カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

食品添加物は気にしなくても良い?【書評】食品添加物ほんとうの話 いちばん怖いのは「知らないこと」です(三輪操)

最近は、食品添加物にも興味があり、商品を買うときにはラベルを見ています。そんな中、バランスをとるのにふさわしい一冊を発見しました。栄養学の本ですが、対談形式で分かりやすく、すらすら読めますので、おすすめしたいと思います。

食品添加物ほんとうの話―――いちばん怖いのは、「知らないこと」です

食品添加物ほんとうの話―――いちばん怖いのは、「知らないこと」です

著者は東京農業大学の教授で栄養指導のプロ。食品添加物をかたくなに使用しない、存在意義を認めない立場ではなく、バランスをとった考えをするように促しています。食品添加物に関しては「推奨」の立場に近いようです。過去に、著者の意見に近いものとして「心配学」などをご紹介しましたが、感情論ではなくエビデンスで考えると、極端なアンチ食品添加物になることはないことが分かります。

食品添加物に関しては勉強を始めたところで、自分の考えが確立していませんので、いわゆる「アンチ」派だけではなく、「肯定」派の意見を聞けたのは収穫でした。(当初はアンチ食品添加物の本だと思い込んで読み始めました)。自分もずいぶん「イメージ」でマスコミに操作されていると感じます。

興味深いコメント、エピソードをいくつかご紹介します。

食品添加物は心配しなくてよい

添加物といっても、様々。傷んだものを口にして体を壊さないようにするための「保存料」や「防カビ剤」、食べ物を美味しく見せるための「着色料」や「香料」、料理にうまみを添えるための「うまみ調味料」、砂糖を使わずに甘みを感じさせる「甘味料」などなど。結局のところ、これは消費者が求めており、望まれているからこそ、使われているという現実を忘れるわけにはいきません。

著者曰く「添加物がなければ現代の食生活は成り立たない」のも事実だと思います。消費者はイメージで物事を判断しがちで、正確な知識によって、自分で選択しているわけではないことが多いです。アンチ添加物派の主張にグラっとさせられることは多いですが、いざ、どれくらいの量の添加物が入っていて、なぜ危険だと思っているか?ということには答えられなかったりします。

著者の基本スタンスは、食品添加物は心配しなくてよいというものです。著者が教えている栄養士さんたちも、最初は食品添加物に過敏な人が多いようですが、現実を知るにつれてカップ麺も、お菓子も、市販のお弁当も普通に食べるようになるそうです。(う~ん、それはどうかな?とちょっと思いましたが、この辺は価値観の違いですかね。)

「添加物」が無ければ「安全」か?

f:id:nazenanido:20130417104637j:plain

なんでも「添加物」さえ使わなければ安全だと思い込んでしまう人もいますが、反証として、南米のペルーで91年にコレラが大流行した話がとりあげられています。「1年間に80万人が罹って7000人が死亡する事態」となりました。その原因は水道水の汚染でした。

コレラが発生する前までは、ペルー政府は水道水に塩素を添加していました。塩素には病原菌を消毒する作用があります。その一方で、塩素は発がん性のある「トリハロメタン」を生み出すリスクもあります。そこで、ペルー政府は「発がん性のあるトリハロメタンを水道水には使わない」と決定しました。その結果として、起こったのが、コレラの大流行だというわけです。

三輪氏はペルーの件から3つの教訓を引き出しています。

1)リスクは常に科学的に分析する必要があること
2)極端に右や左に振れないこと
3)物事は全体を見る

実際に、東京都の水道は今でも塩素を添加していますが、水道水の中に含まれるトリハロメタンは生涯摂取しても健康に影響を与えないほどの量に保たれているのだそうです。トリハロメタンという添加物のリスクと、病原菌により水が汚染されるリスクのどちらが深刻か?ということを考える必要があるということですね。

もちろん、このペルーの話には諸説ある(ペルー政府の塩素添加中止は無かったという説もある)のですが、添加物について考えるうえで興味深いヒントになります。添加物を恐れすぎるあまり、もっと大きなリスクを見逃してしまうこともあり得るということです。
参考:水道水の塩素は偉大、コレラを撲滅 ペルーのコレラ流行とも関係?
参考:世界一の誤解 市民のための環境学ガイド

この辺「心配学」に学ぶ点が大きいようです。

心配学?「本当の確率」となぜずれる?? (光文社新書)

心配学?「本当の確率」となぜずれる?? (光文社新書)

食品に関しては、100%安全なものは無いため、あくまでもリスクの比較が大事です。リスクの比較を突き詰めていくと、食べ方に関しては次のような指針を設けることができます。

偏って「食べ過ぎない」こと

食品添加物が問題になるのは「量」なのだといことが繰り返し書かれています。同じ食品を偏って食べなければ、多くの場合、添加物が問題になることはないのだといいます。

「正確に「安全な食べ物を定義するのであれば、「健康に害を及ぼすものが健康に害を及ぼすほどの分量で、入っていないもの」といえます。繰り返しになりますが、カラダに害があるかどうかは「量」によるのです。・・量については1つのものだけを大量に食べないこと。これは食材にも食品にも食品添加物にも言えることです。いろんな味やいろんな食材、食品を少しずつ食べることでリスクを分散できます。」

著者は、一例として「べったら漬け」をあげています。

べったら漬けにはソルビン酸が入ってます。ソルビン酸の摂取許容量は体重1キロあたり25mg。体重50キロの人であれば1250㎎までは許容量となります。

そこで、べったら漬けのソルビン酸を調べると1キロあたり650㎎です。だとすると、体重50キロの人であれば、ソルビン酸の許容量でいえば2キロまでは、毎日、べったら漬けを食べても良いということになります。しかし、普通に考えたら、毎日、2キロずつべったら漬けを食べる人がマレです。っていうか食べられないでしょう。一度に食べる量はだいたい10gくらいではないかと言われています。

食品添加物云々よりも、その偏食が問題であるということになります。偏った食事をすれば当然、栄養素も偏り、食品添加物も偏って摂ることになります。ほどほどのバランスが大切というわけです。


(追記)一品の食品添加物に関してはまさにその通りだと思いましたが、複数の添加物を食べ合わせている場合に関してはどう考えられるのだろうか?と少しに気なりました。著者は、日本人のソルビン酸の摂取量は5.272㎎なので、健康被害が出るほど、この添加物を食べることはありえないという見方をしています。とはいえ、加工食品の偏食などを考えると、人によりこの値は様々かもしれませんね。この点はまだ自分で腑に落ちていない点です。

まとめ

食品添加物ダメ・ゼッタイ的な本だと思って手に取ったので、ある意味、衝撃でした。食品添加物を推奨する側の意見ですが、これも、真面目に聞けば、筋は通っています。三輪氏がいうように「100%安全な食品はない・・100%を求めると、何も食べるものがなくなってしまう。100%ではなくて、少しでも安全な食品を選ぼう」という視点が大事なのかもしれません。

健康に関しては、その考え方が、ひとつの真理であるように思えます。
tosituseigen.hatenadiary.jp

ま~、まったく異論が無いわけではないのですが、どちらの極端にも振れず、バランスのとれた視点を学ぶ上で良い本を読むことができました。

食品添加物ほんとうの話―――いちばん怖いのは、「知らないこと」です

食品添加物ほんとうの話―――いちばん怖いのは、「知らないこと」です

広告