糖質制限カラダシホン

主に食べること(糖質制限)と生き方のブログです。

風邪をひかない秘訣は就寝時「のどの乾燥」対策にあり!のどミスト+シルク製のマスクを購入。

f:id:nazenanido:20180112091744j:plain

今まで、のどの乾燥なんて考えたことさえなかったのですが、実は風邪の引き始めはのどに来るなというのを理解しはじめました。のどの痛みが来ないように上手にケアしていけば、不必要な風邪はかからないかもしれないと思っています。昔は、野口整体の「風邪は体のメンテナンス」説を信じてましたが、うまくやれば風邪にはかからない、それが本当です。

朝起きて、のどがヒリヒリして、「あ、しまった」と思うところから、風邪がスタートすることが多いことが分かりました。これが分かれば、そこを防ぐのみです。寝る直前のルーティーンが大事です。

就寝時のどの乾燥対策グッズ

まずは「のどミスト」

のどの乾燥を防ぐのに非常に効果的なのが「のどミスト」。先月は、これはまずいかなというのどの痛みを感じましたが「のどミスト」で気管を湿らせるというのが一番ききました。即座に、のどの痛み(ヒリヒリ)が和らぐのがすごいと思いました。
tosituseigen.hatenadiary.jp
現在は、毎晩寝る前にのどミストを2分半ほど吸入しています。最初はむせてしまい苦しかったですが、だんだん扱いに慣れてきました。のどの乾燥を感じる時だけではなく、いつでも、気管の中にある繊毛を湿らせておくのがカギです。夜寝ている間は(特に私は、鼻炎持ちなので)口呼吸でのどが渇いてしまうため、寝る前に湿らせておくのが大事。朝起きてから、のどミストを吸入することもあります。

のどが湿った状態にあれば、早い段階で菌を体外に出してくれます。咳とか、鼻水とかでね。
参考:喉が痛い時の対処法その1|とりあえず加湿! - 喉ケア

シルク製マスク

そして、もう一つ最近導入したのが、就寝時用シルク製マスク。一般的な不織布マスクだとどうしても呼吸困難になり、気が付くとマスクを外してしまっていることが多いため、シルク製のマスクがお勧めです。購入したのはこちら。


大判 潤いシルクのおやすみマスク(ポーチ付き) ピンク

かなり大判で、うちの奥さんは顔全体がマスクで隠れてしまっていました。私でも、けっこう大きいなと思います。しかし、そのためかもしれませんが、マスクが多少ずれたり、落ちたりしても、就寝時間いっぱいマスクがついていることが多いです。最初は不慣れでしたが、だんだんマスクを意識せずとも寝れるようになってきました。朝に、のどの引っ付いた感じ、カラカラで苦しい感じが無いのがとても良いです。

「眠り」=「健康への道」

どの専門家も「眠り」の大切さを教えています。操体法の源流である「正体法」は眠っている間に体が万病を治すというのが根っこにある考えです。正しく眠れば、身体はかなりの回復を見ることは明らかです。ただ寝るときに「のどの乾燥」対策を怠れば、逆に風邪を悪化させてしまいます。しっかり、のどを加湿した状態で、とにかくぐっすり眠ること、これはリアル健康の鍵だなと理解しつつあります。

本当に、健康は地味なことの積み重ねですね。日々、発見がありますが、どんどん地味になっています。

過去に読んだ本ですが「ぬれマスク」理論は正しいと思います。あとはコツコツ実践できる自分なりのルーティーンを見つけることでしょうか。

インフルエンザと闘うな!―ワクチン・タミフルより「ぬれマスク」 (健康双書)

インフルエンザと闘うな!―ワクチン・タミフルより「ぬれマスク」 (健康双書)

追記

もちろん、ビタミンCの大量摂取も続けています。
参考:ビタミンCメガドース療法を実践!ビタミンCを一日4~8g飲んでいたら風邪・インフルエンザに全くかからなくなった - カラダシホン日記
参考:風邪をひかないビタミンCの飲み方!ダイナミックフローを作り出せー。 - カラダシホン日記

風邪・インフルエンザを予防できる「自信」というのは大きいです。職場などでも10人近くがインフルエンザ(A・B混合)で倒れていますが、おかげさまで、ぴんぴんしています。正しい知識は大事だなって思っています。

広告