カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

バナナは乾燥させるとすごかった!おやつにぴったりの「バナナチップス(乾燥バナナ)」の栄養成分・健康効果とは?

f:id:nazenanido:20170713180512j:plain

最近、ちょっとおやつや間食に、バナナチップスを食べています。我が家がよくいくスーパーでは、バナナの陳列棚に、このバナナチップスも並んでいます。100gで90円と手が出やすい値段です。甘みもかなり強いので、何回かにわけて、コーヒーの友になりそうな感じです。

実は我が家では毎朝バナナを食べているのですが、これに加えて、お菓子のバナナチップスが癖になりそうです。
参考:朝食にバナナ(ヨーグルト)とコーヒー(ココナッツオイル入り)で一日を始める幸せ!毎日、エネルギー全快です。 - カラダシホン日記

「バナナチップス(乾燥バナナ)」の栄養成分・健康効果

このバナナチップスは名古屋バナナ加工株式会社のものです。成分表示を見ると「エネルギー519Kcal・タンパク質1.9g・脂質28.9g・炭水化物62,7g・ナトリウム3mg」となっています。

この製品は、バナナを乾燥させ、ココナッツオイルで揚げて、砂糖で味付けしています。ま、お菓子ということで考えると、ポテトチップスとかわらない位のカロリーがあります。また、6割炭水化物ですので、糖質制限のおやつとしては微妙です。

しかし、それでもなお、間食にバナナチップスを勧めたい理由があります。実は、バナナは乾燥させるとミネラル・ビタミンが超豊富になるんです。生のバナナと比較してみると明らかです。食品成分表から、目立ったところだけ、拾い出してみたいと思います。

カリウム 生360mg→乾燥1300mg
カルシウム 生6mg→乾燥26mg
マグネシウム 生32mg→乾燥92mg
鉄 生0.3mg→乾燥1.1mg

ビタミンA 生5μg→乾燥70μg
ビタミンE 生0.5mg→乾燥1.4mg
ビタミンB1 生0.05mg→乾燥0.07mg
ビタミンB2 生0.04mg→乾燥0.12mg
ナイアシン 生0.7mg→乾燥1.4mg
ビタミンB6 生0.38mg→乾燥1.04mg
葉酸 生26μg→乾燥34μg
パントテン酸 生0.44mg→乾燥1.13mg
ビオチン 生1.4μg→乾燥0μg
ビタミンC 生16mg→乾燥Tr(ごく微量)

食物繊維 生1.1g→乾燥7.0g
 

参考:食品成分表2016(実教出版)可食部100gあたり

お見事!といえるくらい、生バナナを乾燥させるだけで栄養価がアップすることがわかりますね。カリウム値なんてものすごいです、桁が変わっています。生と比べて劣るのはビタミンCくらいなもので、あとは乾燥させることで、格段に栄養価がアップします。

市販のお菓子の成分は「小麦粉(糖質)」と「砂糖」だらけです。微量栄養素(ビタミン・ミネラル)が摂取できるお菓子なんてありません。それを考えると、バナナチップスを多少コーヒーのお供にするのはかなり大きなメリットがあるのではないかと考えています。あまり毎回買うと癖になりそうなので、月に1~2度、ちょこっと間食につまんでいます。この栄養価を考えると、刻んで朝のミューズリーなんかにも良いかもしれませんね。

まとめ

いままで、バナナチップスを見かけても買おうなんて思いませんでしたが、先日、たまたま、生バナナの成分を食品成分表で調べていて発見したのです。それからは、すっかりバナナチップスに心が奪われています(笑)。私の近所の激安スーパーにあるくらいですから、バナナチップスを手に入れるのは難しくないでしょう。

揚げ物ですし、砂糖での味付けも多少されているので「健康食品」という位置づけではありませんが、おやつとして考えると、スーパーフードと認定できそうな感じの栄養価です。一度、評判の良いバナナチップスをネットで買ってみようかと思っているところです。1000円前後なら高く無いし。


黒田屋 バナナチップス 1000g フィリピン産 チャック袋 (ココナッツオイル使用)

広告