カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

健康食品マーケティング・宣伝に気をつけよう!【書評】グルコサミンはひざに効かない 元気に老いる食の法則 (PHP新書)山本 啓一

f:id:nazenanido:20170523154306j:plain

実に面白い本です。生化学者と一般消費者では、CMや宣伝を見るときの見方が違いますね。いかに、巧みに宣伝がつくられているか、効能を訴えない範囲で「効きそう」と思えるように作られているかがわかります。「グルコサミン」の分子は吸収されやすいように小さくなっていますが、それほど小さいと体に及ぼす効果は無いも同然なのだそうです。もちろん、この本はグルコサミン専門ではありません。

健康食品の宣伝・マーケティングを冷静に分析した批判本です。健康本の中でもこういう本が出てくると、消費者としては助かりますね。ロマンチック?ではないですけど。

グルコサミンはひざに効かない 元気に老いる食の法則 (PHP新書)

グルコサミンはひざに効かない 元気に老いる食の法則 (PHP新書)

いくつか印象にのこった個所を紹介してみたいと思います。内容が濃くて、けっこう難しめの本なので、詳しくは読んでいただいたほうが良いです。

マーケティングに踊らされる「消費者」

実は研究者の間ではすでに効果が怪しいと言われつつ、テレビなどで特集されて、消費者の間では爆発的に流行してしまう現象の背後にあるものを著者は説明しています。実はセンセーショナルな論文が一度発表されてしまうと、そののち、なかなか批判論文などは取り上げられない傾向があるのだそうです。また、追試論文も、先入観を反映したものになり、しばらくは、その効果を裏付けるような論文が多くなると言います。しかし、時間がたつにつれて、真実が分かるようになります。

「そして別な実験方法で検証してみて、おかしいと気づく研究者が増えてくると、最初の間違った論文は、しだいに無視されるようになります。こうした間違いはなかなか一般の人には知らされません。学会ではすでにおかしいと囁かれている実験結果が、大手を振ってマスコミなどを賑わすことがあるのは、この時間差のためです。」

特にマスコミは、面白おかしい情報を煽り立てますが、正しい情報(修正情報)をちゃんと取り上げることは稀です。著者は例として、ワインのレスベラトロールや、サーチュイン遺伝子を取り上げています。どちらもアンチエイジング界ではよくワードですが、研究者たちの間ではすでに、冷めた評価しか無いのだとか・・。時間がたつにつれて、真実の声は強くなっていくようですから、新奇な方法にはすぐに飛びつかないほうが良いのかもしれません。

著者は取り上げていませんが、最近なら、ココナッツオイルの大ブームがありました。これも研究者の間では、疑問符のつくブームなのだそうです。ココナッツオイルの効能も部分的には認められますが、あえて、大量に摂取するようなものではないという警句もあり、冷静さが必要です(私はすっかり乗っかっていますが・・)。
tosituseigen.hatenadiary.jp

私たちが、最先端の論文を読みこなして、健康情報を蓄えるのはまず無理ですが、何年も、何十年も言われてきて、時の試練に耐えているものは、比較的信頼できるかもしれません。先日、丸元淑生氏の古い本を読んでいて、当時からオメガ6が多すぎて、オメガ3を増やすように言われていたことが分かりました。この辺は、真実っぽいですよね。また、常識的なものをと非常識なものを見抜く目を培うことも必要ですね。自分の体の声も聴きこなすことが必要です。

野菜は毒を持っている

野菜=体に良いものと考えがちですが、冷静に事実を見ると、野菜は必ずしも体に良いものではないのです。植物には自分の身を守るための毒物があり、今、自生し、生き残っているほとんどの植物は、食べられるものではないというのが事実です。

「私たち動物にとって、植物は基本的にほとんどすべてが毒だと思わなければいけません。現在栽培されている野菜のほとんどは、植物のなかでも毒の少ないものをさらに品種改良してつくり上げたものなのです。地球上には、およそ二〇万から三〇万種の植物が存在するといわれますが、日本で栽培されている野菜は、そのなかのたった一五〇種ほどです。安心して食べられる植物はそれぐらいしかないのです。 さらに、そうした野菜でも、青虫などから身を守るために殺虫成分をかなり含んでいて、発がん性の物質をもつ野菜もあることがわかっています。つまり野菜が身体によいというのは、野菜に含まれる毒物より、人間の身体によい成分のほうが少し勝っているだけなのだと考えたほうがよいのです。」

