読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

口呼吸をやめ鼻呼吸を身に着けるために!睡眠中に口を閉じるテープ「ねるねる」を試してみた。

睡眠 習慣化チャレンジ 鼻炎 呼吸法

f:id:nazenanido:20160717195659j:plain

睡眠中に口を閉じるテープの「ねるねる」です。寝ている間に、口がポカンと開いてしまうのは普通のことだと思っていましたが、そうじゃないんですね・・。寝ている間に口を閉じて、強制的に鼻呼吸させることで、普段も口ではなく鼻から呼吸する「習慣」を身に着けようという趣旨ですね。早速、第二弾の習慣化チャレンジとして実践中です。まず21日間続けてみます(21日間分テープが入っているので)

鼻呼吸のメリット、口呼吸のデメリット

それこそ、人間は、寝ている時も含めて休むことなく呼吸しているわけですから、この習慣を、健康になる習慣(鼻呼吸)に置き換えられたらすごいですよね。実は口は空気を吸い込むための器官ではないのだとか。吸気は必ず、天然の加湿器ともいえる鼻を通してということですね。

鼻呼吸の場合

「①繊毛と粘膜によって、異物がブロックされる。
②副鼻腔で取り込んだ空気の湿度や温度が調整される。
③鼻腔でブロックできなかった異物が、上咽頭で捕捉される。」


口呼吸の場合

「・冷たく乾いた空気が、咽頭や喉頭を通り、粘膜を痛める。
・口の中が乾燥するため、悪玉菌が繁殖しやすくなる。」(P54)


正しく鼻呼吸すれば病気にならない 今井一彰 KAWADE夢文庫

結局のところ、すべては習慣です。私は鼻炎で、鼻が詰まり気味ですが・・・鼻を使わずに呼吸すればするほど、鼻は使えなくなります。しかし、鼻を使えば使うほど、通り道は広くなります。どこかで意識して、強制的にでも、鼻の通りをよくしてあげなければならないんですね。あいうべ体操と共に、集中的に、この一か月ほどを鼻呼吸を身に着けることに費やします。

ねるねるを使った感想

これは私ではありませんが、ねるねるを使った感想動画がアップされていました。

なんでも効果がはっきりしてくるまでは数週間かかるものです。ねるねるは21日間分のテープが入っているので、とりあえずは21日間継続してみて、体に現れる効果を計測したいと思っています。この記事を書いている時点では、2日間続けてみましたが、眠りが劇的に浅いです、笑。

一晩中うなされているような感じで、いつにもまして、夢が鮮烈です。初日は朝方に勝手にテープをはがしてしまっていました。何事も、最初は大変なものです。今までしてこなかったことをするってのはそういうものです。とはいえ、その努力、睡眠中に勝手にしてくれるわけだから、楽といえば楽ですよね。使い続けた感想をアップしていきたいと思います。

追記

チャレンジ3日目で一度、ねるねるを中止することにしました。かなり強い睡眠不足に陥ったようです。早起きチャレンジをしてから初のことでしたが、耐えられないほどの強い眠気を感じ、昼に2時間、昼寝をしました。ねるねるを貼ってから、眠れていなかったような感じです。数日後に大きなイベントが控えており、体調管理も必須だったため、今回は、一時期実践を中止し、1週間後に再開しました。最近は鼻炎がひどいのも原因ですね。さっそく障害ですね。

まとめ

新しいことにチャレンジするってのは素晴らしいことです。そして少しのチャレンジも裏切らず体には効果が表れ始めます。習慣化チャレンジの大切な原則は、一度に身に着ける習慣はひとつだけですが、今回のように、睡眠中の時間を賢く用いれば、習慣化が加速しますね。ほかにもこういう方法を使えないか、試してみたいですね。


ネルネル 21回用 (口閉じテープ)

広告