カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

プロテインを何に溶かすか?ついに「チョコレート風味大豆プロテイン」(BODYWING)を試してみました!

f:id:nazenanido:20171010120142j:plain

チョコレート風味(実際には香りだけ)のプロテインをゲットしました。試してみたところ、今後のプロテイン生活にかなり役立ちそうです。

これまでは、ずっとプレーンを飲んできました。
tosituseigen.hatenadiary.jp
BODYWINGの3キロで5000円はかなり安いと思ってます(1キロだと2000円です)。しかし、プロテインはそのままではなかなか飲めません(そう思ってました)。そこで、何にプロテインを溶かして飲むか?というのが、我が家のけっこう深刻な問題でした。

プロテインを何に溶かすか?問題

プロテインを牛乳で溶かす人、オレンジジュースで溶かす人、ミロのような粉末飲料で溶かす人、様々ですが・・・、我が家ではオレンジジュースの頻度がかなり多かったんです。近所のスーパーで格安で売っている100%オレンジジュースです。これにビール酵母なども投入して飲んでいました。
tosituseigen.hatenadiary.jp
ただ気になるのが、オレンジジュースの「果糖」です。もちろん、砂糖や人工甘味料よりは「健康的」とは言うものの、食物繊維が含まれていない絞った果物ジュースをグイグイ飲むことによる「果糖」の過剰摂取は、糖質制限的にかなり問題アリだと感じていました。参考:果汁100%ジュースでも要注意!糖質と血糖値のせっかちな関係 | 糖質制限、低糖質パンとスイーツのフレジュ

たまにはいいんですが、プロテインを飲むたびに、オレンジジュースとなると、習慣的に甘い飲料を飲む癖がつきそうです。これを避けるために、牛乳に混ぜてカフェオレ風にしてみたり、いろいろ工夫を加えていましたが、どうしても飲みやすさでいうとオレンジジュースに戻ってしまっていました。一度、インスタント味噌汁に大豆プロテインを入れて飲むという荒業にチャレンジしましたが、大豆×大豆だったからなのか、かなり胃がもたれました。

「風味」つきのプロテインという解決策

そこで、たどりついたのが(まだ試している最中ですが)「風味」がついたプロテインです。飲みやすくするために「チョコレート」「ストロベリー」などの「風味」がついています。「味」ではありません、あくまでもホワッと香りがするという程度です。これですと、ただ「水」で溶かすだけで、飲めるかもしれないということになりました。

今回、我が家で試したのは、チョコレート味です。値段もわずか数百円違い。


【 ボディウイング 】 2袋 チョコレート 1kg×2 大豆プロテイン ソイプロテイン BODY WING 送料無料

味としては「豆乳の上澄み液にほんのりとチョコレートの香りがする」という大変、微妙なものでしたが、まあ、飲めないこともないとわかりました。牛乳に溶かすと、これは普通に美味しい感じのドリンクになりそう。オレンジジュースの量を半分くらい減らして、チョコレート風味プロテインを常用してみようかと画策中です。

今日の昼食は、プロテインを溶かして飲んできただけです(昨日食べすぎたので調整です)

まとめ

糖質制限を成功させていくには、単に「糖質」を減らすだけではなく「タンパク質」をしっかり摂る必要があります。私は糖質制限開始時からMECに出会えたので、その方針でやってきましたが、お肉ばかり食べるデメリットも確かに少なくはありません。
tosituseigen.hatenadiary.jp

それを考えるとプロテインを上手に活用した食生活を組み立てることが「糖質制限」の成功のコツだなと、私は実感しているのですが。周りの人と話すと「プロテイン?え~大丈夫?」と心配されます。「プロテイン」は危険なサプリではなく、もともとは大豆ですから「きな粉」みたいなものです。なんも心配することないのですが、イメージが悪そうです。コツコツ人体実験をしながら、正しい「糖質制限」を啓もうしていきたいですね。

最近は肥満気味の家族に、いわゆる「置き換えダイエット」(糖質制限+プロテイン)を勧めています。その通りにやれば、痩せないわけがありませんからね。
tosituseigen.hatenadiary.jp

広告