読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

こだわりの健康理論のわりにいつも不調?そもそも虚弱だから「健康オタク」になったのか?

f:id:nazenanido:20170516153735j:plain

奥さんと話していて、いつも不思議に思います。奥さんは、ほんと、健康知識には無頓着ですが「超」のつく健康優良児です。学校でも、職場でも皆勤賞タイプです。しかし、私ときたら、これまでは季節の変わり目には必ず高熱を出して倒れるタイプです(ビタミンCでこれは改善してます)。だいたい、いつも、軽微な不調を抱えており、それをどうやって改善させられるかを必死で調べています。

奥さんに「なんでそんな健康なの?」と尋ねたいですが、同時に「そんなにこだわっているのに不健康なのはなぜ?」というカウンターが来ることが確実なので、ぐっと言葉を飲み込みました。

30代だけれど70代と話が合う

30代で働き盛りの仲間たちと一緒に会議とかしていると、会議中にお菓子は食べるし、コーラは飲むし、夜になるとお酒は欠かさないし、徹夜はするし、いやはや、どうして、こんなに健康に無頓着なのかな?と思うことがよくあります。私は徹夜どころか、8.2時間は寝ようともくろんでいるくらいなのです。当然ですが、同じ年齢の仲間たちには健康ネタは全く通じません。「糖質がどうのうこうの」とか「オメガ3がどうのこうの」なんて、口にもできません。しらけます。

そんな私にとって、よく話が通じるのが、近所の70代の健康に気を付けているおばさんたちです。そもそも、70代にもなると、話題は健康話一筋となります。もっとも「どこが痛い、ここが痛い」「どのサプリが良い」「先週のためしてガッテンはどうのこうの」という話です。そういう人たちと話すと、お互いに学ぶことがあります^^

虚弱体質だから健康オタク

先日、1人の70代の方に「あなた若いけど、そんなに健康のことに関心があるということは、ずいぶん体調悪いんだろうね」と言われ、ハッとしました。若いうちは、だいたい、健康で、ふつうは体のことなど意識しないのだそうですが、どうしても、病気をしたり、体調が悪かったりすると、意識が健康に向くということです。うむ、それかもしれないと思い当たりました。

そうだったのか、だいたいいつも具合悪いんだな、自分。

免疫力を高める84の方法―「病気オタク」から「健康オタク」になろう

免疫力を高める84の方法―「病気オタク」から「健康オタク」になろう

それはそれでよかったです。「一病息災」とはよく言ったもので、病があるからこそ、慎重に生きるようになり、結果として長生きしたりします。これは、これで自分のメリットだなぁと思うしか無いですね。それにしても、どこかしら不調はあるものなので、食事を変えたり、サプリを摂ったりしたりしながら、自分の体調の変化を観察するのが、実に楽しいわけですよね。これ、健康だったら、ありえない趣味なわけですから、感謝しないといけませんね(無理やり)

まとめ

健康だけが取り柄です!という人は多いのですが、どうも、そうは言えません。昔から「覇気がない」と言われるタイプですが、そんな元気が出てこないんですよね。声を出すのも面倒くさいことがあります。たま~に、体調がグンと良い日があるときに、普段との違いに気づきます。

自分で足もみしていて「甲状腺」が悪いんじゃないかな?と思っているんですけど、こんな私が健康になることはあるのでしょうか?

医者も知らない甲状腺異常症候群―あなたの病気は見逃されている!

医者も知らない甲状腺異常症候群―あなたの病気は見逃されている!

健康情報を調べて、読んで、実践して、書いて、壮大な実験を行っているような日々ですね。なんだか、切ないような、楽しいような微妙な気分です。

広告