カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

人工甘味料で脳梗塞・認知症リスクが増大?そこまで「意識していなかった」足元の地雷発見(涙)

なかなか、衝撃的なニュースが飛び込んできました。完全に見慣れた感のある、ゼロシリーズのサイダーや、コーラ、清涼飲料水など。砂糖を使わずに、糖質ゼロやカロリーゼロを謳っています。どうせ飲むなら、ゼロカロリーのものにしておくかという人も少なくないのかもしれません。しかし、その実、人工甘味料はたっぷり入っているわけです。今までは、人工甘味料の害はあまりはっきりわかっていなかったのですが、ショッキングな調査結果が出たそうなのです。

人工甘味料で認知症・脳梗塞リスクが大!

「その結果、人口甘味料入りの清涼飲料水を1日1回の頻度で飲んでいた人は、そうでない人に比べて、虚血性脳梗塞を発症する確率がほぼ3倍に上ることが分かった。同様に、認知症と診断される確率もほぼ3倍に上っていた。」


引用:CNN.co.jp : ダイエット飲料、摂取で脳の健康リスク増大か 米研究

人工甘味料といえば・・・

アステルパーム、アセスルファムカリウム、サッカリン、スクラロース、ネオテームなどが有名です。以前から、内海氏は人工甘味料の害を予測していました(参考:★★★☆☆これでは食べられるものがなくなってしまうなぁ、(書評)「トクホを買うのはやめなさい」 内海聡 竹書房新書 - カラダシホン日記)。有害であることが、はっきりわかっていないとしても、大量生成でき、砂糖の何百倍も甘みがある人工甘味料が健康に良いわけがないことは、素人でもわかります。しかし、まさか脳梗塞・認知症リスクが高くなるようなリスクがあるとは想像しませんでした。

この記事の中では、どの人工甘味料にリスクがあるのか?どういう根拠で、認知症、脳梗塞になるのかなどの詳細は書かれていません。しかし、これは十分あり得る話です。(何冊かの本を読んで、人工甘味料入りの清涼飲料水は、砂糖を使った商品よりも「太りやすくなる」というのは知っていました。脳が誤作動を起こすんですよね。砂糖よりも甘すぎるので、インスリンドバ~っと出ると。しかし、脳に及ぼす影響に関しては、考えていませんでした。)

もっとも、私は、糖質制限を始めてから、一般の清涼飲料水の類もほとんど飲まなくなっています。あ~良かったと思いました。しかし、よくよく考えてみると、人工甘味料は完全に避けているわけではないかもと・・・。そして、今、ちょびっと不安です。

人工甘味料入りのガムを常食している・・

f:id:nazenanido:20170422171542j:plain

うん、アステルパームとか入っているよね・・。
参考:実は怖い!人工甘味料(アスパルテーム、アセスルファムK、スクラロース)の種類まとめてみた。 - NAVER まとめ

車に乗る時や外出するときは、ほとんど、人工甘味料入りのガムを噛んでいるということを思い出しました。人工甘味料入りのジュース等は飲まないのに、ガムになると「砂糖が入っていないから大丈夫だろう」と安易に考えていました。

以前、どこかで「キシリトールは虫歯予防になる」と聞いたのを鵜呑みにして、ガムに関しては警戒心を緩めていました。しかし、多くのガムには、キシリトールだけではなく、ほかの人工甘味料入っています。
参考:キシリトールの効果と問題♪ガムで虫歯が治る?副作用は? | 危険な食品添加物一覧

しまったな~、これは想像しなかった。これは足元の地雷です。

f:id:nazenanido:20170422173939j:plain

なんでも習慣性のあるものは注意が必要です。健康に気を付けているとか言いながら、これはかなりの手落ちですね。内海氏の健康法は過激で抵抗があると思いつつ、いろいろ調べていくと、だいぶ寄ってきますね。食品業界には、あちらこちらに罠があり、やはり徹底しようと思うと、かなり厳しめになっていってしまうものでしょうか。知らなきゃよかったってやつでしょうか。

せっかくなので、もう少し人工甘味料のリスクに関して勉強をしてみたいと思います。

関連記事

カロリーゼロにだまされるな―――本当は怖い人工甘味料の裏側

カロリーゼロにだまされるな―――本当は怖い人工甘味料の裏側

スイート・ポイズン―本当は恐ろしい人工甘味料「アスパルテーム」の話

スイート・ポイズン―本当は恐ろしい人工甘味料「アスパルテーム」の話

広告