カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

焼酎・ウイスキーは「エンプティカロリー」を実感!比較すると「ワイン」が上等か?

f:id:nazenanido:20170517202009j:plain

奥さんが実家のお義母さんからもらってきた竹鶴を味わっています。ハイボールにしても味が違います。あまり、お酒は飲まないことにしているのですが、たまに飲むとやはりお酒はリラックスできて良いなと思います。糖質制限をしてからは、ビールを卒業し、もっぱらウイスキーか焼酎が多いです。
tosituseigen.hatenadiary.jp

そこで、今飲んでいるウイスキーの成分を調べてみました。私は、食品成分表を見るのが趣味です^^ そこで、お酒が、いわゆる「エンプティカロリー」というのを納得しました。エンプティカロリーというのは、お酒自体にカロリーが無いわけではなく栄養素がほとんどないという意味です。参考:どれだけ飲んでも太らない!?エンプティカロリーって何? | あなたの健康プログラムが見つかる!「QUPiO(クピオ)」

焼酎・ウイスキーの栄養はほとんどない

f:id:nazenanido:20170518165736j:plain
(オールガイド食品成分表2016 実教出版 P268-267)

ウイスキーや焼酎にはエネルギーはあるものの栄養素はほとんど含まれていないということが分かりました。まさに「嗜好品」。必要があって飲むものではないんだなぁという実感を新たにしました。少し調べてみると、実際にお酒は、栄養素が無いどころか、アルコールの解毒のために肝臓を働かせ、体内の栄養素を消費するので「マイナスカロリー」と呼べるくらいなのだそうです。

tosituseigen.hatenadiary.jp

やっぱ、お酒は毒か・・・と思ったのですが、なんとか酒飲みの理屈をつけたいですね。

ワインには微量栄養素が含まれている

そこんとこいくとワインはすごいです。やはり比較すると、飲むならワインでしょうか。

え~、すごいってほどでもないのですが、ミネラル(無機質)が含まれているところは注目できます。ぶどう酒(赤)ですとミネラル・ビタミンが多少ですが含まれているようです。ざっくり拾い上げてみました。

・ナトリウム2㎎
・カリウム110㎎
・カルシウム7㎎
・マグネシウム9㎎
・リン13㎎
・鉄0.4㎎
・銅0.02㎎
・クロム 2μg
・モリブデン 1μg
・ビタミンB2 0.01mg
・ナイアシン 0.1mg
・ビタミンB6 0.03mg
・パントテン酸 0.07mg
・ビオチン 1.9μg

単にリラックス効果だけではなく、多少なりとも、ビタミンやミネラルといった微量栄養素を摂取できるという点では、やはりワインに軍配があがるんでしょうかね。ウイスキーか、ワインかでいうと、だいたいウイスキーのほうが多いのですが、改めて食品成分表を見ると考えさせられましたね。
tosituseigen.hatenadiary.jp

まとめ

食品成分表を眺めていて、飲むならワインだね、と思っただけなのですが・・。

オールガイド食品成分表2016

オールガイド食品成分表2016

(一冊あるとかなり楽しめますよ)

まあ、何を言っても飲む人は、いろんな言い訳をつけて飲みますし。そもそも「嗜好品」であれば「必要」のために飲むわけじゃないので、そんな言い訳をしなくても良いんでしょうかね。うちの奥さんはワインとチーズが好物なので、教えてあげると喜びそうです。

広告