カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

パプリカの栄養素(ビタミンC)がすごい!食卓に彩りを添えるナイスな野菜。

f:id:nazenanido:20170620164404j:plain

近所のスーパーで一個98円でした。良質のビタミンCが豊富なパプリカが安くてうれしい。パプリカはピーマンとほぼ同じものですが、熟しているので栄養素が抜群です。参考:パプリカとピーマンの違いは?値段だけじゃなく栄養素もスゴイ! | DAILY INFO

主にパプリカで注目できるのはビタミンCの含有量です。

パプリカは、生でサラダにして食べると美味です。この時期には、我が家の食卓にけっこう出てきます。ちょっと、食卓に「色」をつけるのにも便利です。先日、再読していた丸元淑生氏の本の中にパプリカのビタミンCについて書かれた項がありましたので、少し引用し、ご紹介したいと思います。

カロリーあたり最強のビタミンCが含まれる

100gあたり何gビタミンCが入っているかより、100キロカロリーあたり何gビタミンCが入っているかを比較した方が素人にはわかりやすいと言います。カロリーあたりの値が高いものを中心に食卓を組み立てることで、ビタミンCを十分にとれるようになるからです。

そこで、カロリーあたりのビタミンCが多く含まれている食品をリストアップしたところ、最上位にくるのが、パプリカ(赤ピーマン・黄ピーマン)なのだそうです。

「赤ピーマンは青ピーマンの熟したものだが、カロリーあたりにするとこれが最高のビタミンC源なのである。」(P148)


「若いうちは少々悪い食事をしていても大丈夫だが、三十を過ぎたらこういうカロリーあたりの栄養素濃度の高い食品で食事を組み立てるべきだろう。」(P150)


引用:悪い食事とよい食事 丸元淑生 新潮文庫

おいしいパプリカの食べ方(丸元氏ご推薦)

パプリカの食べ方に関しては、丸元氏がおいしそうなレシピを提供してくれています。表現が上手ですね。もともと、ピーマン嫌いだった私でも食べたくなる感じがします。(今ではパプリカ、ピーマン、好きです)

「赤ピーマンの小粒のものは、少し焼くだけでそのまま食べられる。何もつけなくても美味である。網で焼いても良いが、ステンレスの多層構造鍋で蒸し焼きにすると理想的である。鍋に入れてふたをし、極弱火にかける。10分ほどで一度裏返し、少しやわらかくなったらもうそれでよい。鍋に油は絶対に敷かないこと。


これは油を加えずに加熱しているのでカロリーはまったく増えていない。加熱も最小限で、ビタミンCを含めて栄養素の破壊は微々たるものにとどまっている。だから、弁当のおかずにもってこいである。1.2個入れておくと、それで確実に一食分のビタミンCが摂れることになる。切らずに生のまま入れること。かぶりつくと果汁が出て、それがまたおいしい。」(P149-150)


引用:悪い食事とよい食事 丸元淑生 新潮文庫

うん、ちょっと焼くと、甘みが増して美味しいようですよ。なんだか、ヨダレが出てきそうですな。美味しそう。カラダが求める感じがしますな。
cookpad.com

生で食べるのもお勧め(我が家の食べ方)

とはいえ、我が家ではもっと簡単に、パプリカを切って、そのままいただいております。生サラダというのも、何ですね、というくらい。ただ、切って食卓に出しておいて自家製マヨネーズなどをつけていただきます。
tosituseigen.hatenadiary.jp

余計な味付けもしないほうがパプリカ本来の甘みを感じ美味しいんです。

まとめ

パプリカは、抜群に健康効果もありますし、何よりも、「今、野菜からビタミンCを摂っている!!」という自覚が持てるところがとにかく素晴らしいです(笑)。

広告