カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

僕の大好きーなウイスキー「竹鶴」がどこにも無い!品切れ・品薄のなぜ?を考える~~~

f:id:nazenanido:20170517202009j:plain

私はウイスキー派です。糖質制限をしてからすっかりウイスキーにはまりました。とはいえ、全然、味は分かりません。角ハイで十分です。どうせ、ハイボールにしてしまいますし。
tosituseigen.hatenadiary.jp

ところが、そんな味音痴の私も、以前、プレゼントしていただいた「竹鶴」を飲んでから、まろやかで飲みやすいジャパニーズウイスキーにすっかり惚れてしまいました。竹鶴も2000円代で、高額ウイスキーの類ではありませんが、色々味見した中では、私の一番の好みであることは間違いありません。ちょっとお財布に余裕があるときは、できるかぎり竹鶴と決めていた、我が家ですが、最近、異変が起きているのです。

スーパーなどで竹鶴が手に入らない事態が生じているのです。悲し~~。

「竹鶴」絶賛品切れ中

竹鶴がどこのスーパーにもないことに気が付いたのは、最近の話です。買い置きの竹鶴が切れて(笑)、新しい竹鶴に手を出そうとしたところ、行きつけのスーパーに置いていないのです。あれ?品切れかしら、と思い、ほかの店、2店舗、3店舗回っても、どこにも置いていない・・。え?どうなっているの?

ちょうど妻の実家に帰省するところでしたので、実家の義母も私たちのために竹鶴を買いに行ってくれていたのですが、やはり、スーパーに無いそうで・・。幸い、義母は押しが強いので、店員さんに掛け合ってくれたところ、店の在庫から2本出してきてくれたのだそうです。あったんだね、2本。いったいどういうことなのでしょう。ネットではありそうですけどね。

竹鶴ピュアモルト 700ml

竹鶴ピュアモルト 700ml

竹鶴17年ピュアモルト 700ml

竹鶴17年ピュアモルト 700ml

家に帰って少し調べてみましたが、なんとなく原因がわかってきました。

ジャパニーズウイスキーブームが「仇」に

ウイスキーと私

ウイスキーと私

竹鶴というブランドは、もともとはニッカウイスキー創業者の竹鶴 政孝氏の名前からとられたもの。竹鶴氏の自伝は「マッサン」で全日本を感動させましたね。見てませんけど。この朝ドラブームで、突然、ジャパニーズウイスキーブームに火がついたのだそうです。ウイスキーの原酒は12年・17年ものとか、基本的には、何年も前から寝かせてあるものです。12~17年前というと、まったく、ジャパニーズウイスキーはブームではなく、むしろ低迷していた時代だったのだそうです。

そこで、突然の「マッサン」ブームが来て、一気にジャパニーズウイスキーの原酒不足が深刻な事態になったそうなのです。参考:【悲報】「余市」「宮城峡」などのジャパニーズウイスキーが原酒不足で続々と出荷停止 - Togetterまとめ

もとより、このブームは今から2年ほど前ですので、今回の品薄状態は、マッサンは関係なさそうですが・・・・・。ともかく私の近所では、竹鶴、品薄状態であるのは間違いなさそう。原酒は突然には作れないので、ちょうど、生産量が少なかった年だったのかもしれませんね。今年の分がないとか。
参考:山崎や竹鶴が品薄な理由|福島県二本松と本宮の葬儀屋さんの隣の酒屋の独り言

原酒不足で、ジャパニーズウイスキーは、軒並み価格高騰とのこと。む~~、なるほど、味がどうのこうのではなく、とにかく品薄で値段が上がるのですね。これが市場ですね。

竹鶴の代わりを探す旅

ま~、そうなったらしょうがないです。竹鶴がどうしても飲みたいというより、今までは、格安(1000円台)のウイスキーを飲んでいましたが、竹鶴が格段に飲みやすかったというだけの話。他にも美味しいウイスキーがあれば、それでも良いのですが。この機会にと思って、ちょこっと高い(それでも2000円台)ウイスキーを何本か飲んでみましたが、どうも、これ!という当たりにたどり着きません。なんでも、探すと見つからないものですよね。

竹鶴が好きなら、これがいいんじゃないの?と勧められているのが、

フロム・ザ・バレル 500ml

フロム・ザ・バレル 500ml

ニッカのフロム・ザ・バレルです。評判は良いですよね。あと、ジョニ黒。

昔は数万円もした外国産ウイスキー。今では、2000円弱ですね。これも評判高し。竹鶴が手に入らないので、ネットの口コミだよりに、美味しそうなウイスキーをコツコツ探しております。

まとめ

ウイスキーの値段は必ずしも「味」とか「品質」ではなく「在庫状況」で決まるというのが分かりました。なんでも需要と供給でお値段が決まるのですね。興味深い発見でした。なんとなくジャパニーズウイスキーのほうが高級感があるように思えていましたが、そんなことはないですね、ブームで原酒不足なだけ。それが分かれば、伝統ある外国産ウイスキーの定番もいろいろチャレンジしてみても面白いな!と意識が変わりました。

私は学生時代からレモンハート大好きだったんです(行きつけの床屋で読んでました、笑)

あの頃、レモンハートで BARで飲みたい31の名酒

あの頃、レモンハートで BARで飲みたい31の名酒

糖質制限を始めなければ、ビールを卒業できませんでしたし、ウイスキーを味わって飲む幸せもゲットできなかったですね。何から何まで糖質制限には感謝ですな(強引)。

広告