カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

医師には本当に「エビデンス」があるか?【書評】後悔したくなければ「医者のいいなり」はやめなさい (名郷直樹)

後悔したくなければ「医者のいいなり」はやめなさい

後悔したくなければ「医者のいいなり」はやめなさい

かなりおすすめの一冊になりました。「エビデンス」「エビデンス」と語られることが多いですが、そもそも「エビデンス」はそれほど確実なものなのか?考えさせられます。著者は20年以上「EBM」をもとにした診療を行っている西洋医学の医師ですが、「エビデンス」を突き詰めていくと、病院に行くのもいかないのも、治療を受けるのも受けないのも、患者次第。「どっちがいい」と言い切ることはできないと結論します。

EBMの創始者、デビット・サケットのコメントが紹介されています。「医者はとにかく医療が役に立つと思いやすい。だから医者のいうことには気を付けたほうがいい」。医者が治療を有効だと「思い込む」4つの状況があります。

①勝手に治る病気を治療して有効だと思い込む
②どうやっても死んでしまう病気に有害なことをして最善の治療をしたと思い込む
③治療を受ける人は受けない人に比べてもともとよくなりやすいのを治療のせいと思い込む
④権威やその道の達人のやることはいいことだと思い込む  

EBMを突き詰めていくと、近藤誠氏になっていくんじゃないでしょうか(笑)

ということで、この本も、ある意味では、近藤誠氏の理論と似ていますが、よりあっさりとした冷静な医療批判本です。読者が自分の頭で考えられるように助けています。病院に行くべきか悩んでいたことがありましたが、この本を読んで心が定まりました。

印象深かったコメントをいくつかご紹介します。

インフルエンザ治療のエビデンス

「実は、通常のインフルエンザは、薬を飲まなかったとしても平均すると1週間ほどで症状がなくなり治ってしまいます。 あるランダム化比較試験では、一般的な大人や子どもがタミフルを服用した場合、高熱やセキなどのインフルエンザによる症状が消えるのが、約21時間短縮されると報告されています。つまり、タミフルを飲めば約1日早く病状が良くなるということです。 タミフルを飲めば、6日間で症状がなくなる。 薬を飲まなくても、7日間で症状がなくなる。 こうして並べてみるとわかりますが、たった1日のために、副作用があるかもしれない薬を服用するのはどうでしょう。」

インフルエンザといえば、危険な副作用があるかも?しれないことが知られている「タミフル」という薬があります。でも、インフルエンザを治すためならと、タミフルを飲む人もいると思います。しかし、冷静にエビデンスを調べると、実にわずかにインフルエンザが治る期間が短縮されるだけだということに気づきます。これは面白いですね。

医師がインフルエンザと診断した後に患者に治療を選ぶ余地を与えてくれるといいですね。病院に行くと薬をもらうというパターンができていますが、そのパターンを壊してみると、見えてくる世界があります。

ちなみに、私も以前は毎年のようにインフルエンザにかかっていました。ここ3年は風邪もひかなくなりましたが、薬を飲めばよくなるという呪縛から解かれたことが大きいです。危ない時は、とにかくビタミンCを摂取するようにしていますが、それだけで十分ですもんね。何をやっても、具合悪い時もありますが、とにかく温かくして早く寝るようにしています。
tosituseigen.hatenadiary.jp

病院に行ってもしょうがないよな。薬も飲まないしと思ってましたが、これもひとつの選択だということが分かりました。もちろん自己責任ですけどね。
tosituseigen.hatenadiary.jp

がん検診のエビデンス

「多くのがん検診が行われていますが、ランダム化比較試験でがんの死亡率が少なくなるというレベルのエビデンスがあるがん検診は多くありません。大腸がんと乳がんくらいです。・・そのうち、乳がん検診によりどれほど乳がんによる死亡が少なくなるのか、見てみましょう。  以下はマンモグラフィーによる検診の効果です。 検診を受けないグループでは、13年間の乳がん死亡が0・24%に対し、検診したグループでは0・22%と、検診グループで少ないという結果です。どうですか。びっくりするような結果です。ただこの結果は、100の乳がん死亡を81まで減らすと表現することもできます。この数字で見るとまあまあという結果かもしれません。 より信頼性の高い研究に限って検討すると、どちらも13年間の乳がんの死亡は0・33%で、検診の効果が認められなくなります。

芸能人が、がんを告白すると、その都度、がん検診に行こうブームが生じるわけですが、エビデンスを探ると、これまた、何も言えなくなります。がん検診を受けても受けなくても、死亡率に差がないなら、がん検診を受けないという選択肢もあるということが分かりますね。

