読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

実は「やるべきこと・やりたくないこと」から逃げている?その忙しさの背後にある理由(自分への「戒め」のために)

ストレス 自己啓発 仕事術

f:id:nazenanido:20160801125102j:plain

本当はやらなければいけないことがあるのに、気が付くと机の整理をしてしまったり、新しい企画を立て始めてしまったり、調査にはまり込んだり、新たなプロジェクトを複数受注してしまったりしてしまいます。すぐ気づくんですけど、例の「アレ」だと。

私の場合は、大きなストレスがかかってくると本をたくさん買うようになります。ぜんぜん、本を読む時間が無いのに、どんどんアマゾンから本が届くので(私は電子書籍より紙派ですので)家族もあきれ返っています。つい先日も10冊以上届きました。しかもKindleで読み放題に励んでいます、笑

tosituseigen.hatenadiary.jp

実は、これ逃避行動ですよね。やるべきこと、大事なことほど、億劫になり逃げたくなります。やるべきことこそ、やりたくないと感じるのです。そのために、やらなくていい言い訳を作ろうとします。自分でも気が付いているのですが、この癖はなかなか抜けません。本日は自分への戒めのために記事を書きたいと思います。

何のために「その仕事」をするのか?

「やりたくない仕事から逃げるためのいちばん簡単な方法は、その仕事と少しでも関係があって、しかも楽な仕事を見つけることだ。」(P166)


「人間は本当に重要だけれどもやりたくない仕事(頭を使わなくてはならない仕事)があるとき、単純な仕事(頭をあまり使わなくてもいい仕事)をすることで、ストレスから逃げようとする傾向がある。」(P166)


「先延ばし」にしない技術 イ・ミンギュ サンマーク出版

正直、痛い指摘ですが、これは真実です。本当に気を付けていないと、実はそれほど重要ではない仕事を自分でどんどん増やそうとしている「もうひとりの自分」に気が付くことがあります。でも「これも重要だから」という言い訳を上手につけて、本当にやるべきことから逃げています。忙しい、忙しい、と感じている時ほど、これは意識しなければなりません。実際に、しなければいけないことを放置するための、言い訳を自分で作り出しているのかもしれないから。

実際には、本当に生産的に行動している時ほど、忙しくは無いものです。いつもできるわけではありませんが、日々のタスク管理のために、私は、MIT(Most Important Task)というシステムを導入しています。これを理解してから、少しは、この逃げ癖が治ってきたように思います。

「やるべきこと」が「やりたくない」理由

本当に重要なことほど、逃げてしまいたくなるのは、重要なことは取り組むのに時間がかかることが多いビッグタスクだからです。「どこから手をつけて良いかわからなくなる」。この頭の混乱状態が、及び腰になってしまう理由です。習慣化コンサルタントの古川氏は、これを牛肉を食べるたとえで説明しています。

目の前に牛を一頭連れてきて「はい、食べてください」と。

食べられますか?

いくら牛肉が好きでも、これだと、大きすぎて(重要度も含め)手をつけられなくなるのです。これが、大事な仕事ほど、先延ばししてしまう理由です。この「理由」が分かってくると、対策も立てようがあります。

「チャンクダウン」という「技術」

チャンクダウンは、習慣化コンサルタントの古川氏が好んで使われる言葉ですが、大きな仕事を、小さく「分解」していくというくらいの意味です。牛一頭は一気に食べられませんが、サイコロステーキなら食べることができます。

ですから、まず、重要度の高い仕事も、15分少々でできる小さな仕事に分解していくことから始めると良いというわけです。例えば、私の場合は、トータルで1記事5-6時間かかるライターのお仕事を受注することがあります。一気にやろうと思うとユーウツでしょうがありません(実際に仕事をしている時には集中していて楽しいのですが)。

そこで、この仕事を徹底的に「分解」していくわけです。

・構成を決める
・投稿画面に構成だけを抜き出して下書きを作る
・1つの見出しごとにリサーチする
・1つの見出しごとにライティングする

だいたい15分くらいでできる仕事に小さく割るわけです。そうすると、仕事への恐怖感はいくぶん薄れます。ここまで来た時点で、MITというタスク管理システムを使います。

もっとも重要なタスク「MIT」

「MITとは、その日ごとに絶対達成したいタスクのことだ。私は毎日3つ、MITを選んでいる。とりあえず3つからはじめて様子を見てみるといい。「今日は何が何でもこれをやり遂げたい!」というものがMITだ。だから、私はいつも朝一番にとりかかる。朝起きて、水を一杯飲んで目を覚ましたらすぐMITだ。」(P99-100)


「家でもオフィスでも、選んだMITには朝一番にとりかかること。とにかくその日一番にやっつける。時間が残ったら、何をするのも自由。そうなるともう、おいしいおまけをもらったようなものだ。」(P101)


減らす技術 レオ・バボータ ディスカバー

すでにやるべき(でもやりたくない)仕事は細分化され15分単位でできる大きさになっているので、これを朝一番の仕事とします。私の場合は、レオ・バボータ氏とは違い、朝のルーティーンをしっかり守ったうえで、仕事開始時間の最初に難易度の高い仕事を片付けます。手をつけるまでは力がいるのですが、いざ実際にやってみると、そうでもありません。勢いに乗れば、ググッと重要な仕事が進むようになります。

極論を言えば、その仕事さえ終わってしまえば、あとはMITではない、つまり最も重要な仕事ではないわけです。この解放感は素晴らしいです。そこで、なんとか、この解放感を味わうために、朝一番を気合を入れて使います。私の場合だと、8時半~9時が仕事の開始時間ですので、夜、もしくは早朝に、MITを決めて準備しておき、仕事開始時に全力を出しって突っ切ります

やはり、これは、成功している人の特徴ですね。いかに、やりたくない仕事でも、自分を動かして、行わせることができるか。そして、ここにはシステムが必要です。もちろん、分かってはいても、どうしても逃げてしまうこともあります。その都度、このことを思い出したいと思っています。

まとめ

「経営コンサルタントのデニス・ウェイトリーはこう言っている。「失敗する人は常に緊張を解くための仕事をし、勝利する人は目標を勝ち取るための仕事をする。」(P170)


「失敗する者は常に、将来は苦痛の種になるかもしれないが当面は楽しい仕事に一生懸命になり、成功する者は、将来的に大きな満足を与えてくれるが現在は苦痛な仕事ーつまり失敗する者が嫌う仕事を先にする。」(P171)


「先延ばし」にしない技術 イ・ミンギュ サンマーク出版

これは名言だな!

っていうか・・・

ほんとは、1年に一度の繁忙期。ブログ書いてる暇なんてないはずなのに、何やっているんだ・・自分は・・・

(ハッ!!!)

f:id:nazenanido:20160801125311p:plain

広告