読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

朝からスッキリ起きるために布団の中で「深呼吸」する習慣は効果があるか?ちょっと微妙かも。

f:id:nazenanido:20160719063714j:plain

二度寝防止のために、朝から大きく深呼吸すると良いというノウハウを読みました。なかなか面白い!と思ったのですが、実践してみると、申し訳ないのですが、これはかなり微妙な気がしました。

朝から深呼吸の覚醒効果?

「フゥー、フゥーッ!朝6時にアラームが聞こえたとき、上半身を起こした私は、思い切り膨らませた頬から息をフゥーっと吐き、それを、2,3回繰り返しました。すると、不思議な感覚が訪れました。眠気がスーっと抜け、頭の中がクリアになっていくのをはっきりと感じたのです。


もう1回、口を尖らせてフゥー!と強く、長く息を吐きました。今度は、眠気がすっかり消え、ショボショボしていた目がパッチリ開きました。このすっきり感はなんなのでしょう?私はなんだかおもしろくなって、フゥー!フゥー! フゥーッ!と3回続けて、今度はゆっくり息を吐いてみました。すると、完全に目覚めました。頭もはっきりしています。」(P39)


「目が開いていなくても、大きく息を吐くことはできます。ベッドに横になったまま、もう少し寝ていたい、という気持ちのままで大丈夫です。5回か6回、フゥーッと思い切り長い息を吐いているうち、頭が冴えて、目が覚めます。・・・思い切り長い息を吐くからには、反動として、大きく長く息を吸うことになります。たっぷり息を吸い込んだ瞬間、それまで脳を支配していた副交感神経に代わって、交感神経が前面に出てきます。

こうなれば、血圧、体温、心拍数、呼吸数のすべてが上昇し、血流が速くなって脳が活発に動き始めます。だから、頭も目もすっきりするというわけです。」(P42)


明日から「朝型人間」になる! リバウンドなし!人生が好転する早起きメソッド 美波 紀子(SB新書)

まずだいたい、朝起きた瞬間に息を吐くって、けっこう難しいです。ほとんど息切れしたような状態で、長く息など出ませんでした。何度か、このスタイルで、朝起きようと思ったのですが、起きられませんでした。むしろ、あいうべ体操をちょっとやってみたら、そのほうが良かったです。

しかし、私は、この方法では起きられないな~と自覚して、違う方法をいろいろ探すことにしました。今では、二度寝に負けませんし、朝からスッキリ起きることができています。
tosituseigen.hatenadiary.jp


参考:
yoshinorihara.hateblo.jp

広告