読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

「やりたいことが見つからない」って本当?喜びの「小さな瞬間」に注目する習慣!

f:id:nazenanido:20160721072115j:plain

目標を定めようにも、本当にやりたいことが見つからない、わからない、という人は多いものです。でも、これって辛いことです。人生が楽しくなくなっちゃうから。というか、頑張りがきかなくなりますよね。

マラソンだって、サッカーだって、バスケだって、明確な一つのゴール(目標)があって、そこに向かってプレーするから楽しいわけですが、もし、目標が不在なら、ゴールがあいまいなら、その時間のプレーは空虚になります。「自分、何やってんだ」と思っちゃいますと、一気に無気力になるよね。特に、ゴールのないマラソンなんて、体罰ですよ、ほとんど。

目標の無い人生は無意味です。喜びも半減するでしょう。そういう人は多いかもしれない。だからこそ、自分がどこに向かっていくべきなのかを知っている人は強いです。

といっても、いきなり、自分に「目標は何か」と問いかけても、問いが大きすぎて答えはなかなか出ません。そんな時、明確な答えを引き出す素晴らしいテクニックが「小さな瞬間」を見つけ出す、というものです。

「小さな瞬間」を見つけ出す

「自分の周囲に目を配り、隠れた喜びの瞬間を見つけ出そう」


「あなたが喜びを感じる変化の瞬間に焦点を当てよう。むずかしく聞こえるが、たいていの人は少なくとも一つくらい、楽しいと思える瞬間を思いつくものだ。」(P199)


脳が教える! 1つの習慣 ロバート・マウラー (著), 本田 直之 (監修, 監修), 中西 真雄美 (翻訳)

「小さな瞬間」とは、自分が「喜びを感じる瞬間」のことです。どんなに退屈な仕事でも、嫌でたまらないと感じる場面の中でも、人は「楽しい!」と感じる瞬間を持っています。それを見逃さないことです。

今の仕事の中で楽しいと思える瞬間を探す

「脳が教える!1つの習慣」の中では、警察官のジョージの例が取り上げられています。これが興味深いです。

f:id:nazenanido:20160721071333p:plain

ジョージは警察官の仕事がいやでたまりませんでした。しかし、自分がどんな仕事に転職したらよいかというのも、分からなかったのです。そこでマウラー博士から与えられたアドバイスが、「今の仕事の中楽しいと思える瞬間を書き出す」ということ。

最初は、「楽しいこと」など無いように感じるのですが、だんだん、ジョージは、今の仕事の中でも「楽しい瞬間」を発見しだします。彼の場合、それは、パトカーの中で犯罪者と会話し、彼らの悩みを聞いたり、アドバイスをすることでした。留置所に行って、彼らと話すことさえ、「楽しみ」にしている自分に気づきました。

ジョージは、人の話をよく聞いて、アドバイスをしたり、励ましたりする、いわば「カウンセラー」が自分のゴールであることに気づきます。現在、彼は、心理学講座に通いながら目標を達成したいと思っています。まだ、警察官はやめたわけではありませんが、思考に変化が生じました。

「いまは新しい仕事のための経験を積んでいるのだと考えるようになってからは、警察官の仕事もおもしろくなってきた。」(P198)


脳が教える! 1つの習慣 ロバート・マウラー (著), 本田 直之 (監修, 監修), 中西 真雄美 (翻訳)

誰でも、毎日の生活の中で「楽しいと思える瞬間」を持っています。しかし、意識していないと、それはすぐに過ぎ去ってしまいます。不平とか、不満とか、ネガティブな感情が沸き起こってくるときに、一日を振り返ると、何一つ良いことが無かったと感じます。でも、それは実際には錯覚にすぎませんよね。実際には、毎日、毎日、喜び、楽しみの瞬間が、誰にでもあるものです。

この本の中では、ジョージは、自分がカウンセラー適性があることに気づき、転職を考えていきます。しかし、必ずしも転職しなくても(警察官のままでも)ジョージは「自分のやりたいこと」を実現していけると思います。警察官というポジションのまま、自分の特性を最大限生かしていくのもアリではないでしょうか。

「記録」する癖を作ろう

時々、大きく考えすぎて、小さな瞬間を見逃してしまうことがあります。「~~の仕事だからつまらない」とか「~~の場所ではしょうがない」とか。でも、どの瞬間にも、やはりその人にとっての輝く瞬間があります。これは、ほんと、面白いくらい人それぞれです。だからこそ、自分にとっての「小さな瞬間」を見逃さないようにすることが大事です。


マルマン B7 メモ 図案シリーズ N150

私は小さなメモとボールペンを常時、携帯しています。スマホなどのデジタルツールも良いのですが、やはり、アナログメモは早い!パッと書きとれるもんね。これで、日々、「喜びを感じた瞬間」をメモしていくのです。一日のうちに、どれくらい「喜びの瞬間」があり、それがどんな分野に偏っているのかをチェックできると、自分にとって何がやりたいことなのか?はっきり分かってきます。

まとめ

もしかすると、出世とか収入とか、メディアとかほかの人の意見で形作られているだけかもしれませんもんね。実際には到達しても、本当は求めていなかった、みたいな。自分にとっての目標をちゃんと持つってことはほんと、大事なことですね。

広告