カラダシホン日記

主に食べることと、生き方のブログです。

糖質制限で「便秘」気味?は本当かも知れない。便の量が少ない?「糖質」はカサになるもんなぁ。

Embed from Getty Images

糖質制限をすると便秘になる、腸の調子が悪くなるという意見を聞いたことがあります。私は、これまでずっと過敏性腸症候群気味でしたが、糖質制限(MEC)ですっかり症状が出なくなった(MEC(糖質制限)で長年悩んできた過敏性腸炎の症状が消えてしまった。 - カラダシホン日記)ので「そんなこと、あらへんやろ」と思っていたのですが、最近は「糖質制限=便秘」は、結構可能性がある気がしています。

「うんこノート」が語る真実

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

決して大声では言えないのですが、私は、毎日「うんこノート」をトイレで書いています。その日の、便通の時間や色・形・匂い(笑)を丹念に記録しているのです。特に食養を心掛けているなら、便の状態は、体調を図る指標にピッタリです。
参考:腸内環境を映し出す!理想的なウンコ(便の状態)と健康度のチェック方法 - カラダシホン日記

この記録を参照していくと(たまに一か月分見返します)より糖質制限・MECなどに偏る食生活を送っているときの便の量は非常に少ない気がします。特に、大豆プロテインでタンパク質を摂るようになってから、便の量は激減しました。まあ、そうですね、粉食ですもんね。固形物をあんまり食べてない??(豆腐ばっかり食べてますし・・もはや我が家の「主食」?豆腐で「マグネシウム」を摂取!でも、ニセ豆腐には気を付けよう。 - カラダシホン日記

便の量が少ないのと、気が付くと、午前中に排便がないときもあります。あまり便意を感じなくなりました。(以前は通勤前、朝7-8時には必ず便意がありましたが、油断すると10時~、昼食後まで便意がないときもあります。)

便の量が少ないのは危険?

Embed from Getty Images

単純に便の量が多ければ良いというものではありませんが、自他ともに認める「快便」(どういう意味だ?)の日が少なくなってきたのは残念ですし、体からの何らかのサインなのだと思います。

振り返ってみると、友人との食事など、糖質が多いいわゆる「普通の」食事が続くと、明らかに「便のカサ」は増えるようです。考えてみると、食事の「カサ増し」をするには、どうしても「糖質」が必要です。ご飯やパン、麺など、「物量」が無いと、「便」も十分に作られないことが分かります。あとは、食物繊維でしょうか。かなり意識しないと「野菜」も十分に摂れていない現状があるのかもしれません。

つまり、考えられる原因は、食事の絶対量(カサ)減と食物繊維不足です。
tosituseigen.hatenadiary.jp

ある研究によると、便の量の少なさと自殺率には関係があるそうです(便の量、多い?少ない?「便の基準量」と「自殺率」の意外な関係 | 腸活じんべー)。またまた~~!という話ではありますが、感覚的にも、快便(量が多い)と気分が良いもので、最近は、毎日便通があるものの、あまり「ふるわないな」という感じです。

この辺は改善の余地があるのかもしれません。

まとめ

このままいけば、プロテインだけで、食べないで生きることもできるかも?なんて思っていましたが、それもまた、バランスの欠けた話です。とりあえず、朝食に「デキストリン」を入れることを計画中。

いやはや、何をやっているんだか(笑)

食生活は「深い」です。一進一退を続けていますが、引き続きお勉強が必要ですね。お昼は、積極的に糖質摂取を心掛け、玄米おにぎりなどを食べてみようかと考え中です。もう少し、食を「自然」に戻す必要があるかもしれませんね。
tosituseigen.hatenadiary.jp

広告