カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

ヒトフードを飲み始めて2週間!消化力に難あり・・・

f:id:nazenanido:20160527082405j:plain

ヒトフードを食事の核に

ヒトフードを飲み始めて2週間になります。まだまだ、体が慣れていかないようです。新しいものはなんでもそうですが、腸内環境が新しい食事を受け入れるまでには時間がかかります。最初は牛乳に混ぜて飲んでいましたが、毎日、牛乳を飲むのもな・・と思いました。豆乳もしかりです。そこで、毎朝の習慣だったヨーグルトに混ぜてみることにしました。

ヨーグルトにチアシードにヒトフード(プロテイン)まで入ったら、朝食が無敵です。ちなみに、ココナッツオイル入りのコーヒーも飲んでます !(^^)!

参考:我が家の定番、朝食ヨーグルトに亜麻仁油!オメガ3を毎日摂取してアブラギッシュで健康に。 - カラダシホン
参考:「ホワイトチアシード」を豆乳ヨーグルトに投入ぅ!むむむ、これは完全栄養食品ではないか! - カラダシホン

ヒトフードと他の食事との兼ね合い(食べ過ぎ)を懸念

今後の実践に関して、少し疑問があったため、メグビーの管理栄養士さんに問い合わせを入れました。一部抜粋しながらご紹介します。

先日、ご相談して初回セットを購入させていただきました。1日15gずつプロテインとミックスを飲んでいます。これから長く続けていくにあたり、ヒトフードと他の食品の食べ合わせについてお尋ねしたいと思いました。

ヒトフードを摂り始めてまだ1週間たっていませんが、朝食に15gとるだけで満腹感があり、お昼は小量しか食べなくなりました。ヒトフードだけで、栄養素が足りれば、他の食事は理論上は食べなくてもよくなるのかもしれませんが、これに加えて、通常の食事をとることで「食べ過ぎ」になることはありませんか?

というのも、よく食べ過ぎた際に、できる口の周り・鼻の下のできものなどが出現したからです。これは、まだ自分の体がヒトフードになじんでおらず、驚いている状態だと思うのですが、胃腸には多少の負荷がかかったように感じました。今後、ヒトフードを健康の軸に据えていくに際して、他の食事との兼ね合いについてお尋ねしたいと思いました。

私の考えとしては

・朝食(ヒトフード)
・昼(軽めの炭水化物・パン・クッキー等)
・夜(肉・魚などたんぱく質中心)

を考えています。糖質はあまりとりませんが、夜には比較的しっかり食べているため、今後、ヒトフードを30gに増量して飲むと「食べ過ぎ」になるのかを知りたいと思いました。

本当は私の体重ならヒトフード(プロテイン)は30gは飲む必要があるようですが、まずはアドバイスにあったように15gずつ飲んでいます。それでも、膨満感が強く、食べ過ぎの際にできる、口元のニキビなどが噴出している状況なのです。これはいったい?と思い問い合わせをしてみたというわけです。

消化力にあった摂取を勧められた

この度は、お問い合わせいただき誠にありがとうございます。

早速ですがご連絡させていただきます。

前回、ご主人様(30g)、奥様(20g)のメグビープロの1日必要量についてご案内いたしましたが、まずはお身体の状態(消化・吸収)を考慮して、1日15g(1カ月1箱)を目安としてお勧めさせていただきました。現在、1日15gの摂取を続けていらっしゃるとのことですが、膨満感や吹き出物などが生じているとのことで、おっしゃるように消化・吸収に影響していることが考えられます。


胃腸の粘膜が弱っていたり、消化酵素が少ない方の場合、摂取したタンパク質の消化に時間がかかってしまうことがございます。そのため、前回1日必要量(30g)をまずは15gからのスタートとしてご案内させていただきました。

最初は必要量を摂ることを優先するのではなく、自分の消化能力に見合った量(摂取したタンパク質が十分に消化吸収できる量)でお摂りいただくことをお勧めしております。

しかし、現在のご体調とから考えますと粘膜が弱っていることや消化酵素の合成能力が落ちていることが考えられます。

※胃腸の粘膜や消化酵素もすべてタンパク質で合成されておりますので、少しずつ摂取することで、組織形成・酵素合成が行われ、徐々に機能が向上してきます。

量を調節することで、消化・吸収への影響がないようでしたら、少しずつ量を増やしてみてください。(増量の方法において1回の量を増やすことも良いのですが、回数(朝・夕など)を増やすことの方が、1回あたりの消化・吸収に影響しにくくなります。)

最終的には必要量の30gが目安となりますが、ご無理のないように調節していければ良いかと思います。

①まずは5~10gを1日1回摂取する。

②慣れてきたら増量(15g)、もしくは2回のタイミング(朝:5~10g、夜:5~10g)で飲んでみる。

③胃腸の状態をみて徐々に増やしていただき(朝:10~15g、夜:10~15g)、最終的に必要量(30g)摂取する。

体に本当に必要な30gをとるところまでは、徐々にならす必要がありそうです。そこでアドバイスにあったように、朝は10gに減らし、夜に5gを飲むことにしました。これで少し様子を見ようと思います。

f:id:nazenanido:20160601211235j:plain

夜はコーンポタージュに入れてみました。これは合います。プロテインの粉っぽさが完全に消えました。お味噌汁に入れるというのもありかもしれません。実践の中で自然にプロテインを摂り入れられるようにしてみたいと思います。まずは3ヶ月の実践ですが、体調にどんな変化があるか楽しみです。

まとめ

メグビーの管理栄養士様は本当に丁寧にご返信をくださいます。心強いですね。

薬ではありませんので、健康上のアドバイスなどはできないのでしょうけれど、よく学ばれ、実践されていることが分かります。三石理論に基づいているのであれば、多くの病気にもヒトフードは有効なはずです。病気の食事療法はあまりにも玉石混交です。基本的な栄養素が足りていなければ、自分自身の免疫力を働かせるといっても限界がありますよね。

私個人はヒトフードがここらへんの突破口になるのではと考えています。

広告