カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

珈琲中毒歓喜!「コーヒーを一日三~四杯飲む人ほど死亡率が下がる!」健康効果?

f:id:nazenanido:20170425152801j:plain


いつの間にか、コーヒーなしではいられない身体となりました。

もともとは、あまり好きではなかったのですが、結婚してから、毎食後にコーヒーを飲むので、気が付くと、食後にコーヒーがないとしまらなくなっています。習慣の力とは恐ろしい。カフェインについては、あまりよろしくない話も含めて諸説ありますので、気になってはいましたが、コーヒーの健康効果に関しての報告もあるようです。珈琲中毒気味の私としては、こっちを信じたくなります。

コーヒーと死亡率の関係

統計に関しては、読み方によってどのようにも取れるので、これが確実という言い方はできないと思いますが・・・、

日本の統計で面白いものがありました。調査対象は、日本の「40-69歳までの男女9万人」です。19年間の追跡調査で「死因と生活習慣との関連を調べたところ、コーヒーを一日三~四杯飲む人はほとんど飲まない人より死亡リスクが二四%減り、緑茶を一日五杯以上飲む人は一杯未満の人に比べて男性で一三%、女性で一七%減っていた。」のだそうです。

つまりは、カフェインを摂取すればするほど、死亡率が減るってこと?そんな単純な話ではないでしょうね。でも、説明しようとすれば、こうなるそうです。

「コーヒーに含まれるクロロゲン酸は血圧の調整、血糖値改善、抗炎症に効果があるといわれ、緑茶に含まれるカテキンにも血圧や体脂肪の調整、血糖値改善に効果があるとされている。  そして両方に含まれるカフェインには、血管内皮の修復や気管支拡張作用があり、こうした成分が血管や呼吸器に影響している可能性があるという。」


がんの死亡リスクに関しては、部位別にみると、有意に死亡率が下がることが確認されたのだとか。


「今回、がん全体の死亡リスクはそんなに下がっていませんが、部位的に見ていけば下がります。これまでに日本人を対象とした研究だと、コーヒーでは、肝臓がんに対する予防効果が『ほぼ確実』で、女性の子宮体がんと結腸がんは『可能性あり』。海外の研究を見ても、肝臓がんと女性の子宮体がんは『ほぼ確実』と評価されています。詳しいメカニズムはまだわかっていませんが、腫瘍を増殖させるインスリンの体内濃度を抑える効果があるようです。糖尿病の人はがんになりやすいというデータがありますが、その糖尿病の人がなりやすいのが肝臓がん、子宮体がん、結腸がん。循環器疾患に対する効果も、おそらく糖尿病の予防効果と関係しているのかもしれません。」

引用:文春クリニック 人生を変える! 食の新常識 文春クリニックシリーズ (文春e-book) Kindle版 文藝春秋 (著)

コーヒーに含まれるメラノイジンは余分な脂質を吸着し、体外への排出を促すことが知られています。脂質の摂り過ぎは肝臓に大きな負担をかけるといわれていますから、そのあたりが、肝臓がんに効くといわれる根拠だろうか・・・と考えてみました。

もちろん「飲みすぎ」は厳禁

もっとも、コーヒーの飲みすぎはかえって、膀胱がんのリスクが高くなったりするようで、一日の上限は三~四杯が勧められています。うちのペースだとちょうどよい感じです。朝食時に一杯、昼食後に一杯、3時~4時の休憩時に一杯。夜には飲まないようにしています。味は今でも別に好きではないのですが、なぜか、コーヒーを飲むと落ち着く感じになります。完全にカフェインを欲してますよね・・・(汗)

関連記事

体によくないのでは?と思いながら飲むよりも、肝臓がん予防になる、アルツハイマー予防になると、念じながら飲むとよさそうですね。プラセボ効果が爆発的に高まりそうです。

1日3杯のコーヒーが人を健康にする!

1日3杯のコーヒーが人を健康にする!

がんになりたくなければ、ボケたくなければ、毎日コーヒーを飲みなさい。

がんになりたくなければ、ボケたくなければ、毎日コーヒーを飲みなさい。

広告