどい位置で、ゆっくり身体を動かし痛みを回避します。肩は下げるのではなく、上げ続けようという努力を払っていきます。ストレス負荷を積極的に自分にかけていくのです。その中に一方向、ただ痛みを避ける動きではなく「快」につながる動きがあることを理解できます。この方向は基本的に「痛み」の方向と似ています。この感覚が分かればシメたです。小さな「快」を探し続けて、痛みにチャレンジし続けるのです。グングンと身体が「快」を求めて、治しをつけていくことが分かります。

ちょっと専門的な話しになりましたし、文章ではわかりづらいですが、自分で経験するとすぐに分かります。これを人生で直面するストレスに応用すると、「辛い」と感じる局面から簡単に逃れないこと(とくにチャレンジしないこと)はオススメできません。その状況の中で「痛み」を感じる方向と並列して「快」につながる方向があるのです。

いつも、同僚とぶつかる、言い合うという悩みがあるとします。では、職場をやめよう、その人とは話をしないようにしよう、これは、当座の痛み・嫌な感情は楽になるかもしれませんが、やがて、その種の問題を一つも越えられなくなってしまいます。人間って順応するので。言い換えるとストレス耐性がいっそう弱くなります。こういう時こそ、その環境の中で、積極的に「快」を求めるべきタイミングです。例えば、理想論のような話ですが、その同僚をどうしたら笑わせることができるかを考えるのです。または、自分がその状況の中でどうしたら笑ってしまうような気分になるかを考えるのです。小さな変化を起こすことができれば、それは次から次へと、大きな「快」を求める動きへと導いてくれます。これは、単に「嫌」なことをやめるだけでは、見つけられなかった心地よさなのです。

まとめ

ストレスがガンの要因であるというのは認められます。しかし、単に「嫌」なことをやめるだけ、「いい人」をやめるだけでは、本当にストレスを取り除くことはできないです。多くのストレス・コントロールの本が、ただ当座のストレスを取り除くことだけに焦点を絞っていますが、「いや~。それだけじゃないんだよね」と実は思ってます。

この知識を与えてくれたのは操体法ですし、実際に身体を動かして実感できたことなので、これこそ「身体知」というべきものじゃないかなと感じています。なんだかまとまらなくなりましたが、操体法の知恵は、未病を治すのに絶対役立つので広く分かちあっていきたいと思っています。


楽しくわかる操体法

関連記事

tosituseigen.hatenadiary.jp

ちょっと操体に関する理解が変わりつつありますが、基本の考えは変わっていません。

広告