カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

朝一番で太陽の光を浴びると実に気持ちが良い!これは続けたい習慣だな~。

f:id:nazenanido:20160630065537p:plain

早起きウォーキングが最高!

今朝は5時50分起床、すぐに散歩に出かけ、近くの公園のベンチで15分くらい陽を浴びてきました。ウォーキング(運動)というより、朝に5船も強力な太陽の光を浴びることが目標です(参考:早起きウォーキングの効用!朝15分でマスタークロックを目覚めさせる!)。

太陽の力強いエネルギーにさらされると、不思議なくらいネガティブ思考はわかないものです。これは気持ちが良い時間だなと、なかなかベンチを動けませんでした。一日を開始するのに良い習慣ですので、7月度の早起き目標の中に、この朝ルーティーンを取り入れたいと思います。

太陽でマスタークロックが目覚める

睡眠障害を治すため「光療法」というのがあることは聞いていました。実際に、朝起きるとタイマーでまぶしい光を顔にあてるというマシンもあります(ちょっと買おうかと思ったことがあります、笑)。強い光が目に入ると、メラトニンの分泌が止まります。つまり、睡眠の時間は終わり、朝が来たという区切りとなるのです。

しかし、やはり光なら太陽に勝るものはありませんね!

オフィス(蛍光灯など)の照度はだいたい500ルクスなのだそうです。明るく見えても、実は暗い。この500ルクスは脳の中のマスタークロック(体内時計の指令室)が「夜が来た、暗いから寝ましょう」という指令を出すレベルなのだとか。もし、在宅ワーカーで朝に家を出ないで、仕事しているような人は、朝の指令を脳から受けないままということになります。

それに対し、脳が「うわっ朝だよ!」と気が付くのは、太陽の強い光を受けたときです。起床後4時間以内の陽の光で脳は目ざめます。太陽の光と、人工の光では桁違いですね。

照度単位:ルクス

光源:太陽光(昼)
快晴 120,000~100,000
晴天 100,000~50,000
曇天 50,000~10,000
雨天 20,000~5,000

光源:蛍光灯
事務室・会議室 300~600
食堂・廊下 200以下
階段・喫茶店 100以下

曇りの日の照度(ルクス)を教えてください - 科学 締切済 | 教えて!goo

窓際で太陽の陽を浴びつつ、新聞を読んだり、テレビを見たりしても良いのですが、やはりおすすめは、外に出ること。全身に太陽の光を浴びる気持ちよさは確実です。完全に起床する感じがやみつきになっています。

最近、お気に入りの場所は、駅の中のこのベンチです。太陽の光が直撃する場所です!
f:id:nazenanido:20160705053630j:plain

朝、フラフラと、駅まで歩いていきますが、このベンチでしばしボケっとします。太陽の陽を浴びて、完全に目覚めるというわけです。だんだん、このルーティーンは固定化してきましたよ。

太陽を浴びないのは万病の元(哀川翔)

セロトニンがどうのとか、メラトニンがどうのとか、いろいろ脳科学に基づいた理論はありますが、哀川翔さんの言葉にグッときました。やはりこの人はすごいです。

「太陽を浴びない人間が多いから、世の中おかしくなるんだよ。自律神経や体内時計が狂うと眠れなくなったり、うつ病になったり、体のあちこちが悪くなるわけ。なんだかよくわかんないけど体調が悪くて病院に行くと、「自律神経失調症です」なんてよく言われているじゃん。あれは太陽を浴びていないからだって。太陽を浴びないのは万病の元なの。」(P33)


「朝日しかない効力ってあるんだよ。そもそも単純に朝日って気持ちいいじゃん。見るだけで「ウォー」みたいな。」(P35)


「やっぱり人間は太陽を浴びないとダメよ!太陽の光を浴びていないと、動物としてどんどん弱っていくから。人間が人間らしく元気に健康に生きようと思ったら太陽はすごく大事。だから今、元気がないやつが多いんだと思うよ。」(P35)




早起きは「3億」の徳


【書評】早起きは「3億」の徳 哀川 翔(東邦出版)

この力強さ。ゴーストライターには書けない文章ですね、笑。哀川さんの行動スタイルは、すんごく、パワフルでエネルギッシュなのですが、その理由は、おそらく超早起きと朝日の効用にありそうです。私も真似してみたいと思っています。

太陽の陽を浴びるとメラトニンが消える

「私は毎朝、起きてから窓を開けると、太陽の光を浴びながら深呼吸するようにしています。両腕を大きく回しながら、鼻からゆっくり吸って、口からゆっくり吐き出すだけ。ラジオ体操の最後にやるような基本的なものです。これを3回か4回繰り返すだけで、不思議なことに、頭がすっきりします。気分が明るくなって、やる気も出ます。」(P83-84 )

「太陽の光を浴びながら深呼吸すると、それまで脳に溜まっていた「メラトニン」という物質が消える、というのです。メラトニンは、暗くなると脳内で分泌され、睡眠を促進するホルモンです。夜、眠るときには必要ですが、朝も脳内でウロウロされると、いつまでも眠気が去りません。このメラトニンを追い出す方法が、朝、太陽の光を浴びて深呼吸することなのです。」(P84)


明日から「朝型人間」になる! リバウンドなし!人生が好転する早起きメソッド 美波 紀子(SB新書)

科学的な効果として、太陽の光でメラトニンが消えるということをあげられるかもしれません。このことが分かれば、まず朝一番で外に出ようというモチベーションが高まります。一日の健康度(メンタルも身体も)が大きく違うんですよね。

まとめ

最近の習慣化チャレンジの振り返りに一記事書きました。今日で、早起きの習慣化30日目です。習慣化チャレンジを始める前は、下手したら24時就寝→9時半起きでしたが、現在までで就寝23時→6時起きはほぼ定着しました。あとは、夏の間に徐々に起床時間を押し上げて(同時に就寝時間も早めて)5時台に起床して、活動を開始できるといいなぁと思っております。

習慣化チャレンジにはすごい力がありますよ。人生の質が一気に上がりました。おすすめです。

tosituseigen.hatenadiary.jp

tosituseigen.hatenadiary.jp

広告