読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

確かに怪しいけれど、ガンになったら選びたい民間療法NO.1【書評】ビタミンC点滴と断糖療法でガンが消える! (西脇 俊二)

ビタミンC点滴の効果に関しては諸説あります。ほとんどの西洋医学の医師は、かなり厳しい口調で、ビタミンCの効果を批判します。それは十分わかっていますが、私は、ガンになったら、試してみたいNO.1の方法が、ビタミンC点滴と断糖療法です。

以前、記事にしたことがあります。(参考:「高濃度ビタミン+糖質制限+ヒトフード」の3本柱!もしも、私ががんになったらやってみたい代替療法 - カラダシホン日記])

なので、素人意見であり、かなり偏っていますが、多少の思い入れもありながら、この本の感想を書かせていただこうと思います。

ガンが消える!

ガンが消える!

高濃度ビタミンC点滴は「効く」という事実

そもそも、西脇ドクターは精神科医出身であり、現在は、アーユルヴェーダを主とする内科・心療内科のお医者さんです。大学病院の教授でも、がん専門医でもなく、あまりにも怪しく見えるのは、しょうがないことだと思います。そして、これまた残念なことに、西脇DR自体が、また怪しく見えるのです(失礼!)たくさんの映画やドラマの監修をしたりして、がん専門に治療に打ち込んできた感がありません。この本自体、ビジネス書や自己啓発書のような軽さです。

しかし、高濃度ビタミンC点滴はとにかく「効く」のです。

これは帯に書かれている文言です。

・余命3ヶ月の女性が5ヶ月で完治!
・週1回の点滴と断糖で末期の胃がんがほぼ消えた!
・初期の卵巣がんがたった29回の点滴で消えた!
・上顎洞ガンが2ヶ月半で3分の1に
・胃がん全摘後に再発した女性のがんが2ヶ月で消失!
・週1回半年の点滴で乳がんが消えた!

こと、ガンに関しては、あまりこういう煽るような文句は聞きたくないわけです。私も友人や、家族をガンで亡くしてきました。なので、この本を見たときはスルーしそうになりました。

しかし、ビタミンC点滴には、この効果が全くの虚偽ではなく、実際にその幾分かの一でも可能性があるように思えます。西脇氏の最初の患者は、同僚の医師で、西脇氏がたびたび口に出していたビタミンC点滴と断糖で無事に生還しました。1章には、幾人かの具体例が述べられていますが、どれもが大げさ(嘘)とは思えません。

西脇氏は、おそらくビタミンC点滴が無ければ、生還しなかった人をたくさん見てきていると思います。

ビタミンC点滴は「抗がん剤」

そもそも、超高濃度ビタミンC点滴がガンに効くというのは、西脇氏が言い出したことではなく、アメリカでは、激しい批判にさらされつつも、ポーリング博士が主張し続けてきましたし、日本でも著名な医師のもっと説得力がある本がいくらでもあります。

希望の抗がん剤点滴ビタミンC---600の症例が語る

希望の抗がん剤点滴ビタミンC---600の症例が語る

  • 作者: 水上治
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2010/08/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る
つらくないがん治療 高濃度ビタミンC点滴療法

つらくないがん治療 高濃度ビタミンC点滴療法

ビタミンCは副作用がない抗がん剤のように働くと言われます。選択的にがん細胞だけを殺すと言われています。また、抗がん剤の副作用を大きく軽減するそうです。

反対派からは、ビタミンCがガンに効くエビデンスが無いと言われますが、がん患者にとっては、机上の空論よりも、今の希望が大切です。実際に抗がん剤は希望をほとんど与えてきませんでした。抗がん剤が有意に効くエビデンスの弱さは折り紙付きです。抗がん剤には、延命効果は多少あるかもしれませんが、本当に患者を生還させてきたでしょうか。

ビタミンC点滴には一縷の望みを感じます。

私は、ガンに対するビタミンCの効果に関しては知りませんが、自分の人体実験から、風邪やインフルエンザに対してビタミンCが驚異的な効果を及ぼすことを理解しています(経口摂取ですが)
tosituseigen.hatenadiary.jp

ビタミンCは、すごい効き目があります。病気の体は相当にビタミンCを消費してしまっているのですから、できるだけビタミンCの血中濃度をあげるというのは理に適っています。

がんの治療のためにビタミンC点滴を使うとすれば、保険適用外なので、相当の費用は覚悟する必要があります。(だいたい、月20-30万円が相場)しかし、ガン治療の民間療法の中では、価格的に、まだ良心的な部類かもしれません。(一年絞って、やってみても良いかもしれませんね。貯金が300万くらいあれば。)

