読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

体に必要なタンパク質の量はどれくらいなのか?MEC+ヒトフードで必要量を摂取!が「習慣」に。

f:id:nazenanido:20170106163747j:plain

糖質制限が入った食養生ですが、現代人の栄養問題の根っこは、糖質過剰と同時にタンパク質不足ではないだろうかと考えるに至りました。もちろん、ここに来るまでにはMECの教えが大きかったです。現在は、毎食食べたものを写真に撮ってEVERNOTEに記録していますが、糖質制限を行う前の食事ときたら、朝食は食パンとコーヒー、昼食はラーメンとチャーハン、夕食はカレーのようなものばかりでした。つまり、90%くらい糖質なのです。糖質の害もしかりですが、体を作るたんぱく質が圧倒的に欠けています。

とにかくタンパク質とるべし

がんの食事療法などでは、肉を食べる食べない論議が燃え盛っていますが、そんな低レベル?の話より、体を作るのに必要なたんぱく質足りてますか?というところをちゃんと議論すべきです。その分、MECはとにかく肉を食べなさい!と勧めるので、分かりやすく効果も出やすいと思います。特にガン患者の食事療法では、粗食は致命的になる気さえしています(一素人の感想です)


がんになったら肉を食べなさい (PHPサイエンス・ワールド新書)

下手な鉄砲でも打てば当たります。

とにかくタンパク質不足の現代人には、糖質制限よりも、どんどん肉を食べさせた方が良いかもしれないと私も思います。(細かく見るとMECでは不安な点がけっこうあるのですが・・・大雑把に言うと糖質制限よりも成功する可能性が高いと感じます。)。私が健康的に10キロ近く痩せたのは、主にMECによるところが大きいのですが、今では三石巌氏の理論をもとに食事を組み立てるようになっています。

三石氏の理論はメガビタミン+高タンパク質で、これまで私が探り探りやってきたことを統合しているような理論になっています。今回の会報誌(メグビー)で三石氏の印象的なコメントがありましたので一部引用します。

タンパク質の必要量

「これまでに、タンパク質不足だの、高タンパク食だのってことばが出てきたのをキミは気にしているだろうか。ボクの栄養学だとこれは重要なポイントなんだよ。高タンパク食とは、タンパク不足のない食事の意味で、良質タンパクを身に地、体重の千分の一だけとることをさすことになっている。良質タンパクの代表は鶏卵だ。ボクはいま、菅平高原にいる。そこのペンションでは、三食に卵を二つずつつけてもらっている。良質タンパクの量は四十グラムほどだ。ボクは体重は63キロだから、あと二十三グラムでいいわけだ。


肉や魚なら二〇〇グラムぐらいでもまにあうが、不足はじぶんで作った配合タンパクで、つじつまをあわせることにしている。鶏卵オンリーならば、9個でいいわけだが、これではカロリーオーバーになる。これは問題なんだな。


出典:産経新聞(94年11月18日):メグビーインフォメーションVOL409 1.1.17

タマゴをいくら食べても良いと主張する人も多いわけですが、なんでも偏って大量に食べるのは不安があります。肉もしかりです。そこで、三石氏と同様に私は、メグビーのヒトフード(プロテインのみ)を朝食にヨーグルトに入れて食しています。MEC実践者ですので、毎食、肉類多めですが、食事だけではタンパク質が不足します。ヒトフードを毎日摂取することで、タンパク質の基本的な必要量を補っています。

この食事は半年以上習慣になっていますが、実に日々快調(快便)です。
tosituseigen.hatenadiary.jp

ヒトフードのプロテインは一日30グラムを上限に、その日に摂取したタンパク質に併せて摂るようにしています。これはけっこう理想的な食事なのではないかと自負しています。

まとめ

ちなみに三石氏は、糖尿病(公害による?)だったようですが、甘いものが大好きで、糖質制限とは無縁の生活を送りました。たんぱく質さえしっかりとっていれば、またビタミンCさえとっていれば、スカベンジャーさえとっていれば・・・糖質は取り放題で良いというのが氏の考え方でした。

100歳近くまで三石氏が生きた(享年96歳)ことを考えると、この理論、ハズレてはいない気がします。

私はすでに糖質過剰は好まない体になったため(糖質を食べ過ぎるとお腹が下る)、これからも糖質を適度に保ちますが、それよりもタンパク質をしっかり意識して食事をしていこうと思っています。

三石理論なら、何冊も本がありますが、この文庫が一番分かりやすいのではないかと思います。
tosituseigen.hatenadiary.jp

私が注文したヒトフードはこちらです。
tosituseigen.hatenadiary.jp

広告