糖質制限カラダシホン

主に食べること(糖質制限)と生き方のブログです。

糖質制限で髪が生える?「55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由」

f:id:nazenanido:20171010093152j:plain

すごい本を読んでしまいました。何がすごいって、自分が、こういう本を読むような年齢になったことがすごいです。書籍の一緒に写っているのは、私の薄毛を気にして友達がくれた育毛剤です。家に余っていたそうで、これをつけてからより一層、薄毛が深刻になりました。まったく・・・。

私は糖質制限を食事の基本としていますが、ここ近年は、薄毛が深刻です。本当に糖質制限で髪が生えるの?という心からの疑問と共に一読しました。今日はそんな話です。

糖質制限で髪が生える理由

藤田紘一郎氏は腸内細菌に関する研究の第一人者です。実は、知る人ぞ知る糖質制限推進者ですね。

タイトルにもあるとおり55歳頃の体調が最悪だったそうです。糖尿病になってしまい、肥満していました。そのとき(たぶん、今振り返るとという話ですが)薄毛に悩まされていたようです。藤田氏が一念発起して糖質制限を始めたのは71歳のときです。2ヶ月で血糖値が下がり、1年後には薄毛が解消されたことに気づいたそうです。こんな自らの経験から、糖質制限と薄毛という切り口から、食生活について語ろうという意欲作です。

まあ、正直に言うと、かなり一般的な食生活指南本で、これまで藤田氏の本を何冊も読んでいる私としては、それほど目新しいことは無かったのですが・・・育毛の観点からいくつか学べたことがありました。

その壱:AGEを防ぐ食生活

HAGEじゃありません。AGE。アンチエイジングに詳しい人なら誰でも知っている言葉ですね。

糖質が体のなかにたくさん入ることで、糖質とたんぱく質が結びついて劣化したAGE(終末糖化産物)が体内に生まれます。AGEが体内に増えていくと、藤田氏の表現によれば人体は「スローミイラ」化していきます。皮膚のはりやつやが減り、結果として頭皮も影響を受けます。髪の毛の成分も元を正すとたんぱく質です。良質なたんぱく質が体内に無ければ、作り出されるものは劣化したものになるわけです。

藤田氏は糖尿病の頃の自分の髪の毛は「コシがなく、へなへなと弱っていた」と書いてます。うむ、たしかにそんな感じはします。最近、私の髪の毛にも、まったく元気ややる気を感じません。抜ける髪の毛が柔らかいのです。常に体のなかに、新しい強い髪の毛を生んでくれる良質なたんぱく質が存在しているような状況を作らなければならないというわけです。そうであれば、糖質制限+たんぱく質補給(MEC・プロテイン生活)は間違っていないことになります。

AGE(揚げ物)に注意

私の場合、主食から糖質を抜くことや、清涼飲料水、お菓子などを食べない習慣は確立されています。けれども、揚げ物や熱を加えた食品はわりと多く摂っていることに気づきました。AGEは糖化によって生じるだけでは無く、揚げ物やレンジでチンされた食品などからもどんどん入ってくるのだそうです。改めて感じたのは、糖質制限を実践しているのに、AGEの多い食品に関してはほとんど考えていないということです。

人間ってのは、自分に都合のよいように言い訳するので「お肉(唐揚げ)は太らないからいくらでも食べていい」とか「マヨネーズは酢と卵と油だから糖質はないのでいくら食べてもいい」とか言っちゃいがちです。MECを実践しているときに、この危険がふと頭をよぎりましたが、やはりそうなんですね。
tosituseigen.hatenadiary.jp

糖化に注意し、同時に食品から入り込むAGEを防ごうとすれば、食事はどうしても「煮る」「蒸す」などになります。海藻や納豆、ネバネバ食品を多くとること、後半はいつもの藤田氏の推奨する食事の話が続きます。耳が痛いわけですが、藤田氏の食生活にバランスがとれているのは、この辺がしっかりしているからでしょう。糖質制限だけから、食生活改善に入っていくと糖質以外の肝心なところがすっぽり抜け落ちた食生活をしてしまうことになりかねません。ちょっと、ここら辺は調整の余地があります。

糖質は制限しているけど、AGEは取り放題という感じだからです。

その弐:活性酸素の害から体を守る

体内から、頭皮や毛髪を劣化させるAGEに対し、体外の原因に端を発する薄毛の理由もあります。それが活性酸素です。

活性酸素は一言でいえば体の「さび」です。活性酸素はもともとは有用な目的のためのものです。人体に侵入したウイルスや細菌などの異物を攻撃するものです。しかし、現代社会には昔は考えられなかった「異物」が満ちているのだそうです。タバコや電磁波、シャンプーやドライヤー、水道水の塩素など、対外から加わるこうした刺激に応じて、活性酸素が生まれ、活性酸素は体内の中で暴走し自らをも傷つけてしまうというわけです。

我が家では20年以上前から合成界面活性剤を使用しているシャンプーや洗剤は生活から排除しています。しかし、体外から加わる刺激のなかで、ひとつ手抜かりがあったなと思うことがありました。それは水道水の塩素です。

シャワーの塩素を取り除く

私の薄毛の80%は後頭部で、ここは主にシャワーが直撃している場所であることに注目しました。毎日、朝・晩のシャワー生活をずっと続けていますが、そういえば、この原因はほとんど考えていませんでした。

日本の水道水は世界でもいちばん塩素を含むそうです。大腸菌などが水に混入しないように、過剰とも言えるほど塩素が添加されているために、日本人の腸内細菌は非常に少ないと言われています。そして、この塩素を含む水を頭につけ続けると、皮膚の常在菌が死滅してしまうのだそうです。そこで、藤田氏はシャワーヘッドを交換し、塩素対策するように勧めています。

直接、頭皮にふれるものだからなのか・・・私は、この部分が一番、心に響きました(笑)思い立ったら即日の人=私はさっそく塩素除去シャワーヘッドを購入しました。


アラミック マイナスイオンCシャワー イエロー 日本製 【浄水機能付き・髪の傷み、肌荒れが気になる方におすすめ! 】 MISJYE-24N

アスコルビン酸(ビタミンC)を入れることで、塩素の害を打ち消すという面白い仕組みのシャワーヘッドです。これは、のちのち、レビューしてみようと思います。ということで、この本を読まなければ、決して買わなかったようなものを購入してしまいました。出会いって素晴らしいですね(涙)

まとめ

今まで、進行していく薄毛に何も打つ手がないままでしたが、食生活のAGE対策と塩素を防ぐシャワーヘッドというのは、すぐに実行できそうで希望が持てました。すっかりなくなる前にできることがあります。

藤田氏の推奨する食生活は食物繊維や海藻類、適度の穀物などが含まれており「和食」に近いです。「肉食べ放題だぜ~」というインパクトはありませんが、きっと正しいのだろうと思わせる根拠があります。どこまで実行できるか分かりませんが、今から少しずつでも改善できるところは改善していきたいです。

広告