カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

顧客目線で丁寧に解説!「保険会社がぜったい教えたなくい!良い保険の掛け方: 家族を守る4step 」岡本良次 (著)

安価な自費出版Kindle本?と思い、あまり期待していなかったのですが、思いのほか丁寧に、保険の選び方が書かれており、好印象でした。著者自身も、保険代理店をなさっているようですが、自分がどんなものを勧めるか?や、自分はどんな保険に入っているのか?も説明しています。いたずらな批判本にならずに、冷静に読み進めることができます。分量もそれほど多くないので気軽に読めます。コスパを考えると悪くない情報商品です。


保険会社がぜったい教えたなくい 良い保険の掛け方: 家族を守る4step

保険の知識

ダメな生命保険のチェック

今この時から、「終身(もしくは養老)100万円」「10年満期」「更新型」という言葉が入っている「生命保険」の契約を見つけたら、ほぼ確実に財産を食いつぶしています!すぐ見直しをされるべきです!

ブログでも同じ点をさらに詳しく、事例付きで説明してくださっています。
参考:ダメな生命保険契約の簡単チェック!「終身100万円」か「10年満期」か「更新型」という文字を探せ|保険屋は自転車をこぐ。

共済と保険の違い

「共済」というのは「助け合い」を意図したシステムで「県民共済」「 JA共済」「国民共済」 「コープ共済」など様々なものが有りますが、「保険」との違いは、もし大規模災 ​​害などで非常に沢山の方が被災されて、各「共済」の口座内に蓄えられている金額では補償額(共済金)を支払いきれなくなった場合は口座内にある金の額だけを分配すればいいということです。


対して「保険」は、会社としてしっかりと「契約」をしていますから、保険会社が負債を抱えようとも、たとえ倒産しようとも「契約」通りの補償額(保険金)を支払わなければなりません。これが「助け合い」である"共済」と「契約」で縛られている「保険」の違いです。確かに「保険」の方が安心度は高いのですが、こと個人の「死亡補償」として考えた場合、私はさほど心配ないように思っています。もちろん絶対ではありませんので、ご心配な方は各保険会社からパンフレットを取り寄せてご検討されますべきだと思いますが、私は「県民共済」でカバーしています。

共済と保険の違いを初めて知りました。

これで、共済は助け合いだというわけですね。共済のデメリットを理解したうえで、掛け金が安いというメリットを選ぶ人もいるかもしれません。冷静に各種のパンフレットを比較してみたいところですが、必ずしも共済が良いと言えないのも事実だそうです。何を重視するか次第でしょうけれどもね。
hokensc.jp

医療保険の目的

「医療保険」で支払われるお金には二通りの種類が有ります。

1、治療費負担のためのお金2、収入保障のためのお金皆さんが入られている「医療保険」を確認してみてください。万一の時に支払われるお金が「入院1日に付き10000円」というように日額方式で記載されていたとしたら、その補償の考え方は 「収入保障」です。病気の「治療」にかかる費用は、一日いくらでは計算出来ないからです。対して、診療点数に対していくらとなっていれば、その補償の考え方は 「治療費負担」です。」

本を読んでいるときは正確に理解していませんでしたが、入院に対しての日額の保障は「収入保障」だというのが、下記の著者のブログ記事を読んで分かりました。

参考:【日額給付型】医療保険の「払い方」と「もらい方」の区別・・・その1。|保険屋は自転車をこぐ。

この手の医療保険の場合は、入院したり、働けない分を日当型で保障しているわけですね。だとすると、高額な医療費などに対応する保険はまた別の種類ということになります。そこで著者がお勧めするのが、実際に高額な医療を受ける際の備えとしての医療保険です。

こう問いかけます。

「医療保険」の本質でもある本来の目的「生きるための保険」になっているか?

下記の二つの記事では、ご自分の経験にも即して、説明されているので分かりやすいですが・・
【実費給付型】医療保険の「払い方」と「もらい方」の区別…2|保険屋は自転車をこぐ。
大病院の実態~殺されかけたかもしれない父。(T-PECの医療サービスが不可欠な理由)|保険屋は自転車をこぐ。

医療保険に付随しているサービスである、T-PECを推しています。これは、セカンドオピニオンを求める際に、大いに重宝するであろうシステムですが、腕の良い信頼できる医師を推薦してくれるサービスです。ただ単純にお金が支払われるだけではなく、ふさわしい治療を受けられるように備えまでできる保険だと、確かに保険料を払っている価値があるかもしれませんね。

この本を読んで初めて、この手の医療保険について知りました。著者の体験談も読むと、納得させられますね。

まとめ

大変良心的に書かれていると感じた一冊です。著者自身の保険管理エクセルを公開していますが、この表を用いて各種の情報と連絡先を整理するというのはとても良い方法ですね。いろいろお勉強になりました。ちょうど、医療保険についていろいろ調べていたので、しっかり理解を深められました。

こういう保険屋さんが近くにいてくれると、相談したいと思いますね、やっぱり。


保険会社がぜったい教えたなくい 良い保険の掛け方: 家族を守る4step

1,はじめに~宝物である子供達、そして皆様の笑顔のために
2,Step1:ダメな生命保険契約の簡単チェック~この“言葉”を探せ!
3,Step:2勉強中の保険屋ではありますが、私は「こういう契約」をしています。
4,Step:3生きるための「保険」~必要なのは治療費ですか?収入補償ですか?…それとも?
5,保険の「早見表」を持ち歩く安心。~単なる「保険」から本当の「安心」へ転化するために
※無料特典「早見表」付き

広告