野菜ブームで、野菜のパワーばかり取り上げられますが、冷静に考えなきゃいけませんね。農薬の害ももちろんありますが、実は、自然に育った野菜を食べてその毒物で絶命してしまうリスクのほうが大きいのです。毒物を含む植物を何とか安全に食べられるようにしようと奮闘してきた人間の歴史・科学(化学)の発展も認めなければなりません。直接、著者が主張しているわけではありませんが、農薬や食品添加物に関してバランスの良い考えを持つために、このような指摘は興味深いと思った次第です。

これはMEC本です。野菜だけでOKというわけではないことが分かる良い本です。

「野菜中心」をやめなさい ~肉・卵・チーズのMEC食が健康をつくる

「野菜中心」をやめなさい ~肉・卵・チーズのMEC食が健康をつくる

ビタミンは野菜より肉に多い

著者の食生活は、野菜食というよりタンパク質多め。お肉多めだそうです。というのも、ビタミンは野菜より肉に多いからです。成分量をちゃんと見ると、これも事実です。

玄米は、ビタミンがとても多いといわれていますが、丼一杯の玄米ご飯を食べても、たった一切れの豚肉に及びません。・・・動物の肉は、私たちの細胞とほぼ同じ成分を含んでいるので、食料としては理想的なのですが、動物を補食するのは容易なことではありません。そこで人類は、毒が少なく、かつ動かない植物を食べるという農耕の道を選んだのです」

おもしろいですね。米ぬかにはビタミンが豊富に含まれていると言われますが、豚肉一枚に負けてしまう。実際には、タンパク質やビタミンを豊富に含むのは、やはりお肉で、MECにも、相当の理があることが分かります。もちろん、著者は野菜軽視、お肉大好き、というわけではないのですが、一般的な思い込みと事実を比べて上記のような例を出しています。そして、興味深い推論までたどり着きます。これは、ほとんどジョーク(なんでも飛びついてしまう我々への皮肉)のようですけど・・・この本を書くために調べていて、気が付いたビタミンの効率的な摂取方法があると論じています。

「私たちが食べる肉の赤身の部分は、動物の筋肉です。筋肉はビタミンCを消費する組織なので、通常ビタミンCはあまり含まれていません。ところが、『日本食品標準成分表』(文部科学省)を調べていたところ、ハムやソーセージ、ベーコンには、大量のビタミンCが含まれていると記されているではありませんか。このビタミンCは肉の色をよくするための発色剤として入れられているのですが、その量は一〇〇グラム当たり一〇~二〇ミリグラムで、グレープフルーツやミカンのビタミンC含有量に近い値なのです。皮肉なことに、現代では加工した肉類を食べればかなりの量のビタミンCを摂取できるというわけです」

この点だけに注目すれば「加工肉を食べてビタミンCを摂ろう」という宣伝・マーケティングが行われてもおかしくありませんね。ま、これはほとんどジョークの部類ですが・・、こういう考え方も成り立つということが分かります。野菜や果物を摂れば、ビタミンが取れるという宣伝への痛烈な皮肉というわけです。

*もちろん、加工肉には別のリスクがあります。
tosituseigen.hatenadiary.jp

*ビタミンC摂取ならアスコルビン酸を直接飲めばいいよね
tosituseigen.hatenadiary.jp

まとめ

なかなか面白い本でしょう?とはいえ、中身は生化学の知識がないと読みこなすのには苦労します。事実私はわかりやすいところしかわかりませんでした(汗)

そんな中、著者が珍しく勧めるのはDHA・EPAのサプリです。これは「サプリメントが有効だと考えられる数少ない例」だそうです。

DHC 60日DHA 240粒(121.2g)

DHC 60日DHA 240粒(121.2g)

こういわれると、一気に著者がお勧めするDHA・EPAサプリを買っちゃいそうになります(著者は特定の会社のサプリは記していません)。こういうところに、考えていない消費者代表を感じます。健康食品の宣伝を見ているだけでは、簡単に乗せられてしまいますので、たまには、こういう本を読んで冷水を浴びるのも良いことだなと思ってます。

おすすめの一冊です。

グルコサミンはひざに効かない 元気に老いる食の法則 (PHP新書)

グルコサミンはひざに効かない 元気に老いる食の法則 (PHP新書)

広告