読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

祖母の家の片づけをして、コウケントー(光線治療器)をもらい受けました。

がん治療 温熱療法

f:id:nazenanido:20161229190410j:plain

亡くなった祖母が住んでいた実家の片づけをしていますが、コウケントーの光線治療器をもらいました。こちらです。今でも意外と高くて10万円くらいするものです。意外に愛用者が多いと思います。


【無料健康相談 対象製品】コウケントー2号機 【特定管理】【02P06Aug16】

現在、妻の実家の義母にいくつか治療が必要な状況になり、せっかくならということでもらってきました。怪しいと思う人がいるかもしれませんが、私にとっては、光線治療器は思い出の品の一つです。

祖母のがんと光線治療器

私がそもそも健康に関心を持ったのは、おばあちゃんの癌発症でした。おばあちゃんは50歳代で5か所に転移したがんを患いました。乳がんが原発でしたが、膀胱、子宮などに転移し、医師からは末期と宣告されていました。乳がんは摘出手術を受けたものの、その後は、抗がん剤、放射線は一切受けず民間治療一本で乗り切ってきました。民間治療の肝にしていたのが、蓮見ワクチンと、このコウケントーの光線治療器でした。

幼いころ、おばあちゃんが毎日光線をかけているのを見ていました。やけどや外傷には驚くほど効き目の高い光線ですが、祖母の癌にも効果があったのか不明ですが、おばあちゃんは長生きしましたので、口コミで光線治療器を使う人が周りにものすごくたくさんいたのを覚えています。私も小さなころは、熱を出したり、具合悪くなると、まず光線をかけたものです。

f:id:nazenanido:20161229190443j:plain

f:id:nazenanido:20161229190549j:plain

正直なところ、理論はよくわかりません。

カーボンを使って、太陽光線に類似する光線を出しているとのことですが、太陽光線の力が人の病気を治す?。この辺はあまり腑に落ちてはいないのですが、幼いころから見ているだけあって、光線は効く、そんな感じがします。今は、大人になりましたし、少しは理論も分かるかもしれないので、理論書を熟読しようと思っています。


可視総合光線療法 遺伝と光線

お正月は帰省し、義母に光線のかけかたを教える予定です。ある程度、相談にも乗ってくれそうなので、コウケントーの会社、カーボンの販売会社などに具体的な相談をしてみようかと思っています。参考:光線治療器コウケントー・純正カーボン専門店 | 光線療法ひだまり

広告