糖質制限カラダシホン

主に食べること(糖質制限)と生き方のブログです。

糖質制限に挫折しそう?裏技ですが天然の「糖質ブロッカー」を使えばいいじゃない。

f:id:nazenanido:20180814092636p:plain

「どうしてもご飯がやめられない」「昼には甘い菓子パンを食べたい」我慢し続ける日々は辛いという感じで、見ているとかわいそうです。これ、家族の話です。私が糖質制限ダイエットを成功させたのを見ていて真似しているのですが、糖質制限は人生の幸福度を損なっているようにさえ見えます。

身も蓋もないのですが、そういう人は無理して糖質制限をしなくてもよいと思います。もともとは糖質制限は、糖尿病の治療からスタートしましたよね。どうしても糖質制限をしたい切迫した理由が無ければ、苦行のような生活はできません。私もスタートは、強烈な膵炎?のような体調不良でした。ダイエットのために始めたわけじゃなかったんですよね。

そんな家族のために、厳密な糖質制限ができなくても痩せられる裏技を探してみました。そして発見してしまいました!天然の「糖質ブロッカー」ともいえるお茶です。

アーユルヴェーダの糖尿治療「サラシア茶」

サラシア茶というお茶です。サラシアというのはインドやスリランカで育つ木ですが、この木の根や皮に糖質ブロッカーの効果を持つ成分「サラシノール」が含まれていることが分かりました。

インドの王様たちは、食べたり飲んだり自由気ままな生活を送っており糖尿病を発症していたようです。アーユルヴェーダにも糖尿病に関する記載があるのが興味深いです。そこで、使われていたのが「サラシア」という木です。サラシアの木をくりぬいて、お椀やカップを作り、それで飲食していたという記録もあります。また、サラシアの木の根などを煎じてお茶にして飲んでもいました。

いくら食べても肥満にならない、糖尿病にならないという薬効が人気だったわけですね。よく発見したなと思わずにいられません。

「サラシノール」の糖質ブロック効果

サラシアは、まさに糖質制限のために存在しているような植物です。「サラシノール」は体内で糖質が吸収されるのをブロックします。具体的に言えば、糖質は体内に入るとオリゴ糖→ブドウ糖と分解されていき、小腸で吸収されていくのですが、サラシノールはオリゴ糖をさらに細かな単位のブドウ糖に分解する酵素(α-グルコシダーゼ)の働きを阻害するのです。ブドウ糖にできなければ、体は糖質を利用できないということです。

しかも、素晴らしいおまけが存在します。小腸で吸収できなかったオリゴ糖は大腸で腸内細菌のエサとなり、腸内環境を改善します。オリゴ糖のサプリを飲んでいる人もいるくらいですよね。サラシア茶を飲むだけで、糖質制限効果とオリゴ糖による整腸効果が同時に得られるわけです。

食前にサラシア茶を飲んでおく

ルールは簡単です。食前30分くらい前にサラシア茶を飲んでおきますと、体内でサラシノールが糖質をブロックする用意をすっかり調えてくれます。そこで、食べても太らないという夢のような効果が生まれるのです。普段飲むお茶をサラシア茶に変えるだけで、かなり太っている人はぐんぐん痩せるのではないかと思います。実際に評判を聞いても、これは間違いなさそうです。

ただ、この驚くほどの効き目を考えると、副作用は無いのだろうか?と思いましたが、考えてみれば、これは「糖質制限に副作用はありませんか?」という話と同じです。

糖質をカットし続ければ、だんだんエネルギーが失われますから、その分はたんぱく質や脂質をしっかり摂らなければならないのは言うまでもありません。
tosituseigen.hatenadiary.jp
でも、その辺さえ気をつければ、サラシア茶にはほとんど副作用がありません。
(血糖値を下げる薬を飲んでいる人は下がりすぎる・妊婦は栄養が必要なので糖質をカットしてはいけない、という一般的な注意くらいでした。)

おすすめの「サラシア茶」

家族に飲んでもらうために、いろいろ調べて、品質と価格が釣り合っているこちらを選ぶことにしました。

ヴィーナース サラシア茶 3g×50ティーバッグ


ヴィーナース サラシア茶 3g×50ティーバッグ

サラシア茶を選ぶ際のポイントは「原材料」と「価格」です。

原材料

サラシアという種類はインド・スリランカで120種類以上あるようですが、糖質制限に有効な成分がしっかり含まれているのは数種類です。そのなかでも、サラシアレティキュレータという種類は高品質で知られています。日本に流通しているサラシア茶やサプリの95%はサラシアオブロンガという種類で、これは安価に手に入りますが、品質が安定していないそうです。

Amazonで売れ筋のサラシア茶をいくつか調べましたが、サラシアレティキュレータを使用してはいませんでした。おそらく、サラシアオブロンガでしょう。

コストパフォーマンス

希少なサラシアレティキュレータのなかには、かなり高価なものもあります。普段使いで、ご飯の前に飲み続けるためには、ある程度価格が安くないと無理です。ティーパックのサラシア茶は、1~2袋を1Lの水で煮だして使うと1日~2日分のお茶を作ることができます。毎日飲んでも1ヶ月は十分に飲める量が入っていますね。

もし、1ヶ月で飲みきったとしても、1日あたり40円です。本当に痩せるなら、まったく惜しくは無い投資ですね。(サラシア茶の値段はかなり様々なのですが、gあたりの価格でみると比較できます。上記のヴィーナスのサラシア茶は1gあたり6円とかなり安いです。)

味は不味い

ただ、味は不味いことは覚悟しておかなければなりません。「木の根を飲んでいるようだ」という人が多くいます。飲んだことあるのか?というツッコミが入りそうですが、その通りなんです。サラシア茶は、サラシアの木の根を煎じている茶葉ですので、苦くて当たり前。おいしさを求めてはいけません。

飲みやすさを優先して、濃度を薄めてルイボスティーなどでブレンドした商品もけっこうありますが、私はサラシア100%にこだわりたいですね。アーユルヴェーダで使われていたのは、まさに、この手のサラシア茶だったことでしょうから。

良薬口に苦し。「う~~~不味い!」と言いつつ飲むお茶とスイーツでいいじゃないですか。プラシーボ効果も強烈に働きそうです。

編集後記

さっそく、家族に説明を加えて飲んでもらおうと思っています。その効果もやがてブログに書くことができればいいですね。

とあるきっかけで、サラシア茶を知りましたが、古来のアーユルヴェーダでこんな薬効を持つ木が発見されていたのか?と驚きました。ちなみにサラシアは2002年にWHOで血糖値を下げる効果が認定されたようです。伝統的な医学にようやく追いついていく人類の歩みですね。

人間の体のつくりも、人間の欲望も、今も数千年前も変わらないわけだから、人類の叡智がしっかり引き継がれていけばよいのですね。最新の科学に目を向けるだけでは無く、伝統的な食文化や食材に注目する事の大切さを改めて感じました。

サプリ系は何が入っているか分からないので、あまり好きではありませんが、サラシア茶は有効成分も明解なので納得しました。インドの王族のような日常を送る日本人にもぴったりではないでしょうか。

参考書籍

神秘のサラシアダイエット―肥満、糖尿病・生活習慣病は予防できる!

神秘のサラシアダイエット―肥満、糖尿病・生活習慣病は予防できる!

広告