いろいろ調べてみました。
tosituseigen.hatenadiary.jp

断糖療法を組み合わせる

また、ビタミンCの効き目を極限まで上げるために、糖質を断つというのもうなづけます。実にまともな考えです。これ自体も、西脇Drの独特な主張ではありません。

ブドウ糖を絶てばがん細胞は死滅する!―今あるがんが消えていく『中鎖脂肪ケトン食』

ブドウ糖を絶てばがん細胞は死滅する!―今あるがんが消えていく『中鎖脂肪ケトン食』

PET検査でガンを発見できるのは、ガンが糖質を主要な餌にしているからだと言われます。ブドウ糖とビタミンCの化学式は非常に似ており、血中にブドウ糖が無いときに、ビタミンCを入れると、がん細胞は、間違えてビタミンCを取り込み、これがガン細胞を死に至らせると説明されます。

それはともかくとして、ビタミンCとブドウ糖を同時に摂取すると、ビタミンCの効き目がかなり弱まることは事実です(なので、市販のビタミンC飲料やタブレットなどはほとんどNG)。糖質をカットした状態で、ビタミンCを摂ると、効果が増し加わることは理解できます。

西脇氏の断糖のルーツは、荒木医師です。現在、糖質制限の世界では江部氏が有名ですが、荒木氏はさらに極端?な糖質制限(断糖)で肉食を進めてきた、パイオニアの一人です。実は私も一番最初に糖質制限の考え方に出会ったのは、荒木氏の本がきっかけでした。
tosituseigen.hatenadiary.jp

根菜もNG、調味料もNG、果物もNGと、かなり厳しいのですが、ことガン治療と考えると、これくらい徹底しても良いかもしれません。いつまでも続けるわけじゃありませんしね。

少なくとも、ビタミンC云々は別にしても、ガン治療に取り組む人は「糖質制限」はしたほうが良いと私は考えています。ガンになると味覚が変わって甘いものを急に欲するようになると聞くことがあります。抗がん剤などで、食欲がどうしても落ちてしまい、気が付くと甘いものばかりを食べているという人もいますが、ほんと百害あって一利なし。

ストイックなくらい糖質は絞り込んで、プロテインを飲むなり、卵を食べまくるなり、したほうがどれほど良いでしょうか。先日、紹介したがんサバイバーの野中氏も、一時期、ビタミンC点滴を行なったようです。あまり詳しく書かれていないので、それほど、効果を感じられなかったのかもしれませんが、野中氏の場合、食生活の大きな改善がガンを治癒させる力になったことが読み取れます。
tosituseigen.hatenadiary.jp

ビタミンC+食生活改善(糖質制限)には根拠があると私は考えます。そして、それに加えて、断糖療法の肝は「肉食」です。

「高タンパク質」で体を作る

荒木氏の本を読むと分かるように、朝から晩まで「肉食」というのが断糖療法です。糖質を一切取りませんから、調味料などにも気を付けます。あまり味が無い肉というのは実に食べづらいものです。それでも、断糖療法がガンに効くと言われるのは、間違いなく「高タンパク質」だからでしょう。

がんになったら肉を食べなさい (PHPサイエンス・ワールド新書)

がんになったら肉を食べなさい (PHPサイエンス・ワールド新書)

糖質を制限して、ビタミンCでガンを攻撃し、良質のたんぱく質を摂り続けること、まさに、これに尽きるのではないかと思えます。私は、がん患者が肉を食べまくるのは無理だと思うので、ヒトフードで良いと思いますけど。
tosituseigen.hatenadiary.jp

まとめ

このように、私がこれまで勉強して、なお、自分の体で実践してきた方法の中でも、きわめて論理的で、納得できるガン治療なのですが、実に怪しく見えてしまうのは残念至極です。

書評しようと思いましたが、書いているうちに、今までの自分の主張をただ繰り返すだけの記事になりました。まあつまりは、私もこれまで学んできたことと、西脇氏の主張はほぼ同じということです。

劇的な効果を見ると、西脇氏の病院に地方からでも行って云々という話になりそうですけど、実践するのは難しい話ではありません。自分で徹底的に断糖を試みて、近くのビタミンC点滴を行なってくれる病院を探せばよいのです。そういう意味でも良心的な本だと思いますが・・。

いかがなものでしょうか。

ガンが消える!

ガンが消える!

広告