カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

【食事日記】一品で満足「ローファットカレー」には無限の可能性を感じる

f:id:nazenanido:20170807202259j:plain

仕事から帰ってきてから、奥さんが速攻で作ったローファットカレーです。98円のトマト缶がベースで、主にカレー粉で味付けしています。今日は時間が無くて、ルーカレーを2片入っているようですが、ルーカレーを全く使わなくても美味しくいただけます。

カレーについては以前書きましたね。
tosituseigen.hatenadiary.jp

では、本日の日記です。

食事日記

朝食8:30 完全栄養朝食

起床7:45(就寝24:00)

昼食11:30 からあげ・さつまいも・プロテインドリンク

昨日のからあげがまだ残っています。あと二日くらいは食べられそう。一仕事前に軽く昼食です。とはいえ、ちょっと胃もたれ気味でした。こういう日は無理せず、,プロテインだけで十分なのですが、せっかく出してくれたからと食べてしまいます。こういうところが、家族がいる難しさですね。(と、人のせいにする)

夕食20:00 ローファットカレー・豆腐サラダ(もやし・わかめ・桜エビ)

もちろん、カレーと言ってもご飯は食べません。卵をご飯代わりにしています。炒り豆腐のこともあります。このパターンはすっかり慣れましたね。

カレーがとても良いのは、何でも放り込めることです。今回のカレーにも、あり合わせの野菜(ズッキーニやナス)が入っています。カレーの味は濃いので、この中に、ビール酵母を入れても、プロテインを入れても大丈夫です。以前、書きましたが、カレーのベースを「ベジブロス」や「ファイトケミカルスープ」などにすることで、カレー一品で栄養が整う料理になるでしょうね。
tosituseigen.hatenadiary.jp
カレーに足りないのは、あとは、野菜くらいなもので。一品、ほかにサラダなどがあれば十分良い夕食になるでしょう。この辺は、これからも探っていきたい点です。

ネタの種

まさかオートミールもか?

私は糖質が結構苦手なタイプなのだと思います。糖質を多く食べると、特徴的な「のどのつまり」「胸のつかえ」を感じます。
参考:「糖質アレルギー」なんてあるの?「糖質」が体に合わない人(私)というのが確実にいる! - カラダシホン日記
参考:久々に糖質をとると「胸焼け」をするのは本当らしい - カラダシホン日記

これが、また、MEC食生活だと、ほんと、何でも無いので、やはり「糖質」ゆえなのだと理解しています。最近、オートミールの量を増やして朝食のボリュームを増やしているのですが(なんとなく便秘な気がして)、あの糖質独特の「つまり」の感覚が芽生えてきました。これは、あまりよくありませんね・・。明日から、オートミールを入れない朝食にしてみます。それで「つまり」が解消されれば、やはり・・・ということになるんでしょうね。

せっかく、これぞ!と思ったミューズリー、オートミールでしたが・・・私の食タイプには合わないかもしれません。
tosituseigen.hatenadiary.jp

まとめ

食の追求は奥が深いです。これぞ!と思ったものが、やはりちょっと違うかも、と軌道修正をしなければならなくなることが多いです。最近、よく感じるのは、独り一人の求めるものが違うということです。うちの奥さんは健康体で、なんでも美味しく食べる人ですし、三食白米食べても健康を損なわない人でしょう。その分動きますのでね。ところが、私はずいぶんと奥さんとは違う体質です。その二人が、同じ物を毎日食べ続けるというのは、これ、また難しいことですよね。二人の食卓でもこうなら、大家族ならもっと難しいでしょう。

一人一人の身体にあった食育というのはどう考えれば良いのだろう。これが最近のテーマです。

広告