カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

通販生活で「のどミスト」を購入!のどを潤し(加湿)インフルエンザ対策万全!

f:id:nazenanido:20171107085506j:plain

参考:通販生活® | のどミスト- 風邪・冷え対策 | 通販生活:カタログハウス

これは奥さんが購入しました「のどミスト」です。さすが「通販生活」は主婦の心をつかむ仕掛けがいっぱいです。ほんと、財布の紐が固い奥さんが、自ら「これを買う」と言い出しました。こういうことは年に一度あるかないかです。

私も見てみましたが悪くなさそうです。4000円くらいの商品ですが、謳われている効能が確かにあるなら、まったく惜しくない商品と言えますね。インフルエンザが流行る冬の乾燥に備えてみました。

「のどミスト」のすごい効果

すごい効果というほど使っていないのですが、通販生活を見ていると、こりゃすごいと思わせるコメントが載ってます(当たり前か・・・)。

youtu.be

カタログや動画で見るよりも、のどミストの本体は非常に小さく華奢に見えます。持ち歩きには便利かもしれませんね。

説明によれば、この小さな本体の中に内蔵されている「超音波振動機」が水の分子を砕いて直径10~20μmのミストにするのだそうです。そのミストが、のどの奥の気管まで加湿するのだそうです。ちなみに、うがいでも、水を飲んでも届かない気管の奥まで、水が届くというんだからすごいです。のどの奥をいつも湿らせていると、繊毛が活発に動き、菌やウイルスを追い出してくれるのだそうです。

ちなみに、水道水を入れて、口に向けてシュ~とやるだけですから、特別な消耗品が不要というのもとても良いですね。

夜のセルフケアに「のどミスト」習慣を取り入れよう

通販生活の2017年春号には「林家たい平」さんのインタビューが載ってました。

林家たい平落語集 たい平落語 紙屑屋/らくだ

林家たい平落語集 たい平落語 紙屑屋/らくだ

やはり、噺家のように、のど(声帯)が商売道具という人は、こういう対策が必須なんでしょう。

林家たい平さんは、声帯にポリープができてから「のどを加湿するように」と医師に言われたそうです。加湿器では十分ではないそうですが、のどミストですと、十分な加湿ができるとのことです。

水道水6ml注入すると、約2分半使えます。林家たい平さんは、2分半のどミストを行なった後、マスクをして寝ているそうです。これが、噺家の「のど加湿」。おかげで、家族がインフルエンザになった冬も無傷だったとか。おお、いいですね。

我が家でも、この習慣に取り組んでみようと思います。毎日、おなかもみあげや、足のマッサージなど、夜のセルフケアの時間をとっていますが、これに加えて下記の習慣を身につけましょう。

・のどミストを2分半
・マスクで保湿して睡眠

こんなマスクもあると良いですね。

FC 夜用のどケア る~ずフィットマスク 3枚入

FC 夜用のどケア る~ずフィットマスク 3枚入

まとめ

これまでも「ぬれマスク」などに取り組んできたことがあります。

インフルエンザと闘うな!―ワクチン・タミフルより「ぬれマスク」 (健康双書)

インフルエンザと闘うな!―ワクチン・タミフルより「ぬれマスク」 (健康双書)

これはお金がかからなくてよいのですが、朝になるとマスクが吹っ飛んでいる(笑)朝の、のどの感じはとてもよかったのですが、なんとなく続きませんでした。ぬれたマスクの感覚が寝るときに気持ち悪かったんですよね。

でも、のどミストで、のどを加湿して普通にマスクして保湿して寝るだけなら続くかも。体調が良くなれば無理しなくても続けるようになりますよね。私も、なんだかんだ、のどを壊せない仕事なので(みんなそうですよね)今から冬に向けて、インフルエンザ対策に取り組もうと思います!

広告