カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

カレーライスを毎日食べても大丈夫?本音は、食べたいけど市販のルーカレーは駄目なんじゃ無いか?という話。

f:id:nazenanido:20170710173051j:plain

あまりにも暑くて夏バテ気味です。こんな時期でも食べたいのは、やはりカレーです。そういえば、一時期、この本を真に受けて、毎日カレーを作ってくれと奥さんに頼んでいた記憶があります。

イチローだって、毎日、カレーを食べているのに、あんなに引き締った体をしているし。とはいえ、その当時の体重は今より15キロほど多かったですね。しかし、今、あらためて考えてみると、市販のカレーを毎日食べて痩せられるとは、到底、思えません。

栄養について知識を深めた状態で、この本を読んでみました。

カレーを食べると健康になるか?不健康になるか?

まず、最初に言っておきたいのは、私は、ルーカレーが大好き。大好物。ほんと、好き。何杯でも食べたい。ルーカレー大好き派だったということです。「だった」というのは、少し栄養の勉強をすれば、市販のルーカレーを毎日食べるのは危険なことだとすぐにわかるはずです。と・・・、カレーをくさす前に、まずは、カレーの軍功からお話したいと思います。

日本のカレーは海軍を救った

よく知られている事実ですが、日本にカレーという食習慣を持ち込んだのは、海軍の軍医だった高木兼寛です。当時の海軍では、1000人中300人が脚気になってしまうような状況でした。敵の軍隊よりも、食習慣が問題だったんですね。ところが、カレーライスを主食に変えたところ、翌年以降は、脚気者が激減(1000人中6人)、それ以降は脚気者は出なくなったという健康効果がありました。

脚気の原因はビタミンB1欠乏から生じます。高木はカレーライスに肉を入れたり、くず野菜を煮込んで入れたり、ご飯を麦飯に変えたりしましたので、ビタミンB群が比較的摂れるようになったことが功を奏したようです。こういう細かなところはあとになってわかるんでしょうけれども。当時の兵士の通常食は白米と漬物でしたから、それと比べると、格段に栄養が豊かだったというのは言うまでもありません。

カレーのメリットは、くず野菜やお肉や、栄養があるものを、ひとつに煮込んで食べられるところです。当時の日本の栄養事情を考えると、これは素晴らしい発明だったと思います。しかし、今はどうでしょうか?

ちなみに、現在、好んで食べられているルーカレーは、やはり海軍から来ています。海軍発のオリジナルカレーは船の中で食べるので、サラサラしたスープカレーではなく、小麦粉でとろみをつけることになりました。今考えると、これまた、糖質過剰なんですが、これが実に「やめられない」味になったのだと推測します。

市販のルーカレーの問題点

市販のルーカレーには「小麦粉」がたっぷり入っております。糖質制限実践者には、これは見逃せません。インドなどの本場のカレーは、サラサラしたスープタイプで日本のカレーとは全然違いますね。ルーカレーのほうが明らかに美味しいのですが、これは、私は、小麦粉の罠だとみています。グルテンには中毒性があります。
tosituseigen.hatenadiary.jp
私は、グルテンフリーを実践しているわけではありませんが、小麦粉たっぷりの市販ルーカレーは、糖質制限実践者として、常食しない食材であろうと考えています。

「モーニングカレーダイエット」の著者は「カレーなら食べ過ぎることが無い。自然な満腹感を感じやすいのでダイエットに最適。」と述べていますが、私は、真逆だと思います。カレーはいくら食べても、まだ食べたくなる魔力があります。このいくらでも食べたくなる感じは、本当に体によい食材には無い種類のものだと感じます。白米も何杯も食べてしまうのも危ない。

それに加えて、市販のルーには、添加物や香料が、これでもかというほど入っています。調味料(アミノ酸等)で彷彿とさせるものに「グルタミン酸ナトリウム」がありますが弘前大学医学部の実験では緑内障との関係が示唆されているそうです。また、乳化剤には「メタリン酸ナトリウム」が使われることが多いようですが、動物実験では発育延滞や腎臓重量の増加、尿血管炎症なが見られているそうです。(参考:調味料の危険度調べました 郡司和夫)

調味料の危険度調べました (三才ムックvol.750)

調味料の危険度調べました (三才ムックvol.750)

一切、カレーを食べないとは言いません。私は今でもルーカレーが大好きです。しかし、何も考えずにルーカレーを毎日、毎朝、食べるようなダイエットは到底、健康によいとは思えません。

カレー粉で作るカレー推奨

ということで、我が家では市販のカレールーはほとんど使用していません。その代わりにカレー粉を使います。

ギャバン 純カレーパウダー丸缶

ギャバン 純カレーパウダー丸缶

ルーカレーではなく、市販のカレー粉を使ったカレーなら毎日食べても大丈夫かなと思えるくらいの健康効果があります。「モーニングカレーダイエット」の著者が述べるように、伝統的なカレーは、いくぶん「漢方」に似ています。

我が家の場合は、カレー粉+トマト缶などで、スープカレーっぽいものを作っています。先日読んだ、石川氏の本には「ローファットカレー」なるレシピが載ってましたが、これとだいたい同じ感じでしょうか。
books.google.co.jp

小麦粉や、添加物を使わなければ、カレー自体は体によいと思います。また、インド周辺諸国の人の主食になっているように、毎日、毎朝食べても大丈夫だと思いますもんね。参考:激辛インドカレーを3年間食べ続けた女性。すると悩まされ続けていたアトピーが体から消えた…-Cadot(カド) |

まとめ

ルーカレーが大好きな人は多いと思います。カレーライスを毎日食べても大丈夫という人もいますね。そういう人が見たら、まさに、大喜びしそうなダイエット本ですが、科学的とは言い難い感じがしました。

でも、知識がなければ、その都度、自分の好みに合う食事法を取り入れていき、食生活がぐちゃぐちゃになってしまうことがあるかもしれませんね。改めてこの本を読むと、かなり微妙な気分になりました。引き続きお勉強に励んでいきたいと思います。

参考記事

毎日、カレー食べている人っているんですね。10年食べて大丈夫という人もいるようですので、大丈夫なのかも(笑)大丈夫なら食べたいのが本音です。あの味は、ほかの食品ではなかなか再現できませんもんね。
毎日カレーばかり食べているんですが大丈夫でしょうか? - シェフ 解決済 | 教えて!goo

広告