がん検診を受けなければ、そもそも、がんを発見されないで済みますから、過剰診断、過剰診療を避けることができます。近藤氏のいうような、がんもどきを見つける必要はないのかもしれません。また、本物のがんを攻撃してしまい、がんが大暴れするという失策を避けられるのかもしれません。

最近、近藤氏の下記の本を読んでましたが、主張は同じです。

健康診断は受けてはいけない (文春新書)

健康診断は受けてはいけない (文春新書)

近藤氏の意見には、強烈なアンチ(主にドクターたち)もいますが、いわゆるエビデンスに語らせると、近藤氏の意見は真っ当なものであることが分かります。健康診断、がん検診を「受けてはいけない」と主張するまでではないとはいえ、「受けなくても良い」と選択する人がいてもおかしくないということになります。エビデンスで考えるとそうなるわけです。

じゃ~、「がん検診を受けないと手遅れになるかもよ!」という強い意見は「感情論」ということになりますね。血液検査等で、体調を客観的に、数値的に知ることは良いことだと思いますが、それ以上のものではないかもしれませんね。それで、思い出しましたけど、過去にこんなレビューサイトを作ってました。
参考:【必見】病院に行かないで血液検査だけしたい

どれだけ病院に行きたくないかが分かりますね(笑)

MRI検査のエビデンス

「実はMRI検査では、本当は正常だけれど、異常と間違えてしまう「偽陽性」が多いのです。病気を見逃さないために少しでも異常が疑われる部分があれば、それを映し出さなくてはなりません。そうなると、本当は正常なのに異常と指摘される部分が多くなってしまうのです。  言い換えると、MRI検査によって「無実の罪をかぶせられてしまう」というわけです。」


「それを証明する研究結果もあります。異常が何もない大人にMRI検査をして、症状がないことを伏せたままで画像を読んだところ、その8割近くに何らかの異常があると放射線の専門医が指摘したといいます。ただそういう患者は、そのうち症状が出てくるので、それで早期発見できているのだという反論があるでしょう。しかしこれに対しても研究が行われています。 とくに症状は出ていないけれど、MRI検査によって「異常がある」といわれた人を追跡調査したところ、ほとんどの人はその後も症状が出なかったというのです。」

CT検査は「被ばく」のリスクがある、MRI検査は「無実の罪をかぶせられてしまう」リスクがあるとすれば、なかなか検査を受けられなくなってきますね。腰痛でMRIをとると、ヘルニアだとか、なんだとか言われることがありますが、結局、手術をしても痛みはなくならないこともあります。病院に行って、余計な「発見」をされるリスクを考えると、やはりためらわれます。

腰痛に限って言えば、MRIなどで病変が発見された後の方が、症状が重くなるそうです。いわゆるプラセボ効果ですね。過去にTMSという腰痛治療の本を読みましたが、実にしっかりしたエビデンスがある本です。でも、こういう本は患者にも医師にも受け入れられないでしょう。実はエビデンスがあるのはこっちだけれど。

TMSプログラムのひとつは、脊椎の病変箇所が、いかに腰痛とは関係がないかというエビデンスを調べるところにあります。まずは、その呪縛から逃れることが、腰痛治療の第一歩となります。

腰痛は<怒り>である 普及版

腰痛は<怒り>である 普及版

心はなぜ腰痛を選ぶのか―サーノ博士の心身症治療プログラム

心はなぜ腰痛を選ぶのか―サーノ博士の心身症治療プログラム

そうなると、病院に行く意味ってあるのかな?と思わされます。より重篤な問題と、放置してもよい問題を区別するのが医師の仕事ですが、なかなか「放置」してくれることはありません。そのまま、強引な治療コースに進むことを考えると、なかなか病院に行こうという気になりません。私の考えも、実はエビデンスに基づいたものだったということですね?

まとめ

医師がこのような言葉を口にするのは勇気がいることだと思います。断定調に言われた方が、患者たちはついていきやすいのも事実だから。でも、エビデンスについて知れば知るほど、ごにょごにょした言い方になるわけですよね。

「まっとうな意見の大部分は、「Aかもしれないし、Bかもしれない、あるいはCの可能性も」 というようなことではないか、EBMを20年間実践する中で私自身が明確につかんだことの一つです。  今もって、高血圧を診断すべきなのかどうか、治療すべきなのかどうか、私にはよくわかりません。糖尿病も、高コレステロールも、かぜも、インフルエンザも、みんな同じです・・・本当にどうすればいいか、医者もわからない、患者もわからない。誰もわからない。でも考える材料はあります。」

私もかくありたいものだと思わされました。医療に対する見方がガラッと変わる、実におすすめの本です。医師にかかるとき、また、極端な意見に触れたときにはぜひ読み返したいです。

後悔したくなければ「医者のいいなり」はやめなさい

後悔したくなければ「医者のいいなり」はやめなさい

広告