読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

人がお酒を飲める「総量」は決まっている!お酒は「蓄積毒」であるという真実。

私もお酒を飲むので、できれば飲んでも良い系の話を聞きたいのですが、耳が痛いながらも、これは真実の響きがあるなと感じるコメントを紹介します 「お酒は水銀やタバコと同じように「蓄積毒」である」という言葉、アンチエイジング界の医師、南雲氏の見解です。許容量を超えるほど、体内に蓄積されるとお酒を飲めなくなります。それだけではなく、病気になってしまうこともあるのです。私の知り合いの酒飲みを見ても、う~ん、そんな気がするって人もいます。浴びるように飲んでいた人が、晩年になるとパタリと飲めなくなるのです。

「私の血はワインでできている」と語っていた川島なおみさん(胆管がんで亡くなった)とかも、総量を越えて飲んでいたのでは?という気持ちにさせられました。なので、この南雲氏の意見は多少なりとも、あたっている気がするんですね。

参考:川島なお美さん逝去、ワイン大量摂取とがん罹患に関係はあるのか?医師が解説

生涯飲酒量の上限とは

f:id:nazenanido:20160204204032j:plain

「一生の間で飲めるお酒の量は決まっていて、男性は500キロ、女性は250キロくらいとされています。日本酒四合瓶が720ミリリットル。アルコール度数が14%とすると、アルコールの量は約100グラムになりますね。ワインの場合、1本が750ミリリットル、こちらもアルコール度数13%で計算すると、アルコールの量はやはり100g程度。つまり、アルコール100gを毎日飲めば、1年で36.5キロ。男性の場合、わずか13.7年で生涯飲酒量に到達してしまうことになります。」(50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則 講談社α文庫 P184)

ワインを毎日1本ずつ開けると、わずか13年で飲めなくなってしまう・・肝臓やすい臓などに障害を抱えて・・と思うと、一杯一杯のお酒が大事ですね。高級酒をちょっとずつ舐める程度にいただくのが良いのかもしれない。居酒屋でグイグイ飲んでいる人がちょっと切なく見えてきました。うちの場合は、ワインですと2人で1本を開けてしまいますが、もう少し抑えたほうが良いのは間違い無さそう。

南雲氏は適度な飲酒についても指南します。

「ワインならば一週間に14杯までが限度」であると言います。1日に換算した場合、グラス二杯程度になります。ワインボトルでいえば、四分の一くらいになるでしょうか。・・・20歳から飲み始めたとして、このペースで飲み続ければ約50年。男性の平均年齢に近いくらいまではお酒を楽しむことができます。」(50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則 講談社α文庫P187)

カギは飲み過ぎないことですね・・。って、普通~~~の結論ですなぁ。

まとめ

健康評論家の中でもアルコールに関しては諸説あります。特に自分が飲む人ほど、アルコールには甘い感じもあります(ストレスを貯めないことがもっと大事論とか)。しかし、アルコールは「蓄積毒」なので、一定の期間を経過して初めて、その害も現れるものでありますから、それを考えますと、今大丈夫だからOKという見方はできないですね。我が家ではアルコールを飲む日をだいたい決めています。週に2~3回ですが、ストレスが多くなると酒量が増える傾向はあるので気をつけないとね。

広告