カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

習慣化チャレンジ成功の秘訣は毎日「日記を書く」ことだった!「自己観察技法」の応用とは。

f:id:nazenanido:20160710071424p:plain

過去にも早起きにチャレンジしたことがあります。何度も5時起きを数週間続けていました。しかし、すっかり逆戻りしました。リバウンドを繰り返してきた過去があります。ですから、自分に関しては、油断はしていません。できているように見える、この2か月近くも、まだまだ確立された習慣ではないことはわかっています。

今は、夏のなので起きやすいですが、冬になると一気に挫折ハードルは上がります。

習慣化チャレンジ+日記を書くこと

さて、今回、習慣化チャレンジを行うに際し、意識して取り組み、実際に効果を上げた方法があったので、書き留めておきたいと思います。それは習慣化チャレンジのための日記を用意し、それを毎日、朝書くことです。驚くべきことに、目標を意識し、それを毎日書いているだけで、その目標の成功率は高くなってきます。

参考:早起き実践記(日記)

今回は手書き日記ではなく、専用のウェブサイトを作って、そこに書き溜めていくことにしました。

記録することの効果!「自己観察技法」

「誰かが(自分を含めて)行動を観察したり記録したりするだけでも人の行動は変化するが、これを心理学では「反応性効果」という。そして反応を導き出すために自分の行動を観察・記録して行動を修正する技法を「自己観察技法」という。」(157)


「どんなことでも自分を観察対象にすれば、その活動をより意識的に自覚し、もっと頑張ろうと努力するようになる。あることに注意を傾ければ、なんとなくやっているより、ずっと良い結果を出せるのは当然のことだ。だから自分がしている重要な活動に意識的に焦点を合わせることで、次第に素晴らしい結果を出せるようになる」(159)


「先延ばし」にしない技術 イ・ミンギュ サンマーク出版

記録すると、良かった点、修正点が正確に分かります。どこをどう調整すれば、もっとよくなるか分かります。

例えば、今回の早起きチャレンジの場合、グリシンを飲んでからは、中途覚醒がほとんどなくなり、睡眠時間が1時間短くなったことも分かります(参考:睡眠を深くする「グリシン」を入手しました。これから1か月試してみます。 - カラダシホン日記)。寝る時間がカギで、夜に何もせずにパット眠れば、4時半起きも可能であることが分かってきました。また夜寝る時間を早めるためには、夜の食べ物や食べる時間が大事です。

記録をとれば、どこが原因で、どこに障害が生じているかも正確に把握できます。これはすごいことですね。過去にレコーディングダイエットが話題になったことがありますが、定期的に体重を測るだけでもやせていきます。


レコーディング・ダイエット決定版 (文春文庫)

60代の叔父はスリムな体形を維持していますが、毎日、2回体重を測ります。微増していれば、その日の食習慣を思い出し、その日のうちに改善します。この小さな積み重ねが、中年太りを抑止しています。ただ記録するだけでいいのです。

本当に「記録するだけ」でいい

「先延ばし」にしない技術の中には時間管理に取り組んだ学生の例が取り上げられていますが、まさにこの通りの経験を私もしています。今回の場合は、早起きですが、就寝時間、起床時間、眠りの質などを記録していくだけで、勝手に目標達成に向けて人生が動いています。

「自分自身を観察しながら勉強に集中している時間を記録してみたら、最初の何日かであまりに多くの時間を浪費していることが分かりました。講義時間3時間を除くと、自分で勉強する時間は1時間20分にしかならないという事実を知り、本当にびっくりしました。ところで、時間使用の内訳を記録していると、不思議な変化が起こりました。ただ記録しているだけでも、勉強する時間が増えたのです。自分が時間をどう使っているかを観察して記録するだけで、こんなにわかるのだという事実に驚きました。


そのもっとも大きな理由は、記録を付けていると自分の行動をしっかりと見つめなければならないからでしょう。また、これまで時間を無駄にしてきたのは、自分の行動を意識せず、ただ何となく過ごしてきたためだと思いました。」(162)


「先延ばし」にしない技術 イ・ミンギュ サンマーク出版

これを活用すれば、習慣化チャレンジを成功させ続けることができます。

Twitterを使って記録していく

今後、考えているプランは、このためにTwitterを使うことです。サイトに日記を書くのも良いのですが、正直、サイト作成ソフトを立ち上げて日記を書くというのは面倒くさいです。この習慣は、面倒で続かない可能性があります。しかし、Twitterなら、スマホから一瞬にしてつぶやきの仕方で記録を残せます。

この日は4時半に起床して、布団の中からつぶやきました。これが習慣になれば、記録のハードルは下がりますね。ちなみにTwitterは自動的にgooブログと連携して、まとまっていきます。これも気に入っています。

参考:ヨシノリハラ語録(Twitterまとめ)

まとめ

今回のチャレンジは失敗したくありません。今回の習慣化チャレンジは、過去のどのチャレンジよりも成功に近くなっています。私の人生にも大きなインパクトを与えています。3か月で後戻りしない型を築きます。なんども、このように宣言するのは、宣言することによって、挫折を防ごうとする必死の努力です。あとで見直したときにどう思うでしょうか?

「人は言葉や文章で自分の考えを公開すると、その考えを最後まで守ろうとする傾向がある。これを「公開宣言効果」という。」(P68)

「先延ばし」にしない技術 イ・ミンギュ サンマーク出版

今後、姿勢矯正や筋トレなど、これまで挫折してきた身体習慣にチャレンジしていきますが、チャレンジするたびに、コンテンツも充実していくのが、また良いですね。

おすすめ本

「先延ばし」にしない技術

「先延ばし」にしない技術

広告